2011年02月17日

カレンデュラ


2-17-1.jpg


小さな花壇で、すごくよく育っている 変わったカレンデュラ。
雪の重みで折れてしまっていました!残念〜。

でも、それならと、少し切って花瓶に挿すと・・・かっわいい〜!


何枚も撮ってしまいました。

2-17-2.jpg



posted by nori at 18:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 草花

2011年02月15日

雪のあと



2-15.jpg

雪のあとは大抵あたたかく、よく晴れる。
スナックエンドウの花がきれいでした。

雪は積もったけれど、思ったほどではなく、子どもは遊べて、大人はそんなに困らないくらいでよかったと思いました。


2-15-2.jpg




posted by nori at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2011年02月14日



2-14-6.jpg

気付いたらフワフワで大きな雪がたくさん降っていました。
ちょうど車に乗ったので、雪が目の前からどんどん自分に向かってくる感覚を初めて見られたし、信号待ちの時に、街灯に照らし出されたフワフワした雪は、とても幻想的でした。


今日は少し寝るのが遅くなってしまって、でも気になって外を覗いたら、やっぱり積もっていました。 雪が積もると音が、静かな感じになりますね。

眺めていて、たまに通る車の灯りがまた雪を照らしてきれいでした。
明日はどんな景色かな・・・。



posted by nori at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

バレンタイン


2-14.jpg


バレンタイン、久〜しぶりにチョコケーキ作ってみました。 ですがコアントローを入れ忘れてしまったり、無塩バターを使わなかったりと反省点もたくさんです。


また アホみたいにたくさん作っちゃいました。(^^)
クリームを添えたほうがおいしいかも。買ってこよう。


2-13.jpg


posted by nori at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2011年02月09日

ブラックベリー



2-9.jpg

やっと、冷凍していたブラックベリーを調理しました。
全部シロップにしたくて・・・作り方わからないまま、いつものように見切り発車!(汗)

まずミキサーにかけてから裏ごしして種を除き、レモン汁と砂糖を加えて少し煮ました。
そしたらやっぱり?ジャムのようなでもジャムほど煮詰めていないので、ドロリとしたものになってしまった。しかも、砂糖は同量くらい入っているのに、想像したより酸っぱい。

子どもたち、パンにつけて味見をしたけれど、愛着がわいたのか、酸っぱいと言いながらも食べてくれました。
炭酸でも割って飲んでみましたが、やっぱりちょっと酸っぱい。これは長男と隠れ試飲しました。大人の味。(^^)


・・・と思っていたら、今日味見してみたらウマ〜!
酸味が落ち着いてきている。トロリとして高級ソースみたいになってます。

ブラックベリーは1.5kgあって、全部イマイチな物を作ってしまったかとガックリしていたので、ホッーとしました。
これからどういう消費法が一番おいしいか、考えていこうと思います。



そして!
お話ししたかったのはここからで。
裏ごしした種ですが、果肉が種についてしまって、捨てるのもったいないなぁと、いつも思っていたのです。
で、思いついてそれに砂糖とお酢を加えてみたのが右端の梅酒ビンに入った物。(大は小を兼ねる・・・ちょうどいい大きさのビンがなかったのです・・・。)

もう少し置いたら、濾してみます。これも試飲が楽しみです!





2-9-2.jpg

ちょっと味見…。





posted by nori at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2011年02月08日

聖護院大根



senmaiduke.jpg

聖護院大根を近くの畑で買う時、畑を作っている女性が、千枚漬けがおいしいよと言っていました。
作り方、違うかも知れないけれど、薄切りにして塩をしてビニール袋に入れるだけで水がたくさん上がってきて、おいし〜く漬かりました。

この大根、新鮮だったからかな、ちょっとぶつけちゃったかな?大きな亀裂が入ってしまって、それで形が不揃いなのです・・・。

近所のスーパーで珍しく高菜も見つけました。 子どもがいるから唐辛子も入れずに塩で揉んだだけなのですが、すごくおいしい。高菜の風味がいっぱいです。 mikaさんに前に教わったように、少し発酵(?)させてから食べようと思っていたのに、おいしくて、もう2/3もなくなってしまいました。(^^) 残りは涼しい場所に放置しています。また少しおいしくなるといいな。


posted by nori at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2011年02月04日

おりがみ



節分豆を包んだ折り紙の折り方です。子供の頃、病院でもらった粉の飲み薬も、こんな感じに折ってあった気がするけれど、どうかな?

