2017年05月22日

ピエール・ド・ロンサール2






5-19pie-rru2.jpg

ピエールを一輪だけ切ってきました。斑入りニチニチソウと。







5-21pie-ru.jpg

翌日。少し柔らかい色になってきました。









posted by nori at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇

ピエール・ド・ロンサール





5-19pierru6.jpg

今年はピエールがかなり復活してくれました。もう5年〜10年近く、不調が続いていたのでした。原因は、道路にはみ出ないように、時期も考えずにバサバサ切ってしまったせいのような気もしますが、よくわかりません。切り口から病気、とも考えられるかな?それなので、しばらくハサミを入れないで、放置していました。でも、隣のバタースコッチがカミキリムシにやられて完全に枯れてしまっているので、これからも油断はできません。




ピエールドロンサールは、白色の部分がじつに心惹かれる色合いの薔薇です。黄緑色をわずかにさした白は、純白ではなく、ダイアナのドレスのような品を感じてしまいます。実際色味は違うかもですが。

ピンク色が花びらのふちにのってきて、やがてそのピンクが花びら全体に染み渡ると、やわらかな、やさしいピンクに変わります。渦を巻いてゴージャス感たっぷりだった花びらは、柔らかく平たく広がり、子犬の顔のようにやさしい感じ(勝手な解釈。。。)になり、顔を押し付けて香りをかぎたくなります。




5-19pierru5.jpg







5-19pierru4.jpg

ただ、私は、この薔薇は日当たりがあまりよくない方が、ピンク色がやわらかく出て、外側の緑をさした白が美しいような気がしています。南側ではない方が美しいのではないかと密かに思っています。







posted by nori at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇

グリーンを吊るして楽しむ



普通のポトスは今、吊り下げて楽しんでいます。吊り下げると目の高さが変わって、緑のない位置に緑を持ってこれるのでうれしい。

吊り下げる鉢が、お安くて気に入るのがあまりなかったので、ただの麻紐で適当に吊り下げてみたら、これだけでもいい感じ。底に紐をクロスして渡して、何カ所かを止めただけで、想像したより安定しました。セコイ感じかもしれないけど、私的には十分でした。



turigreen.jpg

斑の入り方が気に入っているアイビーと下がエンジョイ。
2つとも100均の器で水抜き穴はない。穴がない時は、底に中粒〜大粒の赤玉を鉢底石の代わりに入れたり、乾きやすい腐葉土を気持ち多めに入れたりしている。水やりは、土の表面が十分に乾いてから水差しで入れるだけなので、回数もとても少なくて、管理が楽です。葉がほこりっぽくなったら外して全体に水をかけ、水もあふれるほどたっぷり入れてから鉢を傾けて、たまった水を捨ててからまた飾る、という感じです。










posted by nori at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物