2013年09月30日

夏ミカンの苗とデューラーの「芝草」



9-30mikan.JPG

こちらも、友達から発芽させたものをいただきました。夏ミカン。 「観葉としての夏ミカンを・・・」ということでいただきました。(^^)

私も幾度か勝手に生えてきてくれた柑橘を育てていましたが、あっというまに丸坊主になり消えていく・・・を繰り返していました。室内なら育てていけそう! いつだったか ご近所さんが、お風呂に葉を入れるといい香りよ、と言っていたので、それを目指して育ててみます。(^^)


額に入ったポストカードはアルブレヒト・デューラー。タイトルがわからなくて久しぶりにホコリだらけの額を外してポストカードの裏を見ました。
The Great Piece of Turf とありました。

繊細な細密画であり、シンプルに水彩で仕上げたこの野草の絵がとっても好きです。






でも、今、何の雑草かな?と、見ていると、色んなところが気になってきました。

タンポポは黄色く咲いているのも 丸く綿毛になっているのもかわいいのに、ここに描かれているのは3本ともしぼんだタンポポです。しぼんだタンポポの傍らには高確率で、咲いているタンポポか綿毛のタンポポがあると思うのだけれど。。。

オオバコの葉に見える植物も、手前にある小さい株には踏まれたような花穂が付いていて、けれどその花穂の形からしたらオオバコとは違う植物かも。しかも後ろの立派に育った株には花穂が上がっていないのもさっきのタンポポの時のような気持ちになり、気になる。

左手奥に見えるのは、葉を見ているとオオイヌノフグリを連想するけれど、これだけ立ち上がっていたら花芽が見えるはずだけれど全く見えない。セリの幼葉かも?

中央右手に見える草は、抜いたことがありそうな、ザ・雑草だと思うけれど、名前にはたどり着けなかった。残念。


そしてそのさなか、最も気になったのが画面下の土の部分。根っこが見えているのです。 土の色も変だし、タンポポの足元もよく見えない。で、思いついたのだけれど、これは湿地かも!?(タイトルはターフなのに・・・。)  それで、オオイヌノフグリじゃなくて湿地に生えるセリかも?と思ったのでした。 だから、画面で一番目立っている草は、ナガハグサとかイチゴツナギとか思ったけれど、タイヌビエかも!?

全部、湿地で生育OKの植物かもしれない。 地面にところどころに見えるのは藻のようなものかな?そう思うと土の部分も水面のような部分が見て取れる。

やはりタイトルが謎です。



そして、これをもし自分が描くとしたら・・・・・しゃがみ込むよりも、腹這いですね。つまり泥だらけです・・・。


話が大きくそれてしまいました。楽しく無駄に時間を過ごしました。(^^;;








posted by nori at 15:08 | TrackBack(0) | 室内の植物

クロサンドラとポトス



9-30kurosandora.JPG


ちょっとお見苦しい画像ですが、植え替えシリーズ・・・。

クロサンドラとポトスです。
このポトスは挿し木から育った15年もの・・・。なんか無駄に長い鉢に植えているのですが、ポトスはこの鉢の下までまた伸ばします。(^^)

左の小さな素焼き鉢にはノリナとエンジョイ。
ノリナは最初は何となく本で見かけるから買ってみようかな、くらいだったのが、株元が膨らみながら日に日に成長していく様子がすっごく可愛くて、毎日見守っています。 エンジョイは私のイチオシのポトスです。





posted by nori at 11:20 | TrackBack(0) | 室内の植物

クロウエアとブルースター


友だちが、発芽させたブルースターをくれました。
花屋さんでよく見かけるブルースター、種も見たことがなかったし、発芽できたということにびっくり!

