2011年01月15日

にほひ袋



1-13nihohibukuro.jpg


子供の頃、夏休みにはいつも母が銀座に連れて行ってくれて、古いちょっとだけイイ店で、食事をさせてくれた。
松坂屋の方にある、クロサワという文房具店が大のお気に入りでした。年とともに雰囲気が変わってしまって、今はあるのかもわからないけれど・・・いかにも西洋風な、シックな包装紙を買ってきては、本のカバーを作ったりしていました。今思えばブリティッシュな雰囲気のものが置かれていたと思う。

ファミリアや松坂屋の別館、ソニープラザやイエナ洋書店(ここで二十歳前くらいに初めてイングリッシュローズの洋書を買ったのです!)、木村屋でパンを買って帰ったり・・・洋服はほとんど見るだけだったな。「ウインドゥショッピング」と母はよく言っていたっけ。

そんな中、一番記憶にあるのが鳩居堂。
ここにある絵はがきの前に貼り付いて、気に入った一枚に絞るという難しい作業をしていました。
母と姉妹で、ボール紙での箱作りが流行った時は、上の方に厳かに並んでいるキラビヤカな和紙の中から、好みのものを店員さんに伝えて取ってもらったけれど、あんなに楽しかったことはなかったな・・・。(すごい贅沢感があった・・・。)



そういう記憶の全部が、鳩居堂の、「にほい袋」に集約されているのです。
子供の頃は、実はこの匂いが大嫌いで、鳩居堂に入れないでいたほどでした。そのうちに鼻をつまんで入るようになり、今ではこんなにも大好きに・・・。


この前、久しぶりに、うちの近くにある小さな鳩居堂の売り場でこの「におい袋」を見つけて、あまりにもなつかしくて初めて買ってきました。
香りがぱぁっと広がりすぎるので、これをまたもう一つの袋に入れて保管、たまに出しては香りを確認するのです。

なんだか包装してもらっている間、懐かしくてうるっときてしまいました。
posted by nori at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 折り紙

草花



1-13sumire.jpg


この前、気ぜわしい中、カメラを持って玄関先に出て、久しぶりにシャッターを切っていたら、たのしくてしかたありませんでした。
秋に買った、色々なビオラも可愛く光っていました。

大好きなニホンズイセンも輝いていました。
この水仙はほんとうにすてき。
摘んできて飾っているとなんとも言えないイイ香り。


1-13suisen.jpg


posted by nori at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

ルッコラ



1-13rukkora1.jpg


1-13rukkora.jpg


まちさんから頂いたルッコラ、相変わらずすごい成長を見せてくれています。バラやデンタータの足元のわずかなスペースだけど、栄養があったのかしら・・・?

でも、秋に咲くのかと思っていたら咲かないということは、収穫しすぎとか、何かマイナスの要因もあったかも? でも、こんなに葉を収穫し続けられたのは初めてで、私にとっては嬉しいことでした。

外葉を摘んでいると中心に、綿毛に包まれたような花芽と思しきものも見えるので、春には花が見られるかな??楽しみにもしています。

春はゴマの風味が強く、辛さはあまり感じないくらいで子供もおいしく食べられていたけれど、寒くなるにつれてゴマの風味が減り、辛さが強くなりました。でもだからこそ肉料理なんかにとても合う!



そしてもう一方、頂いたプンタレッラの方も、順調に発芽してくれたので、実家にも植え、幼稚園にも植え、我が家の小さな花壇にも植えて様子を伺っています。

でもまだウサギの耳のような形の葉です。幼稚園のものが一番成長が早そう。また、まちさんのところで見たような、ウニャウニャギザギザの葉に変身するのも楽しみ・・・。

まちさんの「白子だより」

まちさんとは、絵画展で偶然同じ葉書きを買っていたりということもあったけれど、この変わったカレンデュラもお揃いで嬉しくなりました。(^^)
「白子だより」に、とてもきれいに撮られた写真が載っています。


1-13karendyura.jpg



posted by nori at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