2018年10月16日

クロワッサン




kuro1.jpg

友達に、発酵バターをたっぷりもらったので、クロワッサンにも挑戦していました。



はじめてなのでビミョーです、、、と、てっきり初・クロワッサンと思って作ったのですが、なんと前回も作っていて、2度目でした〜!(^^;

前回は、家族に「塩バターパン」と言われたので、自分の記憶の中では、バターロールを作っていた気になっていました。




今回はクロワッサンと認識してもらえました。

けれど、バターじゃなくて発酵バターだし、粉も中力粉を使っちゃった。・・・また、失敗を恐れず何度か挑戦してみたいです。

・・・そして、いつかは、ちゃんと、本の通りにやって、おいしいものを作りたいです。







今回、私が分かったことは、1次発酵が終わった生地を冷蔵庫で休ませる。
すると、パンを扱う緊張感が消えて、普通のパイ生地のような気持ちで作業できるのが驚きでした。



冷蔵庫から出した生地に、カットしたバターを乗せて、バターが隠れるように包む。


それを麺棒で伸ばして3つ折にして、冷蔵庫で冷やす。
更にまた、それを麺棒で伸ばして3つ折にしたものを、薄くのばしていく。

この伸ばした生地を細長い三角形にカットして、くるくる巻いて、溶き卵を塗り、二次発酵してから焼けば出来上がり!




なんか、また次回、作ってみようという気持ちになってきました!

今回は、2次発酵が充分膨らむのを待つことができず、失敗でした。

それでもサクッとしていました。中がもっとふんわりすればよかったのだけれど、それでも自分ではおいしいと思って食べられました。発酵バターは全然問題なく、すごく美味しかったです。







posted by nori at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2018年10月15日

絶対安い栗






sibukawa.jpg



雨の中、スーパーに買い物に行ったら、栗が破格値で売られていました。


「絶対安い!」の下に、もう一つ、
「絶対安い!」



思わず2回書いちゃうレベルの品なのです。
安い栗、じゃなくて、絶対に安い栗ですの。。。



ほんとーに、、、絶対安いワ・・・。今回はいろんなことを考えずに、絶対買う!と思って買ってきました。




安かったけれど気持ちを込めて、精神統一して剥き、気を使って茹でました。



・・・結果は同じような気もしますが。(^^;

裏ごして、たまにはモンブランも作ってみたいですが無理かな・・・。
一度だけ、渋皮煮でモンブランタルトだったかな?作った茶色いクリーム、とっても美味しかった記憶があります。




raben.JPG



渋皮煮の風味付けは、今回はグランマニエを使いました。
ちょうど使い終えて、捨てるために置いていたら、カワイク見えてきたので、外の緑を摘んできました。(ラベンダーデンタータの葉っぱ。)




緑があるとうれしーな。





ついでに久しぶりに、可愛がっているエンジョイも撮りました。(^^)


potosunjoy.JPG











posted by nori at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2018年10月07日

栗の渋皮煮




subukawa10-7-2.JPG




毎年、栗を見かけると、作ろうか、悩む。





栗が大きくて、美味しそうじゃなければ買う気が起こらず、

だからお安くても小さいのは買わなくて、でも、高すぎては手が出ない。

茶色や、赤や、黄色の、網のネットに入っている量も、作りたい量の栗であってほしい。 少なすぎてもつまらないし、多すぎても剥くことを思うと・・・。



そして何より、栗を傷つけずに皮を剥く 精神的余裕があるか、

コトコト半日かけて煮る 時間的余裕があるか・・・・・。





と言うわけで、さんざんスルーし続けていたけれど、ツヤツヤおいしそうで、1kg入っていない、剥ききれそうな栗を買いました。







subukawa10-4-1.JPG




産直野菜のコーナーの地元の栗でした。
Mサイズ・・・という表記は消しこんであって、大きさはバラバラでした。そこもなんとなく好感が持てましたが、やっぱり大きい栗がおいしいなぁ。


いくつか黒くなっているのがあって捨てました。
今年は買うのが遅れてしまったけれど、やっぱり、 「今年一番に見かけた栗」 を買うと、ほぼ捨てることなく使える気がします。




