2017年09月25日

バオバブの実


観葉植物への興味から始まって、南国植物や樹木にも関心が向いてきた矢先、職場の人でマダカスカルに出かけた人がいて。
話を聞いていたら、バオバブに行きつき、な、なんと、実を頂くことができた!!!びっくり!


baobabu2.jpg

このような毛?にびっしりと覆われていて柔らかい。
何か小動物のような気もしてしまう。
触ると軽く、殻に覆われているような固さがあるが、表面の毛は柔らかく、何ともカワイイ感じがする。



baobabu3.jpg


思わず頬ずりしたくなる感じである。
ネットで調べていたら、中には種が・・・白い、ラムネのようなものが周りについた種がびっしり入っているようだ。
そして味は、甘みと酸味があるとのこと。


食べてみたい、中が見てみたい気持ちもあるが、このかわいい子をすぐ割る気になれなかった。










とはいえ、ネットでは、中身が茶色くなってしまっている写真も見た。
それでまだ2日しか経っていないが、割ってみる決意をした。







まな板と包丁を出すが、なんかイヤな感じ。
とりあえず果物と同じ感覚で、水で洗ってみる、、、と、濡れた小動物のようである・・・。思わずキッチンペーパーで拭いたりして・・・。

包丁を当ててみると切れる気配はない。



包丁の角を当ててみると食い込んだ。が、切れない。





なんだかまたイヤな気持ちになる。
植物的な感じがしてこない。。。





バオバブの実は、紐のように長い柄の先に果実がつき、ぶら下がっているように見える。
それでか、別名「死んだネズミの木」とも言われているらしい。
果実の先のとがったところが動物の鼻先のようにも見えてくる。。。




ここで気を取り直して、包丁を入れたところを左右にひねって、木目を割るようなイメージで刃を動かしていったら、だんだん裂けるように割れて行った。ここで私の認識も植物となった。。。





baobabu1-2.jpg

割れました!



ぬぬ!残念ながら茶色くなっている!
聞いた話ではモヤモヤした梱包材とも思える繊維の中に白い実が入っているとのことだった。
しかしそのモヤモヤも全くない。

実の部分は柔らかいコルクというか、少し固さのある綿(ワタ)というか・・・。とりあえず出してみよう!




baobabu1-3.jpg

綿のようなものの付いた種らしきものが、気持ちよくポロポロと外れてくる。


種の入っていないワタワタもある。種が入っていない方が食べやすいのだろうが、なんとなく、種の入っている方が食べたいと思う。それでワタワタは味見程度にして種の方はとっておいて、毎日少しずつ食べてみることにする。




baobabu1-4.jpg

味は、種の入っていないワタワタも、種付きワタワタも同じ味であった。
甘みはわずかにあるのかな?ほとんど感じなかった。穏やかな酸味がある。


何だろう?独特の匂いがある気がする。ただ酸味の香りかな?味は、おいしいとは言えないが、口に入れると綿が溶けるような感じがあり、もう一つ食べてみようという気になる。






綿のような舌触りが消えると、種の周りに少し薄皮が残るような感じがある。出してみると、確かに、銀杏でいえばあの茶色い2色の薄皮のような存在なのか、ちょっと違うが、どうやら種を包む薄皮のような、やや黄緑がかって見える膜のようなものがある。ここは食べようと思えば食べられそうだが、口の中でその部分を種からはがすには時間がかかりそうな感じなので途中であきらめた。


それをこそげるようにして水で洗い流すと黒い種が出てきた。
気を付けてよく見てみると、黒い部分は栗の渋皮煮を作る過程を思い出すような・・・手でこそげることができた。爪で洗い流すようにすると、きれいな茶色い種が出てきた。



baobabu1-6.jpg






発芽には、ぬるま湯に一晩漬けるというサイトも見たが、とりあえず水にボトンと漬けてみた。
発芽させられたらうれしいなぁ!!発芽は梅雨時がおすすめのようだ。ダメでもともとでやってみます。






baobabu1-5.jpg

さてさて、これは更に乾燥が進んでいくのかしら?いつまで食べられるかな??(というか、私もいつまで食べようという気持ちが持続するか・・・^^;)

