2010年08月09日

ホットケーキ


8-9-1.jpg


自分が子供の頃、日曜の朝はホットケーキだった。
生地を作るのも焼くのも、そのうち三姉妹で協力してやっていた。

1人1枚、順番に焼いて、できた人から食べる。
自分のホットケーキをお皿に入れたら、自分で好きな量のバターとはちみつをかけて食べた。ふんわりいい色、すごくおいしくて、ホットケーキミックスをなぜ買わなければいけないのか?3人ともわからなかった。

ごく弱火にしたフライパンがぷつぷつ言ってくるのをひたすらのんびりゆっくり待つ。ここで火加減を焦って強くするとおいしくなくなってしまう。



結婚して、長男も「休日はホットケーキ(もしくはワッフル)」が身についてきていた。(^^)
でも土日に野球に出かけるようになってからはできなくなっていた。
だから夏休みや冬休みの、平日の朝の、たまの楽しみになった。


ところが、このホットケーキが、どうもうまくいかない。
私が子供の頃に姉妹で焼いた、あのホットケーキとは全然違って固いし、ふくらまない。
それでいつの間にか、ごまかしてワッフルにすることが増えていた。


その秘密が最近になってやっとわかった!
思い出のおいしいホットケーキは、てんぷら用の薄力粉を使っていたのだ!
つまり、ホットケーキミックスを使っていたようなものなのだ。(^^;


天ぷら粉用の粉を普通の薄力粉と考えて、卵もベーキングパウダーも入れて作る。
それでおいしかったみたい。(爆)


今日は何枚も焼くのが面倒くさくて、フライパン2枚で、大きいホットケーキを2枚焼いた。
焼きあがったらバターを間にも塗って2枚重ねにして6等分した。
焼きあがったホットケーキの顔も、味も、「う〜ん、コレコレ!!^^」

ただ違うのは、蜂蜜ではなくメープルシロップでもなく、「森永のケーキシロップ」・・・
今の我が家では、コレでなくてはなりません。


8-9-2.jpg


8-9-3.jpg




posted by nori at 17:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物