植え替えをしていて、お買い得で買ってきたクロウエア(サザンクロス)と一緒に植えました。
見えにくいかな。サザンクロスに寄り添う感じです。お花は来春のお楽しみです。


9-30sazannkurosu1.JPG



9-30sazankurosu2.JPG

裏側を見たらお花が太陽に向かってまだポツポツ咲いていました。(こっちを見てくれず、お日様を見ていたのね・・・。)


本当に花期が長い。しかも常緑。地植えも可能らしいし、病害虫にも強い。それから、すっごいいい香り!ミカン科だからなのね、と思いましたが、柑橘の中に少しアニスのような香りが混ざっている感じです。葉を撫でるだけでも少し香りますが、ちょうど乱れ枝を剪定したので、その時にとっても香りました。切った枝は横に挿してみました。


サザンクロスとブルースター。星なのだわ・・・・。(*^^*)




posted by nori at 11:11 | TrackBack(0) | 室内の植物

アローカシア ドワーフ



002.JPG

去年買ったミニプランツのアローカシア・ドワーフ。
秋から冬にかけて枯れてしまいました・・・と思ったら、翌春にまた芽吹いてくれて、今こんなに元気。小さい子たちも出てきました。
初めて買った時のミニプランツは、この子どもたちよりも少し小さいくらいでした。大きくなってくれてうれしい。

一緒に植わっているのは、シンゴニウム・ネオンとヒポエステスのピンク。ヒポエステスは全く元気がないから、この植え替えで回復してくれるといいなと思っています。


posted by nori at 01:11 | TrackBack(0) | 室内の植物

2013年09月28日

プレミエラ



007.JPG

ハルディンのプレミレアとセレブドレス。買ってよかった。
ハルディンの苗は少し高いけれど、品質が良い感じがする。

非耐寒性だけれど、ながーく咲いてくれる。
もう終わりかけの株だけれど、見ていると輝いて見えます。この通りまばらにしか咲いていないと言うのに。


今日は朝からずーっと植物の植え替えをしていました。
室内の観葉も、二つを一つにまとめてみたり。観葉は、寄せ植えにした方がいかにも上級者っぽくてカッコいいと密かに思っています・・・。
そして作り終わって鼻の穴大きくして達成感を感じています・・・・・。
外でずっと咲き続けてくれた鉢も、植え替えて追肥をしました。明日、いい写真が撮れるといいのだけれど。


posted by nori at 22:12 | TrackBack(0) | 草花

2013年09月24日

ハイビスカス


021.JPG

夏の終わり、破格値のハイビスカスを買ってきました。
本当はそんなに好きな花じゃないけれど・・・。




友だちが、クロッサンドラの葉は美しくて、観葉植物として考えても価値があると言っていました。ハイビスカスもそうかも、と、両方買ったのでした。(育てたことが無い植物は育ててみたくてたまらなくなる・・・。)

いただいたハイビスカスもあって、それは外のプランターで育てています。南向きだから、もしかしたら越冬しないかな?なんて思ってます。
買ったハイビスカスは1つ。でも後日売れ残っているのを見てたまらなくてもう1鉢買っちゃった。(買った時、自分はどこに植えるのだろう?と自分で心配していた・・・。)

2つのハイビスカスを寄せ植えにして、足元には挿し木でいただいたヘンリーヅタ。(まだ小さいけれどこれがまたとても可愛い。)

最近とっても気に入っている肥料、マグァンプの中粒。これを使うと根張りがよく、生育がすごくよくなる気がするのです。そのせいか、早速、蕾を開かせてくれました。

朝だけ、薄日が少しの間だけ当たる薄暗い玄関なのですが。
ほかにも蕾がたーくさん上がってきて、わくわくしてたまらないのです。


足元には可愛がっているアビス、波打つ葉がとても美しい。一緒に植えたのは、愛しているポトス、エンジョイ。




クロッサンドラは、ポトスと寄せ植えにしました。
葉の色合いがすごく似合って ときめきます・・・。これで来年あの輝くオレンジの花を咲かせてくれたら、シンジラレナイ喜びになりそうです。



posted by nori at 06:58 | TrackBack(0) | 草花

2013年09月21日

アボカド


001.JPG

長男が種まきしたアボカド。
ちょっと早いけど、冬に向けて、きれいな土に植え替えて室内に入れました。

今年で何年目かな? 写真を探したらありました。



2011-11-11kiku.jpg

この写真は2011年11月11日とありました。
2011年に蒔いただろうと思います。3年目になるんですね〜。



3-27-4.jpg

この写真は2012年3月。
11月の写真とほとんど同じです。このあとヒョロ〜っと伸びてしまったので、夏前だったかな?2/3のところで切り戻して、切ったところは隣に挿しておきました。挿した方もなんとか根付いてくれました。

