2011年03月11日

乳酸菌液


この前買った本、「バラはだんぜん無農薬 9人9通りの米ぬかオーガニック・梶浦道成+小竹幸子 編」


を眺めていて、超・気になったのが、佐藤和彦さんのページで見つけた「乳酸菌液」です。
米のとぎ汁と無脂肪乳だけで作れるというものです。 詳しい作り方は佐藤和彦さんのサイト、

Sato Nursery's Blog   カテゴリ「栽培の記録」で紹介されていますので、ぜひご覧ください。




私は家にある普通の牛乳を使ってしまいました。そして、今すぐ作りたいけどお米は研いでない!ので、2Lのペットボトルに「米ぬか」をアバウトに少し入れて、牛乳もアバウトに米ぬかと同じ嵩くらいかな?くらい入れて、お水を足して作りました。(相変わらずの適当さ・・・^^;)

hakkoueki.jpg

冷蔵庫の後ろなどの暖かい場所がよいとありましたが、ここは冷蔵庫の横でした。(^^;
それでもちゃんと数日後には、本に載っていたように牛乳のモワモワが上に浮き、油粕は下に沈み、透明な感じの液に仕上がりました!
蓋を開けると「シュッ」と発酵音がします。恐る恐る匂いを確かめましたが、嫌なにおいは全く無い。酸っぱい匂いもないし、牛乳や米ぬかの匂いをすごく薄めたような感じ?でした。

hakkoueki2.jpg



出来上がったら、粕を取り除いて、液体を500〜1000倍に薄めて、葉面散布して使うということです。



・・・ですが私の場合は、幼稚園で、腐葉土を作っている槽があるのですが、そこに投入してみたいと考えました。

そこにたまに米ぬかや、鶏糞を入れています。幼稚園で飼っているカメの糞が入ることもあり、これは敷いてある稲藁ごと入れてもらえるので最高です。(^^)が、これらはたまにしか入らないこともあり、もっと何かないかと思っていたのです。

水分が入らないと発酵しないので、たまに水をかけていたのですが、水代わりにこの乳酸菌液を入れてみたら・・・と思ったのです。 牛乳も少ししか使わないし、あとはすぐ手に入る米ぬかなのでお金もかからず、これは最高!です。


早速出来たものを、試しにまず2本、浮いた粕も沈んだ米ぬかもぜ〜んぶドボドボ〜と落ち葉の上に撒いてしまいました。そのあとまた、ちょうどあった米ぬかをばら撒きました。様子を見ながらまた足して行きたいと思います。

どうなるかな〜〜。ちょっとズレた感じになってしまいましたが、すごーく楽しみです。(^^)



土のこともう少し・・・
posted by nori at 05:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他