2019年10月14日

1泊旅行




yamagata2.jpg


父と母が高齢になってきたのもあり、最後かもしれないし、と、家族旅行をしてきました。




父79歳、母85歳、姉51歳、私49歳、妹45歳の5人旅です。




私たちは夫と子供は置いて・・・。嫁いでから実家の家族と旅行するのは初めてです。




父と母はとても元気。けれども母は杖をついているし、父も足がちょっと痛いので、あまり無理はできない。
ホテルの温泉に入って、おいしいものを食べられればよい、ということで。

父や母と一緒に寝たい!!という、私と妹たっての希望で、布団を並べて敷いてもらい、家族水入らずで寝ました。(^^)





本当は近場で、と思っていましたが、姉のセレクトで、なぜか山形県へ。

なんとなく電車が大好きな私は、つばさに乗れることがとっても嬉しい。東京から3時間近くもかかる。逆にこれは宴会にもってこいだ♪♪大食い&お酒のみな私たち。

グランスタのディーンアンドデルーカでサンドイッチやサラダを買い、あとは母の好きなお寿司や地雷也の天むすなどを買っていざ、つばさへ。




yamagata1.jpg


事前に、ワンカップ酒ならぬ、ワンカップワインを買い集めていたので、これを冷やして持っていきました。
量的には少し割高感もあったけれど、全部とーってもおいしくて、おススメのお酒でした。
半分欠けて写っているピンク色のはキャップ付きのアルミ缶に入っているロゼのスパークリングワイン、これもとっても美味しかったです!

5人なので、新幹線は、一人は隣の島でしたが、座席が空いていたので話も弾んでとってもとーっても楽しかった。







到着したら、タクシーでタケダワイナリーへ。そんなに広くなかったけれど、貯蔵庫などを見学しました。
売店も想像よりずっと小さかったけれど、試飲して、何本か買ってきました。(私は一升瓶の白ワインを買いました。^^;とても美味しかったです!)


ワイナリーに寄っただけで、もう、ホテルへ直行しました。
到着してすぐ、父母を置いて姉妹三人で、ホテルの裏山?片道30分かからないくらいの小山登りをしました。雨の予報でしたが降られずラッキーでした。
姉妹で一緒に話をしながら歩いて、とてもしあわせでした。




yamagata3.jpg






yamagata4.jpg






yamagata5.jpg









夕食前に、予約していた貸し切り露天風呂へ。
久しぶりに母や姉妹で一緒にお風呂に入り、小さい頃に一緒に入っていたことを思い出しました。



大きい露天風呂も、ほかの宿泊客とあまりかぶらずに入れました。
翌朝、露天の小さな丸い岩風呂にも、4人水入らずでお話ししながら入れました。

その時は雨が降っていました。
日の出前のそのお風呂がまたとても気持ちがよかったです。


とってもとっても幸せでした。

何度も温泉に入れて、お肌もツヤツヤになりました。(^^)お食事もとてもおいしくて、とても良いホテルでした。







翌日は高橋フルーツランドに行き、それぞれ自分の子供たちへのお土産のフルーツを買いました。お腹がいっぱいで、おいしそうなデザートのあるカフェに寄れなかったのが心残りです。フルーツ狩りもやりたかったなぁ!

フルーツは美味しそうなもの、お買い得なものがいっぱいあり目移りしました。私は、送料をかけてお買い得のブドウやリンゴ(秋映え)をたくさん買いました。(^^; とーってもおいしくて本当にお買い得でした!できればまた行きたいなぁ。お店の方もとても感じがよかった。






昼食は、こんにゃく番所に寄りました。

ホテルの朝食をたっぷり食べていたので、そんなにお腹が空いていなかったのですが、こんにゃくの懐石料理をいただきました。これが、想像をはるかに超える美味しさ&たのしさでした!