この時、なんで切っちゃったのと怒られたのでした。葉が展開してきてわかってくれたと思います。
アボカド、夏以外はほとんど生育しない感じです。夏によく生育します。

アボカド・・・今までアボガドと言っていました。(^^;まだたまに言っちゃいますが。





posted by nori at 16:20 | TrackBack(0) | 草花

2013年09月20日

栗の渋皮煮



002.JPG

ここ何年も、せかせかと日々を送っていたので、スーパーで初物の栗を見かけても見ないふりをしていました。

スーパーで、今年はまたとっても立派な栗が、1kgに満たないくらい・・・少し少なめな量で売られていて、そのあまりのピカピカさ加減と手ごろな量に、久しぶりに手を伸ばしました。

本当においしそうな栗でした。
栗はネ、一番最初に売られる栗が一番おいしいと思います!だから今年栗を食べようと思ったら、一番最初に売られているのを買おうと思っています。


もちろん渋皮煮にします。
いつもなら、レシピをひっぱり出してきて作るのに、今年はやっぱり面倒臭い病で、適当にやってしまった。
剥くのだけは神経を集中させて傷つけないようにしたけれど、あく抜きが適当すぎました。

茹でて、沸騰してきたらすぐ茹でこぼします。いつまでも沸騰させ続けてはダメ。
渋皮の周りに残った繊維も、できるだけ早くこそげ落とします。

この2つができていなかった。
おまけにいつもは作ったシロップに煮た栗を投入していたのに、煮汁に砂糖を入れちゃった。
そしたら色がいつもより黒い。そして微妙にまだ少し渋い感じがする。。。


リベンジしたいです。。。
やっぱりこれは最高の「おもてなし」の心で煮ないとダメですね・・・。


でも、いつものようにコアントロー(今回はラムも少し) 入れたら、なんとなくいつもの味に近づいて、おいしく食べられるかも。です。
(栗の載っているお皿は美釉さんで)





006.JPG




渋皮煮を初めて食べたのは10代の終わり。
尊敬する先輩と二人で、横浜の山の手にある、彼女の先生(芸術家)のお宅にお邪魔したのです。

大きな窓からは山の木々が見下ろせて、気持ちのいい空気感。
お茶と一緒に小さな小皿に運ばれてきたのが渋皮煮でした。


私はその時初めてそれを見て、食べて、とても感動したのでした。
「鶴の恩返し」の鶴が織る布のような感じがしたのです・・・。

先生の奥様だったのか、門下生だったのかは忘れてしまったのですが、その穏やかですてきな女性が、ご自身の一日をかけて、じっくりと煮た栗、と思ったのでした。





posted by nori at 22:16 | TrackBack(0) | 食べ物

エアープランツ


近くの100円ショップでエアープランツを見つけてびっくり。。。
すごく気になったけど一度目はスルーして、2度目に見かけた時は迷わずゲット!!


007.JPG


3つ買いました。 たまに全体に水をかけ、いつもは、たぶん4日ごとくらいに、霧吹きで水をかけています。ハイポネックスの活力剤スプレーもたまにかけてみたりして可愛がっています。





posted by nori at 21:41 | TrackBack(0) | 室内の植物

2013年09月19日

ラベンダーセージ


010.JPG


秋の気配と共に、セージの色がきれいに出てきています。
これはラベンダーセージというのかな?自由に、元気に、大きく育ってきてくれて気に入っています。
大きく長い穂が美しいです。



Ikuyoちゃん、お誕生日おめでとう。





posted by nori at 22:18 | TrackBack(0) | 草花