そしてそんなにおいしくなくても食べようと思うもう一つの理由、この実(み)は美容と健康にとってもいいそうです!ビタミンcがとっても豊富で、カルシウム・鉄・カリウム・食物繊維などもとても多くを含んでいるそうです。

スーパーフードとして注目を集めているようで、種の周りの部分を粉末状にしたものは、ヨーグルトやドリンクに混ぜたりするといいそうです。製菓材料店にも粉末が売っているようでした。


また変化があったらご報告します!








posted by nori at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物

2017年09月21日

ブルーベリーヨーグルトアイス



yo-gurutoaisu9-21.jpg


↓で摘んできたブルーベリー。
もちろんブルーベリーアイスも作りましたが、今回は長男がフローズンヨーグルトバージョンを作ってくれました。



作ったブルーベリージャムと冷凍ブルーべリーが入ってます。
濃い紫色でとってもきれい。口の中でサッと溶けて、とっても美味しい!



まだ開園しているかもしれないからできればすぐにでも、もう一回行きたいなぁ。→ 加藤ブルーベリー園



posted by nori at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2017年09月17日

ブルーベリー狩り


夏休みの話ですが、ブルーベリー狩りに行ってきました。
ネットで調べて、加藤ブルーベリー園栽培風景に惹かれて出かけてきました。

期待を裏切らない大きなブルーベリーの木が自由に茂って、た〜くさんの実をたわわ〜につけていました。園の方もとても感じの良い方たちでした。カメラを忘れて(^^;しまって残念!

摘み取ったブルーベリーを買取ります。 冷凍もできるからたくさん採ってね!と家族に頼んで、みんなでいっぱい採りました。とても楽しかった!



そして、白いトウモロコシやスイカなどもとても立派でおいしくてお値打ちで売られていたのでホクホク気分でした。
またいつか、必ず行くつもりです!(^^)



摘み取ったブルーベリー、1kgはジャムにしました。ブルーベリー1kgに砂糖1kg入れちゃった!
なのでなんだシロップ感が強い仕上がりだったので、途中で液体をシロップとして保存、残りの果実部分をジャムとして保存しました。ジャムはプレーンヨーグルトに入れるととーーってもおいしい!

シロップは炭酸で割ったり、かき氷にかけたり、お酢を加えてサワードリンク風にしたりして、たくさんあったのが、みるみるなくなってしまいました。


フレッシュなブルーベリーはタルトにしました。これも2台分作りました。(^^)



残ったブルーベリーはそのまま冷凍して、何度もマフィンを作りました。すごいシアワセ。



写真がこんなのしか撮っていなくて・・・。

IMG_20170816_063328.jpg






IMG_20170816_064207.jpg







posted by nori at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2017年09月14日

フルーツケーキ



今朝はいつもより早起きが出来て、時間が余りました。

ドライフルーツの洋酒漬けがずっと冷蔵庫の片隅にあって気になっていました。…いつか作ろうと思っていたパウンドケーキを今作っちゃいます。



お菓子の本を引っ張り出して、パウンドケーキの作り方を探すけれど、卵白と別立てのレシピばかりで面倒くさい。
何冊か探したけれど、みんな別立てのレシピばっかりなので、あきらめて、言うとおりに、卵白を泡立てました。