RICOH 029.jpg

三角に半分に折ります。



RICOH 030.jpg

コップを作る時のように両側を交互に折り、



RICOH 032.jpg

最後に折った側を、こんな感じに折る。折り加減は色々で大丈夫です。



RICOH 033.jpg


折れ目をよくつけるとこんな形になります。
写真の左側が袋の底、という感じ。右側から物を入れます。


RICOH 034.jpg

入れ口を閉じるために折ります。物を入れる前に折り線をつけておいた方がいいです。



RICOH 036.jpg

1回巻き込む感じにして口を閉じる感じ。



RICOH 042.jpg

折り方を少し変えると、少し感じも変わります。




posted by nori at 10:29 | Comment(3) | TrackBack(0) | 折り紙

節分



節分のお豆、買い忘れている間に、スーパーは雛祭りになってしまっていて、節分豆がない〜! と話していたら、友達が売ってたよと買ってきてくれました。セーフ・・・。

お豆、撒いて、捨てるもの?・・・わからないのだけれど、もったいないから食べたいのです。小袋包装じゃないなら包装してしまえ、と、急遽思いつきで折り紙で・・・。下の2人も楽しそうに手伝ってくれました。

RICOH 023.jpg



叩きつけたらお豆が出ちゃうから注意して、と、節分とは関係のない助言を受けて豆まき開始!
まき終わったら「回収!」で、取り合いで回収してくれました。(^^) そしていつものコレ、になりました。学校から帰ってきたら、きっと喜んで食べてくれるでしょう。

RICOH 028.jpg


posted by nori at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 折り紙

ランチ



豚肉の、肩ロースの薄切り。
これを塩で焼いて、仕上げにたっぷりの切った紫蘇を混ぜ、レモン汁をたっぷり搾る。…と、これが、タン塩のような旨味でとても気に入っている。

それを友だちにもご馳走したくて集まりました。
あとご飯を炊いて、だしを取ったお吸い物もつけよう。なにかオードブル的なものも・・・と考えたら楽しくてたまりません。 前菜は、丸いお皿に丸く盛り付けようと5品考えました。




y2-3-6.jpg

近くの畑(^^;で聖護院大根のおいしそう〜なのを買ってありました。
どうやったらおいしく食べられるかな? まず形のきれいなところを大まかに切り取って、バットに塩して一晩置きました。少ししょっぱくても上がった水を捨てる時にちょうどよくなるくらい・・・でも薄かったら後でまた塩をふれるので、多すぎないように。

朝見たら、やっぱり水がたっぷり上がっているのでその水は捨て、間に鎌倉ハムのモモを挟み、サーブできるようにカットして冷蔵庫へ。
お皿に載せる頃には写真のように、また水が少し上がりますが、それがしっとり感にもなっておいしい。
味見したらいい感じなので味付けはもう何もしない。間にハムも挟んでいるから、漬物みたいにしょっぱくない、でも味がある、という程度に。




y2-3-4a.jpg

画像が汚くてごめんなさい。
長芋を食べてもらおうと考え・・・半分に切ったら、切り口が美しく見えるように、長めに作りました。
味のアクセントに、姉の手作り梅干の赤紫蘇を、ほんの少し一緒に包むようにしてから、牛の薄切りを巻きました。
薄く片栗粉をまぶして少しの油で焼きました。

温かい方がいいと思って、時間ギリギリに焼いたつもりだったけれど、食べる頃にはやっぱり冷めてしまいますね・・・。
それと、お肉が予想したよりフライパンについてしまいました。多めに作っておいてよかった。春菊の葉の上に、と思っていたら春菊をひくのを忘れてしまいました。



y2-3-7.jpg

赤があるといいな、と。
プチトマトの前菜。一口で食べるとしたら、どんな味が口に広がるとおいしいのか・・・。
アンチョビやオイルサーディンかな?でももっと家に今あるものでできないかな?