どれがこんにゃくなのかわからないような感じ。ちょっとびっくりの美味しさだったので、写真を貼ってみます。




knnyaku1.jpg

最初にサービスで、ラフランスの蒟蒻ゼリーが出てきました。香り良くて果肉感がありおいしい。






knnyaku2.jpg

先付け。「むき蕎麦と蒟蒻の菊おろし」

そばの実と蒟蒻の粒が口の中に一緒に入ると美味しい。
見た目は美味しそうじゃないけれど、想像以上に美味しい。まずこれで心を掴まれました。







knnyaku3.jpg

前菜

・「黒豆蒟蒻」黒豆と、黒豆のような真っ黒な蒟蒻。食感が本当に楽しい。

・「牛肉巻き蒟蒻」

・「鮑見立て蒟蒻の粕漬け」貝のお皿に載っています。粕漬けの味付けがとても美味しいし、食感が、蒟蒻よりも鮑に近くてとてもびっくり。

・「海老のテリーヌ」うんうん海老っぽい。おままごとのような感覚になるのかな?本物っぽいと思えるとなぜか嬉しくなる。

・「胡麻蒟蒻」胡麻豆腐見立て。食感も蒟蒻と思えないプルプル感があり美味しい。





knnyaku4.jpg

爽やかな竹のお皿に入ったお造りはさらし鯨見立ての蒟蒻。少し縮れたような見た目がソレっぽい。タレの味もとてもいい。





knnyaku5.jpg

煮物は、卵に見えるものが蒟蒻でした。舞茸と里芋は本物でした。どれが蒟蒻かわからないところが、なんだろう…楽しみに思えてくるのです。上品な出汁の餡がまたとても美味しい。






knnyaku6.jpg

「水雲蒟蒻の錦寄せ」もずくのような蒟蒻に菊花がとても美しい酢の物。ニンジンだったかな?上に載ったオレンジのぺーストも滑らかで美味しかった。塗りの器が少々欠けていますが、気にならないほどの美味しさ&丁寧な接客でした。





そしてさらに、サービスでプラス2品出てきました。

・「昆布の佃煮」本物の昆布の佃煮に昆布と見紛う固めの蒟蒻が入った佃煮。これもすごいなー!と思う美味しさでした。
・「かぼちゃこんにゃく」これは、かぼちゃが閉じ込められたゼリーのような蒟蒻。美味。マヨネーズとレタスが添えられ、一緒に食べるとまた違った味でした。残念、写真撮り忘れました。(^^;






knnyaku7.jpg

揚げ物

左側は「帆立貝柱蒟蒻」ホタテのような繊維感と味。蒟蒻とは思えず、とても楽しい気持ちになります。さりげなく添えられたタルタルも美味。






knnyaku8.jpg

〆は、蒟蒻のお蕎麦か、蒟蒻のお粥か選べます。

みんなはお蕎麦にしていたので、私はお粥も見てみたくて注文。父が美味しいと言うので取り替えてあげました。(^^)






お土産に買った青海苔入りの刺身蒟蒻も絶品でした。通販でも売っているのでぜひお取り寄せもしたいと思います。







knnyaku9.jpg

お食事&お土産処を出て、石畳の階段を降りると、こちらは現代的な雰囲気の素敵なカフェでした。
お腹がいーっぱいだったのですが、どうしても我慢できず、先ほど前菜で頂いた黒豆蒟蒻がかかったソフトクリームを一つだけ買って、三人で食べました。おいしかった。(^^)


重厚感があり、時代を感じるような立派な門構えに美しい和風の庭園。和風の離れもあるようで、離れに向かってお店の方が石畳をテキパキと往来している姿も応援したくなる感じでした。(^^)また機会があったらぜひ出かけたいと思いました。