私は、最後にコアントローを必ず入れます。コーヒーによく合います。


・・・さわやかな、涼しい秋風の中、ねっとりと甘い栗の甘露煮を優雅にいただきます。


(・・・アクセク一生懸命、 神経と時間を使って作って良かった!^^)





subukawa10-7-3.JPG








posted by nori at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2018年10月03日

カボチャプリン、アーモンドボール


バターナッツカボチャを頂きました。
前回はポタージュにしましたが、カボチャが少し青いような気もして、聞いたら、収穫後、少し放置してからの方がおいしいとのこと。




少し置いたものをまた頂くことができました。時間があまりなかったので、とりあえず蒸してから皮をむいて冷凍しておきました。
蒸した時、少し水っぽい感じもあったので、解凍した時に、ついでに潰しながら水分を飛ばしました。



裏ごししてからカボチャプリンを作りました。
自信なかったのだけど、思っていたよりずいぶんおいしくできました。滑らかでクリーミーです。




kabotyapurin1.jpg




湯を張った160度のオーブンで焼きました。中心部がなかなか焼けなくて、天板に湯を足しながら、1時間くらい焼きました。




kabotyapurin2.jpg









それから、アーモンドボールも作りました。
ナッツは余っていたマカダミアナッツ。少し少なめでしたが、それもまたアリでした。




suno-bo-ru.jpg

ステラおばさんのレシピです。

前回からの反省で。。。きれいな形になるように、丸く形を作った後、冷蔵庫でよく冷やしてから、温めたオーブンで焼きました。 この後、粉糖をまぶしました。









posted by nori at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2018年09月26日

花を




rabenda-seiji.JPG

せま〜い駐車場の奥の、小さな花壇にラベンダーセージが茂っていてとてもきれい。



家の横の、これまた せま〜い通路には、名前を忘れてしまった、私の大好きな強健な子。 春と秋に黄色い花を楽しませてくれます。 虫のいないきれいなところを少し切ってきて、台所の小さな窓に置きました。



かわいい葉っぱもほんの少し。

斑入りツルニチニチソウ、斑入りのランタナ、それからラベンダーデンタータ、オリーブ、寒さでもうじき枯れてしまうだろうバジルが一緒に入っています。
わはは、斑入りのお二方は全く写っていませんね。今、見えるように出してきましたが・・・。(^^;




眺めながら食器洗いをすると、いい気持になります。




※追記の、「もっと見る」などが表示されてしまうことがあります。何も書いていないのに表示されています。ごめんなさい。

もっと見る
posted by nori at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2018年09月23日

ケイトウの種はどこに付く・・・?



ケイトウ、まだまだきれいでしたが、早速、吊るして乾かしてみました。
色のついた花に見えるところの下の、ひだのような部分が、乾いてとても薄っぺらくなったので驚きました。





DSC_0273 (1).JPG











DSC_0275.JPG

そして、黄緑色の方は、犬の首元を想像するようなふにゅふにゅしたやわらかい毛のような・・・・と、よく見ると黒い粒が見えたので、手で払うと黒い粒がボロボロ出てきました!なんと種なのでした!!







たくさん種が取れました。
写真は種を取った後の状態ですが、まだ取り切れていない種がいっぱいついています。ここに種が付くという事は、ここが花なのかな・・・?
ということは、このトサカのような花だと思っていた部分は何なのでしょうか・・・?







検索してみたら、タキイのサイトに、  「一般的に花と呼ばれている部分は、茎が変化して着色したもので、実際の花はその下に無数に密生しています。」  という一文を見つけました。


なるほど、茎だったのですね〜〜! 新鮮な発見でした。






posted by nori at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2018年09月21日

アップルタルトと失敗ロクム






アップルタルト.jpg





大雨の日に、スーパーに行ったら、リンゴと、巨峰のようなブドウを激安でゲット。しあわせ〜〜。

クッキー生地があったので、リンゴのタルトにしました。リンゴは生のままのせてしまいました。失敗はアップルタルトの方か(^^;ってくらい、美味しそうじゃないけれど、これは意外と美味しかったです。