結局、シーチキンのマヨネーズ和え。これを菜箸の先にほんのちょっと。それからバジルペーストも同じくらいほんのちょっと。上に飾ったサワークリームは多すぎない方がいいと思ったら、中身があまってしまって。(^^; なんと同じプチトマトをサイコロに切ったものを詰めたのでした。シーチキンはわずかな旨味というくらいで、入っているのがわからないほど。あんなに少しのバジルペーストはとても効いていました。サワークリームもよく合いました。




y2-3-3.jpg


何か足りなかったら、と思ってもう一品作っておきました。おいしそうなレンコンがあったのでこれを使うことに。
洋風に炒めてみよう。カレー粉も使ってみよう。シャキシャキの食感なら、逆にやわらかいジャガイモとあわせてみよう。

レンコンがもう少し火を通した方がよかった。シャッキリ感がなくなってしまうと思ったけど、この後、もっともっと加熱したけれどシャッキリ感はなくなりませんでした。(^^;

これは、ルッコラの上に載せる予定だったけれど、それも忘れてしまい・・・緑のないプレートになってしまった。




y2-3-5.jpg

そして、またこれ。
いつもより肉厚の大きなしいたけで、カットして出そうか迷いましたが、旨味が流れてしまいそうだから、切らずにそのまま出しました。 かぶりついて食べてもらったけれど、やわらかく噛み切れてジューシーで、具もこぼれることなくうまく食べられる感じだったので切らなくてよかった。 この前、これを持っていった時に、上に散らしてある軸を見て「お肉?」と聞かれたので、そうだな、と思って今回は初めて使ってみました。

シイタケのジクを取る。石づきを外してあとはみじん切りにしておく。 かさの中に、炒めて醤油だけで味付けした豚そぼろを少し入れる。マヨネーズを絞る。みじん切りしたジクを散らす。

レンジでチンでも出来るけれど、やっぱりオーブンでじっくり焼いた方がおいしいかも。 それに、前菜皿が減った頃、時間差でアツアツを追加できるのでとてもよかった。みんなもとても気に入ってくれたからよかった。
前菜皿と一緒に、友だちが持ってきてくれたアツアツ焼きたてパンも頂きました。みんな手作り感のない、売り物のようなものを持ってきてくれる・・・。


RICOH.jpg

・・・それから、当日は、食前酒の代わりに果実酢を出しました。
キッコーマンから出ている「桃とざくろ酢」これがまたおいしくてすっごくよかったと思う。



前菜がなくなった頃、初めに話していた豚肉を焼きました。すぐ炒められるようにお肉は切っておき、レタスとルッコラもちぎって洗って水切りしたものを用意しておきました。 使っていた空いた前菜のお皿に、テーブルのまま、レタスをサーブして、アツアツ豚肉もサーブしました。洗う食器が増えなくてよかった・・・。


お肉と一緒にご飯とおつゆ、キュウリと聖護院大根の浅漬けも出しました。
おつゆは朝、昆布とかつおで出汁を取ったもの。 具は下茹でしたエビとシメジ、貝割れ菜。

エビは厚さを半分にして下茹でしてバットに用意しておきました。貝割れは塩を入れた熱湯に一瞬くぐらせておきました。 おつゆにシメジだけ入れて味を調えておきました。 お椀にエビと貝割れを入れたら、静かにシメジのおつゆを張りました。

この作業はいつもお正月に祖母がやっていたことで。
たくさんのお椀の中に色とりどりの具材が少し入り、静かにダシを注ぐ・・・それを眺めているのが大好きでした。 なんと言っていいかわからないけれど、アホか、と思えるほど好きな作業、というわけです。(^^; エビは半分の厚さにして加熱すると、すばらしく美しい螺旋になります。


デザートは、たっぷりフルーツのタルトと、スペシャルチーズケーキでした。
このブログ、日常とは離したくて、(私の逃げ場かな?)みんなには教えたくない。(^^; なので写真も撮りにくいし、友だちのケーキも勝手に載せられず・・・。(^^; ケーキは先生のような人が2人もいるので、すばらしく美しく、お店よりおいしいのです!

豆で持ってきてくれた、おいし〜い珈琲の後は「お腹すっきり」というハーブティー。
「このお腹って、胃の事じゃないよね?」
・・・また食べ過ぎた私たち・・・。




posted by nori at 06:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物