長くなってしまいました。

これでまたつばさに乗って帰宅しました。



帰りの新幹線は少し混んでいたので、一人席の人は静かに寝ました。
たまに席替えをして、ボックス席はまた楽しく語らいながら帰りました。



東京駅で姉妹と別れ、父母と3人で電車に乗り込むと、私は素早く席を二つ取りました。(^^;
歩き回って足の痛い父母に、座ってもらえてホッとしました。




とても良い思い出になりました。次に会った時はまた写真を見ながら語り合いたいと思います。




…セコイ一泊旅行にお付き合いいただきありがとうございました。(-_-;)









posted by nori at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2019年09月25日

私のお弁当



9-24bentou1.jpg


昨日の私のお弁当。(ヘンテコ弁当)



長男がお土産にもらってきた、インスタントのビーツのスープ。
お湯を入れたら真っ赤になりました。ビーツの・・・?説明できない味ですが、パンに合って、美味しくいただきました。


パンは、ちぎりパンとハムチーズマヨネーズパンとアンパン。残っていた簡単スコーン(レモンピール入り)も。
あとは、チルド食品の春巻き(美味しくないらしいので、小分け冷凍しました。私がお弁当で消費します。)子供用お弁当に入りきらなかった卵焼き。ブロッコリー、キュウリのピクルス、ミックスビーンズと枝豆は冷凍の物。冷凍のまま。


水筒は2本。
お昼用にはアイスコーヒー。
仕事中用は、薄めにした梅シロップや、ジンジャーシロップ入り紅茶、サワードリンクなどを持っていくことが多いです。






posted by nori at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2019年09月22日

実験中のマロングラッセ





0-2marongurasse9-17.jpg



渋皮煮を煮詰めて作るマロングラッセです。まだ試行錯誤中です。

一番下に自分のためのメモ書きますが、興味のない人は読み飛ばしてください。(^^;;

できれば今年、もう一度リベンジしたいです。





0-5marongurasse1.jpg

美味しいのか、美味しくないのかわからなくなってしまい、1個丸まるがヘビーに思えて、割れたくらいの方が食べやすいかも、なんて、割れたのも赤いホイルに包んでみました。






1-1marongurasse-ab-9-22.jpg


栗は500〜700g?くらいの量を買いました。

2回作りました。

2回目は、シロップを煮詰めすぎてしまい、結晶化してしまいました。(3個の栗の左側が結晶化してしまったもの。お皿の上に3粒載っていますが、3粒は一度に食べられません^^;)





0-4b9-17-1.jpg

その2回目の砂糖結晶化の失敗作です。

砂糖が、コーティングというより、真っ白に結晶化する直前、といった風で、分厚くコーティングされてしまう。だから甘すぎてしまい、ダメダメでした。









1-2marongurasse9-22-2.jpg

一応、成功と思えた1回目の栗。実は、シロップをいい感じに煮詰め上げたところで、洋酒を入れ忘れたことに気づき、足してしまいました。

それで、2日くらい乾かそうと思っていましたが、なかなか乾かなくて1週間くらい乾燥させました。これも反省点。
写真は完成品を包んでから3〜4日経ったもの。









0-3marongurasse-a-9-12-2.jpg

煮る時に沸騰させてしまったり、茹でている途中で渋皮を取る時に割ってしまったりしました。








1-3maronngurasse9-22-ab.jpg

割れた栗、2回目の失敗作も混ざっていますが、まとめて保存。小さいから、コーヒーのお供にちょうどいい。余ったら、パンやケーキに入れようと思います。











=試行錯誤のマロングラッセ、自分のための覚書=




難しい時もあるけれど、買ってきたら、すぐに剥きたい。

採れたてだから、まだ、皮が柔らかくて剥きやすい。(今はそんな気がします。)



鬼皮が剥きやすいように、栗を一晩水につけて、と読むこともありますが、そうすると、中の栗も膨らんで、傷つきやすい・・・と。(今はそんな気がします。)



剥くときはとがった方から。そして、皮を剥く、というより、皮の外側のコーティングだけを剥く、みたいに考える。
そうしないと、渋皮を傷つけてしまう。少しでも傷つくと煮崩れしやすい。(全神経集中。)



そして、その作業がつらいので、栗は多すぎず、500gくらいを買った方がいいと思うように・・・。

頭のとがった方、その最初の部分だけ気を付ければ、あとは手でも剥けるんじゃ?と思うほどです。




そうして、重曹を加えた水にしばらく浸してから、煮ます。(時間がない時は1日目はここまでやればOK!)

