2014年10月30日

西洋朝顔(10月も終わりなのに)


001.JPG






009.JPG






010.JPG



青と赤のミックス植えの朝顔の苗、8月の末の値下げ品を買ってきて、小さいプランターの端っこに植えていました。


青い朝顔は大好きだけれど、秋口に咲くのはいただけないと、わかっていたのに破格値に押されて買ってしまったのでした。
赤い朝顔を楽しみにしていたのに咲いたのは青い方だけ。
タグを見てみたら、赤はスカーレットオハラで青はヘブンリーブルーでした。このままいくと11月いっぱいは咲きそうな感じ・・・。寒々しいけれど、蕾をたくさんつけてくれていて、切るなんて考えられない!





posted by nori at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2014年10月29日

返り咲くピース



peace0.jpg





peace1.jpg

一季咲きのピースが返り咲いています。年々数が、少しずつ増えているみたい。小さな花を切ってくると、だんだん大きく開いてきて色も柔らかくなっていくさまがとてもきれい。



そういえば、手首の骨折、すっかり治りました。ご心配おかけしました。パートも再開しています。(^^)



posted by nori at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇

お米のその後




001.JPG

10日ほど、台所の窓の外側にひっかけて乾かしました。






002.JPG

脱穀しました。
でも、量がすごーく少なかったので指先で外すように取っただけ。「脱穀」ってすごいことやったなーという響きがありますが、なんというか、セコイ脱穀、でした。


それから、大きいすり鉢に入れて、麺棒で静かに混ぜました。それで、殻が取れました。
ただ、この時、強くやりすぎると米が割れてしまうため、最初は、殻が外れたお米を見つけてはつまみ取る、という作業をしました。


ただそれだとすっごーーく時間がかかるので、最後は殻を口で吹き飛ばしました。
この殻を外す作業に、4時間もかけてしまいました。びっくり。(^^;





最後は白米にする作業です。
ビンに入れて突くと、米ぬかが落ちるようですが、マグカップでやったせいか、目に見えて進歩がありません。玄米でも美味しいかも、と思ったので、早々に辞めてしまいました。それでこんな状態です。

002.JPG






003.JPG

育てていたのは2バケツ分のお米なのですが、1/4カップしかありません。
お母さん、吹き飛ばしちゃったんじゃないの?と子供たちに言われました。真相は不明です。





006.JPG







008.JPG
完成〜!

市販の白米に混ぜて一緒に炊いちゃいました。水に浸してから、普通に炊きました。全然おいしそうに見えないのですが、(^^; ものすっごーーく美味しかったです!

「ほら、この茶色いのがウチノオコメ。」って、何回も言っちゃった。


雀にも虫にも、病気にもやられず、思う存分楽しめました!(^^)





posted by nori at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜

2014年10月07日

収穫



003.JPG

友達に教えてもらったサイトに応募して、3月?4月だったかな?種もみを無料で頂いて蒔いていました。
もしかしたらちょっとまだ青いのかな?大丈夫かな? 今日、収穫しました。

2バケツ分ですがこれで全部です。
今、干しています。
今後が楽しみです。



posted by nori at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜

2014年10月05日

ムラサキシキブ




005.JPG


病院の近くの公園で、ムラサキシキブがとてもきれいでした。
近寄って見たら、グラデーションがまたとてもきれいでした。





003.JPG



002.JPG


あたり一面、カレープラントの香り・・・前にも貼ってしまいましたが。ローズマリーは、ぐあーっとあると癒されるなぁ・・・。






posted by nori at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2014年10月03日

紅ちどり



009.JPG

もう10月に入りましたが、またポツン、咲いてくれました。







posted by nori at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

キミノバンジロウ


ずいぶん前に応募していた資格試験があり、痛い手首を抱えて行ってきました。


事前に1時間の講習がありました。資料の写真にテリハバンジロウが載っていました。堅そうな皮は青茶色でマズそう・・・。と思っていたら、これはストロベリーグァバであると聞いて驚きました。


そして講師の方がご自宅で採ってきたという「キミノバンジロウ」。
スーパーの袋に無造作に入れられたそれを覗き込むと、甘酸っぱいイ〜イにおい!


「欲しい人がいたらあげますから。」「誰もいないみたいですね。」とおっしゃるので思わず挙手!
周りを見るとだれも手を挙げてないので頂いてきました。
あんないいにおいを嗅いだら、私はどーしても1個食べたくなるけれど、そう思わない人もいるんですね・・・。


持ち帰ってみると少しつぶれてしまっているのもありました。完熟を採ってきてくれたのだなと思いました。中には未熟な種がたくさん入っています。

ピンポン玉くらいの大きさで、ヘタの部分を見るとビワを思い出します。実は張りがあって少し堅そうに見えるけれど、齧ってみると皮は薄くてそのまま違和感なく食べられて、甘酸っぱくておいしい!なんとなく南国の香り!



kiminobannjirou.JPG



種の食感も少し楽しんで食べられる感じ。でもちょっと固いかな。
この実を欲しいと言わなかった人たちのように、次男も三男も食べませんでした。

この残った実は、少しですがジャムにしました。レモンが無かったのが残念。丸のまま切りもせず、砂糖と一緒に鍋に投入。皮も実もやわらかくほぐれて、とってもおいしくできました。
このジャムは、ハーゲンダッツのバニラにかけて食べようと大事に冷蔵庫にしまってあります。



ierosutoroberiguaba.JPG


とてもうれしくたのしいできごとでした。フトモモ科の植物。バンジロウは伴次郎とかって人名じゃなくて蕃石榴からきているようです。石榴はザクロのこと。ってことも知ることができました。






posted by nori at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物