2011年05月07日

モッコウバラの香り


家族がいいにおいという白木香薔薇。
今日も、「すごい薔薇のにおいだね。」と言ってくれるのだけれど・・・・・・。

白木香薔薇。私は、近くに顔を寄せた時にだけ、ニオイスミレを思いだすようなシャボンのような香りを感じる。「すごい薔薇のにおい」ではない。 それでそのように言うと、石鹸とかではなく薔薇の香りだと言い張る。よく「薔薇の香り」として売られているような薔薇の香りとは違うよね?とも聞いてみたが、薔薇なんだから薔薇の香りに決まっているとしか答えてくれない。

横を通るとすごくにおう、というけれど、私が今、そのくらいの香りを感じるのは、ロサ・エグランテリアの葉からいっぱい香る、林檎に似た香りだけれど、それも違うという。

長男も、パパに味方して、そうだよという。


私にしてみたら、このシャボンの香りが「すごいにおい!」って思えるほどたくさんしたら、すばらしいなぁと思うから、嗅いでみたくてたまらないのだけれど、自分だけが感じていないようでくやしい。 だいたい二人が今感じている、「すごい薔薇のにおい」の正体が、知りたくて知りたくてたまらない。

もしかしたら、2〜3輪 咲き始めたピースの香りや、新芽がはげしく香っているエグランテリアの香りをミックスしたものかもしれない。それならわかるんだけどな〜。


でもやっぱり二人は、私の知らない白モッコウの「いっぱいの香り」を知っているような気がしてソワソワしてくる。





mokkou5-7-3qqq のコピー.jpg






mokkou5-7-2qqq のコピー.jpg



posted by nori at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