ブクブク沸騰させると煮崩れてしまうので、ギリギリ沸騰しないように火加減を注意する。
(これが私はとってもニガテ。いつも、あーっやっちゃった!!ってなります・・・。)




灰汁で水が黒くなったら水を変える。

水を変える時も、栗を優しく扱う。鍋から笊に、ザーッとやると、せっかくの栗が割れてしまう・・・。

4〜5回水を変える。触って取れる渋皮は、水替えの途中でやさしく外す。




水換えが終わったらシロップを作る。

まず、予定量の1/3の砂糖でシロップを作り、栗を静かに落とす。

砂糖は予定量の1/3ずつ加えて、少しずつ糖度を上げて煮含める。最後に洋酒を加える。




あとは、冷めた鍋の淵に、軽く結晶が見られるまで煮詰めていく。




軽く乾くまで冷暗所で放置。





posted by nori at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2019年09月18日

お尻パン2回目、失敗


お尻パンというのかな?を作りました。
私が思っているこのパンの定義は、温度。

150度前後?の低温で、白く焼き上げる。




これは昨日、作ったパンです。

IMG_20190917_115546.jpg

これでも少し、焼きすぎかな?と思っていました。





9-17pan2.jpg

こっちはやわらかく、おいしそうに焼けました。
でも本当は、2次発酵がちょっとあまい。本当はもう少し上手に焼けそうです。



今日は、同じものを作ろうとしていたけれど、160度で焼き始めたので、温度が高かったのかな。150度にすればよかったかな。
焼くのは20分前後ですが、最初の10分が肝心。もっとよくオーブンとにらめっこして焼けばよかった。焼きすぎてしまったのです・・・。




IMG_20190918_185705.jpg

今日は、右から、お尻パン・ちぎりパン(中身無し)、あんぱん、ウインナーパン、です。






9-18pan3.jpg

金属型から出すと、この横腹の色や柔らかさはいい感じ・・・。






9-18pan2.jpg

1個ちぎってみました。



濃い焼き色の割には、柔らかくておいしーー!
たまらん美味しさです。



ウインナーパンは中にシャウエッセン上にマヨネーズちょこっと。これも、焼き色は自分的に強すぎだけど美味しかった!
あんぱんは、私は冷めてからが好きなので、明日いただきます。(^^)



大量かもしれないけれど、パン生地の配合書きます。私は1次発酵まではシロカのお安いホームベーカリーです。
(長い間使っていた、当時中学生の長男が、お小遣いで買ったシロカの、パンケース部分が壊れてしまったので、新しいものを購入しました。また同じシロカのもので、1万円しないものを買いました。)


強力粉 500g
砂糖 50g
練乳 20g
バター40g
ドライイースト6g
スキムミルク 15g
牛乳 400t


オーブン温度低め、強力粉を多めに振って焼きました。

少し甘めかな?砂糖をもう少し減らした方いいかもしれません。






posted by nori at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2019年09月17日

ベラドンナリリー





9-17beradonnna2.jpg



もう何年も前に植えたもの。

あまり思い出せないのですが、ホームセンターで、お買い得の球根を見つけたのかも・・・。(^^;





アマリリスに似た葉っぱ。ユリのようなお花。

検索していたら、ヒガンバナ科のベラドンナリリーのようです。





ヒガンバナのように、花が咲く頃、葉が枯れます。
私は、今年、初めてお花を見たので、その時に、青々していた葉っぱが、ぜーんぶ枯れていたので、暑さや台風で??たいへん!と、びっくりしました。





