2016年05月04日

無農薬のバラを室内に飾れるわけ

うちの薔薇は、今は全く、殺虫剤&殺菌剤、自然農薬などを使っていません。だから、葉蜂の食害後もたくさん、アブラムシもあちこちにすごい量ついています。

けれど、庭から切ってくる薔薇や、パンジービオラなどの草花には虫はついていません。


なぜかな??


アブラムシは蕾が大好きみたいです。
蕾や新芽にはびっしりついています。
そして花が咲くころには居なくなっています。別の新芽には、ついています。そしてテントウムシやヒラタアブの幼虫も一緒にたくさんついています。


絶対ついていないとは言い切れないかもしれないけれど。

このいい加減さがそう思わせているだけかな??







下に、一匹の丸々太ったナミテントウの幼虫の写真載せます。
お見苦しい写真ですが・・・。
風で葉も傷んでいますが・・・。



20160503_073728.jpg

この写真、よく見ると回りはアブラムシのカスしかなく、アブラムシが一匹もいないみたい!?
アブラムシの甘露でベタベタと、汚らしい蕾ですが、雨風で洗われてこれからきれいになると思います。
そして美しく咲いた頃には虫はいないのです。
と、、、思っています。。。






posted by nori at 07:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇

白木香薔薇の湯上げ

前回、切ってきて室内で飾っていた(贅沢感を味わっていた)白木香薔薇は、枝を割って水切りしたのですが、水が上がってこなくなってしまいました。(><)


昨日も、伸びすぎた枝を切ってきたので、今度は湯上げに挑戦してみました。


まず、水とお湯の2つを用意します。
 @たっぷりの水を入れたバケツ(大きめの花瓶)を用意しておきます。
 A70〜80度くらいのお湯をバケツ(花瓶)に、5〜10cmくらい用意しておきます。

枝の下の方の葉は、お湯につけるので落としておきます。
葉裏に霧を吹きます。

 B新聞紙を2枚用意しておきます。
  水が上がるように願いを込めてややキツめに、2枚重ねの新聞紙で巻きます。(重要)

枝の下を十文字にハサミで割ります。

用意したお湯に約30秒つけます。(切り口から気泡が上がってきたらいい感じ。)
その後、すばやく、用意したたっぷりの水につけます。

暗い場所で約1時間前後放置します。




水揚げ・湯上げは、私は本多るみさんのサイトを参考にしています。(今回、上はちょっと違うかもですが^^;)
この方の説明はわかりやすく、特に水揚げはおすすめです。この方法だとしゃっきり上がります。





20160503_154338.jpg

今回はちゃんと上がりました。(^^)
再び、密かに贅沢感を味わいます。(^^)







posted by nori at 06:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇

タイムの花一輪




20160503_073802.jpg

タイムの花、一輪だけ見つけました。
ベルフラワーは小さな蕾をたくさんつけています。

はびこりすぎて、スパルタ教育中のミントクリスプにも
小さな蕾があちこちに見えてきました。







posted by nori at 05:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花