2013年09月11日

キュウリカウント最終回



002.JPG

46本目。(9月5日)
なんと、まさか・・・やはり・・・・これが最後の収穫となってしまいました。
(ちなみにミニトマトもこれで終わり。ブランド苗は枯れてしまったりして、ミニトマトの生育は今一つでした。それからゴーヤも気が付いたら苗が立ち枯れていました。残念!)


キュウリは、下葉の部分から被害が広がって、新しく伸びてくる方はまだまだ元気だったので、復活してくれるかと期待しましたが、やはり病害虫が広がっていきました。できていたミニミニキュウリたちも、どんどん黄色くなってしまいました。
ハダニと、アブラムシからくるスス病と、やっぱり有名な「べと病」だったのかな。


来年またチャレンジしてみよう・・・欲張らないで、1本から30本収穫できたら充分。病害虫が進行してきたら、何かを撒くではなく、思い切って終わりにしちゃおうと思いました!あと、植えつけたのは6月末?7月?だったかな?来年はもっと早く買ってみようかな。


それから、6〜7節目までの脇芽はかき取ると聞きますが、私は特に取ろうと思わず、けれども、下の方の芽は枯れてしまって伸びてきませんでした。
全体的にキュウリが斜め上に伸びるように考えて、上まで行くと行く場所がなくなって自然に枝垂れてくるのでそれを下に向けて誘引していきました。

伸びたいようにグングン気持ちよく成長させてあげられたと思っています。(^^)
あと、ツルが出たら、できるだけ早くつかまらせてあげることを心がけました。(手を伸ばす子供を抱っこしてあげるような気がしました・・・へんな例えかな?)つるが絡まると、キュウリは安心して成長できるように見えました。


そうだ、トウモロコシも全然ダメでした。
トマトの後は、ピーマンとナスを植えました。(ナスはトマトと同じナス科だけれど、他にも信じられないくらい色んな種類が植えてある極小花壇だから、育つはずと信じてます・・・。) (植えたのはいつだったかな?8月のお盆過ぎてからでした。)

今にも枯れそうな売れ残りの苗だったけれど、とっても元気になってきました!




posted by nori at 08:56 | TrackBack(0) | 野菜

2013年09月10日

センニンソウ(虫の話)



010.JPG

今年は春真っ先に伸びた枝々がだめになってしまって、もう無理だなと思っていたら、再度、茂ってくれました。

茂ってきたら、やっぱり、カブラハバチによく似た、背中がオレンジで、黒い羽根のハバチが大発生して、残念な結果に・・・。(1度目に枯れたのもこのハバチのせいだったかな?忘れてしまいました!^^;)


このハバチは細い茎に卵を産みます。それで茎が茶色になるのです。それを見つけたら日々注意していたけれど、茶色い茎はたいてい花のところにあって、取り去りにくい。孵化するとすごい食欲で、蕾も花も葉もみーんな食べちゃう。日々のテデトールのおかげで何とか少しは咲いてくれている部分の写真です・・・。


ただ、この幼虫、びっくりするほどきれいなエメラルドグリーンで、柔らかい質感のかわいいイモムシです。
でも容赦なく株を枯らすのでキライなのですが・・・。


羽化したハバチたちが午前中にお見合いの空中ダンス・・・そこを軍手をはめてはたく私。。。成長したものです。(^^;
虫を殺すのはイヤ。でも育てている植物は枯らしたくないから、やっぱり私ははたきます!

ちょっと思い出したことが。。。




長男が、種から大事に育てているアボカド。
ここに茶色いシャクトリムシを発見した長男が私を呼びに来た。(私に取ってもらおうと思って)
さすが自分のアボカドをちゃんと可愛がっている証拠。私より先に見つけてる・・・。
で、取り去ってあげたのですが、私もこの作業が実は怖い。(ハバチと違ってガの幼虫は取った時に助けてーと言わんばかりに暴れるので。)

それで、だれかに見ていてもらいたいのです。で取ってあげる契約とともに長男にそこにいてもらう。だけどそのあとは見たくないよ。と言う。私もそのあとは見なくていいよと言う。(ここからは、コワイのではなくツライとこ。)
私はゴミ袋にポイポイすることもあるけれど、たいていは土の中にねじ伏せるようにします。

