2012年05月02日

花摘み



5-1biora.jpg








4-26-1.jpg







画像 024.jpg


狭い花壇の花たち、わずかに切っては小瓶に入れて、眺めているとしあわせ。
一つ一つ、丁寧に眺めては、その花、その花のすてきなところを、いくつもいくつも考えて、あー、やっぱりかわいいなぁ、と思う。



バラの蕾たちも膨らんできました。またこれがほどけてきたら感動だなー。そんな想像をするだけの今の時期もまたとても楽しい時期でもある。

毎日蕾を、ちょうど筆先を整えるように撫でて、アブラムシをとっています。手が届くところの少しだけなのですが。クシヒゲハバチの産卵跡や、孵化して食べ始められてしまった葉っぱもチェック。

ただ、アブラムシをやっつけていると、ヒラタアブやテントウムシの幼虫や卵もやっつけてしまうものです。だから全滅させてはいけないと思いながらするのです。そうするとこっちもやっきにならず、ラクな気持ちになります。アブラムシは他の害虫を呼び寄せてしまうように思うのですが、同じく益虫も呼んでくれて、そして種類が増えて、生きた環境になる・・・そういうイメージで、カリカリしないように共存できたらいいなと考え…るようにしています。



posted by nori at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花