2011年11月21日

木村秋則さん


師匠とともにでかけた、木村秋則さんの「奇跡のりんご」の講演。
とても感銘しました。同時に、まだすぐ行動を起こせない部分も多数。。。

今日も幼稚園に出かけ、作業しながらいろいろ、いろいろ、いろいろ考えてしまいました。
植物が求めているものは何か。
どうすれば植物は喜ぶのか。

最近見つけたサイト、「楽勝!?パパのお手軽ガーデニング♪」
http://bokupapa.cocolog-nifty.com/blog/(←とってもおもしろいサイトです。保育園の園芸ボランティアもされていました。)
を見ていても、ある部分では、私の中でつながるものを感じる。偉大なる生命体である植物。動き出さんばかりに「生きている」植物。
ペットの犬などの動物と対話できる方がおられるように感じますが、同じように、植物にもそれが言えると思うのです。


そして、「自然栽培」の考え。

なかなかすっとはいってくることではないのですが、コレだ!と思わせる何かがあります。

・・・私は生ごみ堆肥をやめるかも・・・。
自家製植物の堆肥は続けると思います。まだよくわかりません。


師匠との出会いは人生を変える画期的な出会いとなりそうです。
仲介してくれた友人たちの力にカンシャ!!です。
posted by nori at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

大根炒め



daikon2.jpg

師匠宅にて。
大根をゴマ油で炒めてから醤油・砂糖で炒めた煮物(?)


大根のレアステーキという表現がまさにぴったり!!
中からジューシーな大根のおつゆがジュワッ!外側は味が濃い目なのでバランスが取れます。干しエビを水で戻したものが入っていて、水分はそれのみ。


あんまりおいしくて2個づつ小皿に入れては食べ・・・気づいたら8個ほど食べていました・・・!
サイコーにおいしい、メイン料理の一品でした。
他には、採れたニンジン・キュウリなどのお漬物。赤い美しい器に盛られた、緑・白の、ブロッコリー・キュウリ。


畏れ多くもシュークリームを作って持って行ってしまいました!
師匠もおいしいと言ってくれたので、どんなにほっとしたか・・・。

ヴァローナのミルクチョコをコーティング・上にナッツを散らしたものと、普通の粉砂糖かけたもの。中身は同じでした。みんなが食べてくれてほっとしたのでした。



daikon4.jpg




onigiri.jpg

メインはこの、初女さん風おにぎり。
お鍋でおいし〜いお米を炊いてくれました。もっちりと本当においしい、つやつやのお米。

自分で自分の分だけ結びました。
やっぱりこの初女さん式だとやわらかくむすべる。
海苔が正方形で、互い違いに載せるので大黒結びになるのが、目からウロコでした。

シイタケの旨みたっぷりの、冬瓜のおつゆなど、いつも季節感いっぱいの野菜たっぷりの料理でもてなしてくれる、そして話がまた宝物のように、大事に耳に入ってくる、、また、メンバーも尊敬すべき大切な巡り合わせ、、、といった先輩(お仲間)です!




posted by nori at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物