今までは、もっと無の境地で虫退治できないものかと思っていましたが、最近は、この、虫を殺すのがいやだな、こわいな、っていう感覚は、持っていていいんだと思うようになりました。
なんか、悪いことをしている気分になるけれど、それらすべてがその通りのことで、現実で、受け止めるだけのことと思いました・・・。


長男はどんな虫でも触れたのに、今は、私が殺すような虫は触れない。 私が害虫としないセミや昆虫は相変わらず好きみたい。なんかちょっと責任を感じる。。。




まだ虫が好きだったころ・・・(注意:虫との画像です)
posted by nori at 08:46 | TrackBack(0) | 草花

2013年09月08日

チョコレートケーキ


002.JPG

久しぶりにチョコレートケーキ作りました。
オーブンに入れっぱなしにしていて、焦げてるかも!と見に行ったら、まだ全然焼けていないのに火が止まっていたのです・・・。せっかくの泡立てた卵白がだいなし。。。なんか気持ち失敗っぽく見える焼き上がり。。。




003.JPG

表面にクラック(ひび)が入るのがおいしいチョコレートケーキのしるし、と本に書いてありました。
えっと・・これは切ってる時にできたヒビ・・・。(^^;


006.JPG

でもおいしくできてました。
待ちきれない子どもたちは、もう一本一緒に焼いた小さい型のを当日に食べていました。
まずいよ、と言ってだしたけど、おいしいよ、と言ってくれました。でもやっぱり翌日の方がおいしい!と言っていました。

私は当日のチョコケーキは食べません!(^^)翌日以降がやっぱりおいしい。





posted by nori at 07:49 | TrackBack(0) | 食べ物

2013年09月07日

ほおずきの着物


ほおずきが売っていました。(実だけ)
買ってきたけれど、すぐ作れなくて・・・。

やっと作りました。
広告で作りました。
ほおずきの皮?カラ?が、体のふくらみのように思えます。
作っていて楽しかったです。


018.JPG





019.JPG





024.JPG







posted by nori at 18:27 | TrackBack(0) | 折り紙

2013年09月04日

イチジクジャム



002.JPG

下で作ったイチジクジャム。
朝食にパンに載せて食べました。

マスカルポーネと一緒に食べました。
色ももっと茶色になるのかと思っていたら、きれいな赤でした。砂糖をほとんど加えていないので(忘れて)、けがの巧名(汗)・・・私はとってもおいしかったです。

子どもたちは「イチジク狩り」は最高に楽しかったみたいだけれど、「イチジク」にはあまり興味が無いみたい・・・。



posted by nori at 11:41 | TrackBack(0) | 食べ物

キュウリ・・・


003.JPG


017.JPG
42本目


42本、まだまだちびちゃんキュウリもたくさん実ってます。

しかしながら、ここまできて、テンション下がってきました。すごい量のアブラムシ・・・・。
アブラムシ、いつも全然気にならないのです。アブラムシのせいで薔薇が枯れたことはないので・・・。

ところがキュウリにいるこの子たちは薔薇に来る子よりもっと小さくて黄色くて、ハダニも発生しているからかな?
アブラムシとハダニで葉が枯れる、というイメージ。(病気も混ざっているかもしれませんが。)


とりあえず、ひどい葉は切り取る、ローズディフェンスを撒く・・・で、少しは良くなった感もありますが、被害が少ない方の葉にはこんどはハモグリバエ。もう少し、キュウリの底力を信じてやってみますが・・・。



001.JPG


016.JPG

見た目まずそうなキュウリと短いキュウリ。45本目。



アブラムシの特にひどかった葉の近くのキュウリたち3本は、
成長が止まり、へんな形になってしまいました。これは泣く泣く捨てました。


ただ、ふれこみの通り、ウドンコ病には苦しんでいないです。夏涼み、そこはすごい。


載せるのをためらうきたない写真ですが、キュウリの生育に興味のある方に向け・・・そんな被害に遭っているキュウリの状況を一部、追記に載せますので興味のある方だけ、枯れ姿をご覧ください・・・。



追記・・・育たなくなったキュウリ
posted by nori at 11:30 | TrackBack(0) | 野菜