そして、↓でお話していた「ロクム」のことを・・・。
これは、トルコのお菓子なのだそうです。お土産のおすそ分けで少しいただいたのですが、お餅のような食感にまずびっくり。
そして中には少しのナッツ、少しだけスパイシーな風味も感じて、とっても美味しかったのです。


色々レシピを探して見てみると・・・大まかに言うと、砂糖とコーンスターチに水を加えて加熱して、ドロドロもっちりな飴状のものを作り、冷やしてカットして粉糖をまぶしたようなお菓子です。だいたいナッツが入っていて、レモン汁でレモン風味・ローズ水でローズ風味、が定番のようです。私がいただいたのは、レモンでもローズでもなく、ちょっとだけスパイスを感じる味でした。



自分なりに色々考えて作ってみました。



考えて、考えて、ミルク餅のような感じをイメージして、水の部分を牛乳に置き換え、ローズ水やレモン汁になるところを風味付けの気持ちで練乳にして、たまたまあったマカダミアナッツを使って作りました。なかなかおいしそうにできましたよ!




rokumu9-17.jpg


ところが、ミルク味のつもりのコレ、とっても酸っぱい!なんで?なんで?

もしかしてと思って、コーンスターチと一緒に入れた、クリームオブタータをおもむろに味見してみる。と、すっぱい!!



知らなかったです・・・。クリームオブタータがこんなに酸っぱいとは!
しかも、食感が、固めゼリーのようでもあり、餅っぽさがない・・・。水あめを入れた方がよさそうにも思いました。


あと2〜3回作らないと完成できない気がしています。
あまりにも美味しくなかったので、リベンジしたいけど作りたくなくて、もう少ししたら、また絶対に挑戦してみて、できれば美味しいレシピをご紹介したいと思っています・・・。






posted by nori at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2018年09月19日

今朝のコーネリア




ko-neria9-19-2.jpg

朝、コーネリアが、激セマ花壇で きれいに咲いていました。







樹木希林さんが亡くなられて、お話ししてるところの映像を見ていました。

内田裕也さんの話をしているところで、裕也さんの中にも とてもきれいなものがあった、きれいな鏡のようなものがあった、その鏡に醜いものが映っていた、それは自分だった。 だいぶ違うかもしれないけれど、そのようなことをお話されていて、とてもしょうげきで、何度も何度も思い出しては感動のような熱い気持ちになりました。



あとは、中毒、という言葉を、離婚しようとしていた夫に対して使っていたのもとても印象深かったです。

無関心になれないことは気になってしまっていることにもなり、興味があるという事なのかな?と思えました。キライという感情であっても、それは無関心・気にもならないことに比べると、とても強く相手を気にしている感情であるのだなぁと思いました。



樹木希林さん、とても素敵な方でした。







posted by nori at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇

2018年09月17日

ケイトウとアマランサスの花




amaransasu9-17-0.jpg

↓でお話していた、ケイトウと、アマランサスの花です。
どちらも、お店でドライになっているのを見て、自分もドライを作りたくて買い求めたのでした。


すてきな色なので、しばらくはこのまま楽しみます。


ケイトウがドライになるとは思いませんでした。







amarannsasu9-17.jpg

そしてこのアマランサスの花、猫の尻尾みたいなのです。ドライになったものも、やっぱり、やわらかな猫の尻尾のようで、とっても可愛かったです!









amaransasu9-17-2.jpg











今年はクリスマスローズもドライにしたのでした。
とてもかわいく乾いたのですが、台風の頃、少し濡らしてしまい、色が汚くなってしまい、また今それを、気を付けながら乾燥させているところです。
またいつか撮ってみます。



今日は、これから「ロクム」を作ります。創作して作ってみます。ど〜なるかなぁ〜〜???










posted by nori at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2018年09月16日

7月17日のスワッグ





uru-.jpg



ウル― heureux で作ってもらったスワッグ、きれいに乾いてくれました。
昨日はケイトウを2本だけ買ってきました。とてもすてきです。

それから、アマランサス。とっても可愛いのです。できれば明日の朝日で写真撮ってみます。


お花を買う事が、想像できないほど、心に響いてきます。このお店の店主さんの人柄もあるのかもしれないです。しあわせが買えるみたいに思えます。







posted by nori at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花