2017年04月06日

ショートケーキ



栗原はるみさんの、ヨーグルトを使うチーズケーキを久しぶりに作ってみたくなり、下に敷くスポンジを焼くことにしました。
チーズケーキの底の薄いケーキ、いつも作るロールケーキの半分くらいの厚みがあれば十分。いつも卵6個で作っているので卵3個分・・・。と頭で思い描きながら、卵10個分でケーキを作りました!(^^)(^^;(^^;;




卵10個と言っても、一つではなく、3つ分焼きました。
四角い大きな型に薄く、と、丸いケーキ型1個、小さなパウンド型で1個、合わせて3つ分です。一度に焼きました。焼けた順に取り出しては洋酒をしみこませてラップしていきます。小さなパウンド型は粗熱が取れたら冷凍しちゃいました。今度解凍してチョコレートクリームで飾ってチョコレートケーキにしてみるつもり。




角型の薄いスポンジを、栗原はるみさんのチーズケーキに使います。
もうかれこれ15年くらい前になる?何度か作っていたはずだけど、なんだかあまり思い出せない・・・。本に書いてある、ゼラチンを2倍にした少し固めのレシピで作ることに。

クリームチーズとヨーグルトと卵黄をゼラチンで固めたような焼かないレアチーズケーキ。
このレシピも2倍の量で作りました。ただ今冷やし固め中。また後日ご報告します。





丸いケーキ型、毎度のことながら難もありますが、わが家的にはいい感じに焼けました。



4-6-ショートケーキ1.jpg

焼き立てに洋酒を塗って、ラップを被せて型のまま放置しました。
冷めてから紙を外して、塗れなかったケーキの裏や横、切り口も洋酒を塗りました。洋酒はブランデーとグランマニエを混ぜたもの。





4-6-ショートケーキ2.jpg

中沢の35の生クリーム。デローンと八分立てにしか立たないけれど、ケーキの下塗りにはちょうどいい。
間にも35クリームを塗り、薄切りイチゴを並べました。





4-6-ショートケーキ3.jpg

中沢の45で飾り絞りしました。生クリームの色は、35は白く、45はクリーム色。全く違うものだな〜とつくづく。45の方がおいしいはず。でも35と合わせた方がくどすぎなくていいかも。でも45のクリームも、残念ながら前とは違うものになってると思う。前の方がおいしかった気がします。混ぜた時の感触も全然違う感じがする。



いつも泡立てすぎかな。ポソポソの見た目になってまう。「家庭用」という甘えで、一向に上手なっていない。イチゴの並べ方は偶然カワイクできた。(^^; あとは、仕上げのゼラチンが面倒で、自家製ミックスベリージャムを気持ち刷毛で塗りました。







只今、パートですが転職活動中で、束の間の休日を味わっています。

家で家事や園芸、手芸、趣味もろもろ・・・がたっぷりできることはとっても幸せなこと。でもまた、社会に出てお金を頂ける仕事ができることもとてもありがたい喜びだと思っています。自分ができるうちにできることを感謝してやっていきたいです。


posted by nori at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物