2018年12月30日

月下美人



kujyakusabo.jpg


去年頂いた月下美人、春に外に出していましたが、夏は葉焼けするほどギラギラの直射日光下に置いてしまったり、冬の水やりも多すぎたのか、残念、花は咲いてくれませんでした。

育った鉢を、12月に室内に取り込みました。





花が咲かない分、よく成長してくれました。

ぐいーんと伸びた葉の一部が、鳥の頭の上にある羽根飾りのように見えるのです。





ごちゃごちゃした物が多い所でお恥ずかしいですが、ここに・・・

・・・クジャクのような鳥が羽を閉じて、優雅に歩いているのように・・・

・・・私は感じてしまうのです。(^^;







posted by nori at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物

クリスマスに飲んだワイン



pirosumani.jpg

そして、クリスマスに飲んだワインはこれ、ピロスマニです。







業務スーパーで見かけて、まるでテラコッタ鉢のような陶器のボトルにびっくり、そしてなんともいえぬこの木彫り風のおじ様。。。

買っておいて、飲むのを楽しみにしていました。







裏の原産国を見ると、「ジョージア」と書いてありました。



「何〜このワイン、原産国にジョージア州って書いてあるよ!?」と鼻で笑ったら、家族たちに

「それ、国だから!」

「ん? ジョージア州を国と間違えてるんじゃなくて?」



そして、ジョージアがグルジアだと教えてもらいました。





トルコの近くで、黒海に面し、黒海とカスピ海の間のあたりの場所だと知ることができました。(^^;;;無知って恥ずかしい。。。

相撲の栃ノ心が、グルジア出身で、しかもワインも作っているらしいことも、友人に聞きました。







このワイン、深い赤色、わずかにとろみを感じるような、見た目も味も、とっても濃厚なワイン。

深みのあるやや甘口。私は甘口ワインはあまり好きではありませんが、このワインは本当にとってもおいしかったです。「クレオパトラの涙」というのも頷けます。またお気に入りワインが一本増えました。






posted by nori at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

クリスマスケーキ



今年のクリスマスは、デパートでお高いステーキ肉を半分買い、近くのスーパーでお安いステーキ肉を半分買い、カットして大皿に載せて家族でいただきました。


ケーキはこんな感じ。




xmascake3.jpg

生クリームは中沢でした。
イチゴの上には寒天を塗りました。(塗った寒天は、通常の2倍量の固さにして、レモン汁と砂糖少し入れました。)


サンタとトナカイのメレンゲ菓子は、100均で売っていたものです。
ネコの舌の形のチョコレートは、業務スーパーで買ったポーランドのチョコ。


これ、中が(も)・・・ヒドイのです・・・。






xmascake1.jpg

間にはスライスイチゴもはさみ、スポンジもやわらかくできたのですが、中に塗ったシロップは、手作りのブルーベリーシロップでした。



これを塗ったら真っ黒に・・・(^^;;;

???ブルーベリージャムを作る時、レモンを入れないで作ったのかしら???

途中で慌ててレモン汁をかけてみたら、きれいな赤にかわりましたが、すでに遅し・・・。




家庭用で、気を抜きすぎでした。(^^;;;

これはヒドイな〜〜と思いながらカットしていましたが、我が家の男性陣は、この色は全く気にならないようで、誰からもダメ出しをもらわずにすみました。娘がいたらツッこまれているのではないかなと思いながら、パクパク食べました。







posted by nori at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

パン



pan3.jpg


リクエストされて、コストコで買ってきたプルコギ、あれれ、あまり人気がない。(^^;



消費すべく、パンにも入れてみました。

冷凍して保存、お弁当に持って行く時は、チンしてしまって、温かいうちにラップで包んで持って行きました。思いのほか焼き立て感があって、もっちりとっても美味しく食べられました。






pan2.jpg

一緒に作ったのはチーズパン、それから市販のバジルペースト入りの、バジルパン。

チーズは、冷めてから食べるなら溶けない普通のチーズの方がおいしい気がして、最近は普通のチーズを入れています。







SINAMON.JPG

いつも写真が美しくなくてゴメンナサイ・・・。

これは、1次発酵終わって丸めたものを、牛乳にダイブさせてからシナモンシュガーをたっぷり付けて、小さめのパウンド型に詰めて焼きました。

ちぎりパンみたいに食べられてなかなか良かったです。








posted by nori at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2018年12月28日