電動ミキサーを使いました。小さな気泡の泡が、やがて見えないほどの小さな粒になり、卵白に何とも言えない美しい艶が出てきて、色もきれいな真っ白になります。

数秒レンジでチンしながら室温にもどしたバターを、メレンゲがちょっぴり付いたままの電動ミキサーで泡立てます。砂糖・卵黄を加えてさらに泡立てます。

すると、その滑らかなクリーム状になったバターがとてもふんわりと、美しく見えてきました。




レモンの皮やレモン汁、洋酒漬けドライフルーツと粉、卵白を少しずつさっくり混ぜていき、焼きました。




きつね色にこんがり焼けたアツアツに洋酒をたーっぷりしみこませていきます。とたんに丸い顔になったように見えました。
粗熱を取ったらタッパーに入れて。





9-14paund1.jpg





気が向いたらまた何度か洋酒を刷毛で塗ります。
2回目を塗った頃、おやつの時間になっていました。




9-14paund1.jpg

早起きして作ってよかった♪









posted by nori at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2017年09月12日

ウンベラータ




9-12inbe2.jpg





フィカス・ウンベラータ。
柔らかい、ハート型の大きな葉が特徴。傷がつくとそこからボンドのような樹液が滴る。原生地はアフリカ。

買ってからもう3年くらい経つのかな?
初めて取り木に挑戦したら失敗した。でも切って水に入れておくだけで発根した。(汗)

葉に霧吹きするのが大好きなんだと思う。ほこりが付くようだったらお風呂場か外に出してシャワーを全体にかけるととても生き生きとしてくる。



ちょっと放っておいてしまったら、葉にほこりがついているし、何だか葉色は濃くなりすぎ、その割に葉が大きくならず、いかにも元気がない。

思い切って外に出してみた。日陰になるところを選んで。今年の夏は雨が多くて余計にこの子にとっては良かったのだろう。ふと見るととっても元気に復活している!

私自身のやる気が湧いてこないことも多いから、寒くなる前に(かなり気が早いけど)新しい土に変えて室内に持ってきた。




9-12unbe1.jpg

なんて美しくかわいらしいこと!








9-12remonyu-kari.jpg

おまけは昨日話したレモンユーカリ。
大きくなると葉はつやつやしてくる。若い子は毛がざらざらついている感じ。若い葉の方が香りが良い。けれどどんどん大きく育って花を見せてほしい。きれいでないことは想像つくけれど、変化を見たいのです。

こうやって生けていて香るわけではないけれど、ここまでの過程で、香りに癒されるのです。







posted by nori at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物

2017年09月11日

秋風



外はまだギラギラした日差し。
でもセミの鳴き声もなくなっている。

汚れたカーテンを洗ったら、窓の外に大きく育ったレモンユーカリが、狭い狭〜い私の庭の、小さな窓に、雄壮に映りました。



9-11pirea.jpg


全く分かりにくい写真だけれど、窓の外、左側に見えている笹の葉のような形の葉がレモンユーカリ。どんな花が咲くのか見たくて、とっても楽しみにしていいます。(ちなみに右側の大きな緑はウチではありません。(^^;)


吊り籠の中は増やそうと考えているピレア。下はインドゴムノキ、と小さな鉢は4つともサンセベリアの小苗。










1503807244425.jpg

これはこの前お話したノリナ。
ずっと日陰に置いてしまっていた為かポニーテールの髪の毛が伸びすぎていて・・・これがたまらなくカワイイ!
よく見かける短い葉のものよりずっと素敵に思えます。











9-11taniku.jpg

台所の薄暗い出窓で、成長を見守っていたこの子達。横から見ていたのですが、掃除の為目の下に置いていたらカワイイ!つまり上から覗いて見る方がかわゆいことに気づいて、少し見下ろす位置に置き直しました。











カーテンが風でゆらゆら揺れています。

まだ息子が赤ちゃんだった頃、窓際に寝かせていたら、カーテンが風で大きく揺れました。

そして何度も、寝ている赤ちゃんを撫でるように繰り返し繰り返し、カーテンが行っては帰りをします。
そのたびに、息を吸い込みながら驚いた顔で、手足をばたつかせていたことを思い出しました。

当たり前に思っていた毎日が、どんどん新しい、違う毎日になっていくなぁと思いました。










9-11enjyoi.jpg

可愛いポトス、エンジョイ。




posted by nori at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物