切ってきてからも、小さな蕾が膨らんできて、次々に花を開かせて楽しませてくれます。
包葉というのかな?水仙にもあるような、茶色の部分が、光に透けてきれいでした。





9-17beradonnna.jpg









posted by nori at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2019年09月15日

懐かしいマンガ



なぜか急に思い出したマンガがあり、タイトルも、登場人物の名前も覚えていなくて、ただ思い出したのは「キリコ」っていう名前。必死に検索していたら、やーっと発見できました。

「シニカル・ヒステリー・アワー」というマンガでした。作者が玖保キリコさんでした。主役?もキリコちゃんだけれど、本当の主役は「ツネコ」という名前でした。




たしかマンガ雑誌「りぼん」で、ぼんやりした記憶を思い出すと、「ちびまる子ちゃん」と、「シニカルヒステリーアワー」の、どちらかがリボンで掲載されることになり、人気投票があった気がするのです。違うかなぁ。(^^;

私はシニカル推しでしたが、結果はちびまる子ちゃんで、そちらは連載決定。シニカルヒステリーアワーは「りぼん」で読めなくなった、という記憶があるのです。(全く違っていたらゴメンナサイ。)



検索していたら、「シニカル・・・」は「lala」という雑誌に連載されて、その後なんと映画化もされたらしい。

作者の玖保キリコさんは現在、イギリスに住んでいるそう。もともと外国語が堪能だったようです。



なつかしさでいっぱいです。とっても面白いです。ツネコちゃんが意地悪で自分勝手な子なのですが、ツネコちゃんがやることが見たくなってしまうのです。周りのキャラクターのバランスが、また、いいのです。




IMG_20190914_094244.jpg

新品がなかったので中古で買いました。ヤケがありましたが、新品のようなきれいな本でした。(^^)



一緒に、ずっと買おうと思っていた、カニグスバーグの「魔女ジェニファとわたし」もやっと買いました。こちらは、新品で買えば良かったのに、間違えて中古で買ってしまいました。でも大事にします。



「魔女ジェニファとわたし」は、去年の入院中に、友達が貸してくれたものでした。
児童書だけれど、私は読んだことがなくて、ものすごく引き込まれました。とっても面白い本でした。小学校〜中学校の女子におススメしたい本です。これは、ずっと傍らに置いておきたいと思う本でした。





posted by nori at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年09月14日

ひじきのナムル




9-14hijikinamuru.jpg




今日は久しぶりに房総のひじきを買いました。


そして、久しぶりに、ひじきのナムルを作りました。


作り方、忘れてしまって、うろ覚えで・・・。




水につけたひじきを軽く茹でる。
みじん切りのネギをたっぷり加える。
醤油とゴマ油で味付け。お酢も少しだけ入れてみました。



おいしーー!!ネギが超あう。(^^)(^^)

化学調味料は入っていないのに、すごーく旨味がある。




トップページから、左側の「レシピ」→「野菜」→ひじきのナムルで確認♪

2001年5月に、ととさんに教えてもらったレシピでした。ひょえーな昔でした。(^^;;;



お酢は入りませんでしたね。でも入ってもとてもおいしいです。

必須なキュウリは残念ながらなかったので入れず・・・。

七味はあとで足しました。おいしい!

