2011年01月18日

折り紙の着物



o1.jpg

和紙の折り紙。
中を開けると色んな色・・・。
これで、折り紙の着物を作ります。

1枚の折り紙で作る時は、帯は裏返した白い部で作ります。何枚もある時は着物になる折り紙と帯になる折り紙を選べます。
「選ぶ」ってとてもたのしい作業。(^^)

濃い緑色や紫っぽいのが好みだったけれど、とりあえず無難なものを選んでみます。




02.jpg

赤いのが着物で桜色が帯、ということに・・・。




o4.jpg

まず、着物になる赤い折り紙。
1/3を切り取ります。切り取った部分が着物の袖。
袖は長さを半分に折って、糊で貼り合わせておきます。




o5.jpg

残った2/3が着物の体になります。
まず襟。
山・谷、と違う太さで2回折って、白いラインが出るようにします。




o6.jpg

首の部分を開ける様にして、中心に向かってたたみます。



o7.jpg

同じようにもう一度、両側からたたみます。
少し細いかな?というくらい。
中はぐちゃぐちゃで大丈夫。厚みが出た方がかわいい感じがします。最後は内側に少し折り込む感じ。
(襟合わせを左前になるようにかくにんしてください。)



o9.jpg

下の部分をまっすぐに切り揃えます。着物の体が完成です。糊付けはしません。
帯を付けるとまとまります。(襟合わせを左前になるように確認してください。写真は逆になってしまっています。)




o10.jpg


次は、最初に切り離しておいた袖の部分です。
中心から、体の細さ分だけ、写真のような形に切り取ります。
外側の袖の裾を、丸くなるように少しカットします。




o11.jpg

帯を作ります。
体に合うような幅で折ります。
そのまま切るだけでもいいけれど、糊で貼り合わせた方が厚みも出ていい感じです。
切り取ります。



o12.jpg

帯締めを作ります。
着物の裾など、切り取った部分を使います。
適当に結ぶだけですが、これは長さが切れていた場所で作ったので、2本をちょっと重ねるようにして糊で止めました。いい加減です。
帯の幅より少しだけ上になる場所、背中側に糊で貼ります。

それから、先ほど切った袖を貼ります。
少し上めに貼るように祖母に教わりました。
(襟合わせは懐に忍ばせた懐紙などを右手でとれるよう、左前になっているか確認してください。)






o13.jpg


帯の残りです。
後ろに垂れる部分を少し切り取ります。






o14.jpg

たいこの帯にするので、その下にちょっと出るくらいの位置に貼ります。






o15.jpg


残りの帯。丸く形作り、糊で止めます。
気持ち上の方に貼り付けます。





1-19-1.jpg




完成。(^^)


同じ柄の折り紙が2枚ある時は、1枚を着物に、1枚を袖にすれば、着物を吊るした時のようにもっと幅広の袖に作れます。
細かい所は作る度に違ってしまっていて、適当です。

白い紙を切って、手と足をつけたり、ほおずきを顔がわりに挿しました。


色んな記憶が混ざってしまっているのですが、「きりこ工房」
http://www4.ocn.ne.jp/~kirikobo/
の、ゆったさんと話していて、断片的に思い出した記憶では、ほおずきの殻をバナナのように下にむくようにして、その殻が首になる感じ?に挿したようにも思いました。ただ、それだと太すぎるかな?ほおずきの時は、広告など、大き目の紙で作っていたかも?しれないです。








続きを読む
posted by nori at 18:43 | Comment(14) | TrackBack(0) | 折り紙

ちいさな



1-18amejisuto.jpg

まだかろうじて残っているアメジストセージの小さなフワフワ。




1-18natumegu.jpg

ナツメグゼラニウムの、とても小さな葉っぱの中に色付く、とても小さな、小さなつぼみ。



posted by nori at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花