白ゴマも足しました。コショウは少しにしたので、七味も入れた後だったので、あまり違いがわからなかったです。





ある程度アバウトでも美味しくできるところも、とっても素敵な料理だと思います!(^^)





久しぶりにレシピの掲示板の保存ページを覗くと、みんなの声が懐かしくてたまらなくなります・・・。





posted by nori at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

風船かずら





9-14fuusenkazura.jpg




風船かずらの種をいただきました。

風船の中に入っている種が、おさるの顔のような模様だと、見せてくれようとして、職場の紳士が持ってきてくれました。





私も、初めて見た時はとてもびっくり&たのしい気持ちになったものです。

それを思い出し、懐かしく、大事にいただいてきました。





その時を思い出して、同じように、顔を描きました。








posted by nori at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

ルイラソウ




9-14ruirasou.jpg

ルイラソウにいっぱい蕾が付いていると思っていました。

そうしたら、いっぱい咲いてくれていました。





少し日陰になるような場所なのですが、ココが気に入ったようです。

買ったのは2014年でした。

最初は小さな1ポットで、花もあまり咲いたのを見れずにいました。蕾の数もとても少なかったです。

今は、株が3つくらいになっていました。花は一日花かな?すぐしぼんでしまいますが、蕾も次々に上がってくるようです。




やっと信頼関係が築けて、安心して育ち始めているように思えます。









posted by nori at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2019年09月11日

蚊に、血を吸われてみる


少し、この本に、影響されすぎな気もしますが・・・。それで、ちょっとおかしなこと言ってるのかもしれません。軽く聞き流してくれると幸いです・・・。




またまたこの本、「この小さきものたちの声」 ジョアン・エリザベス ローク(いのちと環境ライブラリー) を読んで影響されている事柄ですが・・・。









蚊に、自分の血を、吸っていいよ、と思ったことが、ただの一度もない私。
(それって普通、ってコトネ・・・。^^;)

もちろん吸われたことは数えきれないほどあります。
(うんうん、そりゃあネ。^^;;)



・・・蚊がやってきて、私の腕に止まると、チクッと、さっそく感じます。するとすぐ、はたきたくなります。
でも我慢してみたりして。我慢できるなら・・・無理なら払うべきですが。



今回、初めて我慢できました。(いえ、我慢しなくてもいいんですが・・・。)




吸われているところを見続けていたら、余計かゆくなりそうだし、気にしないようにして庭仕事をしていました。







翌日、思い出して、刺されたところを見てみました。



2か所、赤い小さな点がありました。でも、たまたまだと思うけれど、腫れていなくて、かゆくもありませんでした。
気付かずに、足も刺されていましたが、そっちはかゆかった。

かゆかったり、かゆくなかったりするんだな、と思い、かゆくないなら刺されてもいいんじゃ?とも思ってしまいました。もちろん蚊による伝染病などは怖いと思っていますが。





そして不意に、ハエのことも思い出しました。




トムとジェリーのように、ハエと戦ったことって、ありませんか?

私はあります。子供のころ。ハエたたきをもって、すごい速さの大きなハエと戦いました。もしくは窓の外に出てもらいたくて、追い込むようにしていましたが、ハエの方は完全に戦闘態勢なのを感じました。



もちろん私はトムなので負ける方です。

でも、これって、まず、敵対心があるからこうなるのだな、と今は思えます。
そしてその敵対心は、なくなっても、しばらくは相手に理解してもらえない。自分が不利になり、大負けに負けてから、やっと、白旗をふっていることが相手に伝わるのではないか?と思うようになりました。




虫との関係って、基本が、そのような気がしてきました。
やっつけてやろう、戦うぞ!!という、トムとジェリーの、猫のトムのような気持ちだと、いつも結果、KOされて星が目の周りをまわるような・・・。無駄な抵抗をせず、自分に得がないようなことが分かっていても、あえて、戦うことを避けると、状況が変わるような気が、ちょっとだけしました。




今まで、何かを守るために、必死に色々な虫と戦ってきました。




でも、それで、いいことって、全くなかったのかも。




それより、あまり気にせず、なるべく流して、戦うことを避けて行動するのも、いいのかもしれないと思い始めました。そうすることで、今まで見えなかった何かが見えてきて、何かが変わってくるような希望、期待感の、きざしのようなものが、あるのではないかと、少しだけ、思えるようになってきました。




anaberu.jpg
アナベル












posted by nori at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) |