ドライの植物をたのしむ



dorai2.JPG



heureux の店内は、お花がたくさん、ドライもたくさん。

吊ってあるので、よけいたくさんになっているのだなぁ、と気づいて、ワイヤーの小さな籠を買ってきました。

中のドライもheureuxのもの。アナベルはきれいな緑色に乾いていて、オレンジ色のマユミ?実の色がとても冴えています。








dorai1.JPG

これは、ホワイトデーに夫にもらった花束の一部。このレースのような花、生の時も可愛かったけれど、ドライにしてもやっぱりカワイイ。







dorai3.JPG

こんなふうになってます。エレンダニカは株分けをしたばかり。2倍に増えました。(^^)


 

posted by nori at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物

2018年12月27日

鈴木麻起子さんの器



makikosan1.JPG



やっと、やっと、鈴木麻起子さんの器に会いに行ってきました。





はじめての出会いは、ピンタレストで、何となく、器を色々見ていた時でした。

そこで美しいターコイズカラーの繊細な器に一目惚れ。 更に検索をしていって、DM希望を見つけて送信していました。

そうしたら、なんともなんとも美しい文字の、素敵なハガキが送られてきました。





一度目は体調がいまいちで行けず、やっと行くことができました。

久〜しぶりの表参道。

今回の会場、Graphpaperは、少し入ったところなので、道もよくわからなかったので、あえてどなたにも声をかけず、一人で出かけてきました。グーグルで調べて行ったので、迷わず辿り着くことができました。




欲しい器は他にたくさんあったけれど、予算が少なかったのと、初めてだから、食卓に使いやすいものにしてみようと思い、少し大きな鉢・・・みかんやレモン、ぶどうなども似合いそう・・・サラダでもいいかな?→ → → シュトレン載せてみました。

makikosan2.JPG









あとはチョコやナッツ、チーズなど載せられそうな小皿、これは醤油皿にも使えそうな小さなお皿、を買ってきました。 → → → 手作り生チョコとナッツ、載せてみました。

makikosan-tyoko1.jpg







器を買ってから、近くの根津美術館に出かけたら、お休みの日でした・・・残念。

帰りがけ、リンツにイートインがあったので、おいしそうなケーキをセットで注文。セットは、珈琲・紅茶以外にチョコレートドリンクも選べました。私はココアはそれほど好きではないのですが、チョコレートドリンクは、だ〜い好き。一人で禁断のチョコレートケーキ&チョコレートドリンクをゆったりと堪能して帰りました。(^^)(^^)




1219rintu2.JPG










12-19rintu1.JPG


自分でトレーを持って、狭い階段を上ると、狭いイートインスペース。小さなファーストフード店といった感じです。ドリンクも紙コップなのですが、料金も高すぎないし、お客さんも静かな感じで、一人でも気兼ねなくゆっくりできて良かったです。お店の人も感じが良くきれいな若い女の方でした。

ケーキはフランボワーズの濃厚なチョコレートケーキ。とってもおいしかった!


しあわせな一日でした。







posted by nori at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2018年12月24日

シュトレンのラッピング





12-24-1.JPG

シュトレンのラッピング、最初すごく悩みましたが、方向が定まってきました。




ラッピングに使っているのは、A4のクリアバック(袋)です。 この袋の2辺をカットして、一枚のシートにして使っています。

なんでわざわざ袋を切るの?と思われるでしょうが、棒状に巻いてあるような、もっと大きい一枚ものだと、切るのが大変なのと、くるくる丸まって使い勝手が悪かったのです。





↓↓ほどいていく過程を貼ります。(^^;↓↓

12-24-2.JPG

キャンディーにしてから左右の耳は下に織り込んで、リボンを巻いて、そこを一度にセロテープしていました。
何個もセロテープを貼ると、はがすのが大変なので、セロテープは最小限になるようにと思いました。

上部は切れていますが2回織り込んでいるのでセロテープしません。

キャンディーにする長さがない時は、真横でセロテープしたものもありました。それでもよさそう。(キャンディーは難しいので。)





12-24-3.JPG

この包み方だと、切る時が楽なのです。

クリアバック(袋)に入れる方が、ラッピングも楽できれいだけれど、切る時に粉糖が飛び散るので、私はコレに落ち着きました・・・。









12-24-4.JPG

食べきれそうな分だけカットしてタッパーに。残りはクリアシートでぴっちり包んでまた食べる時に切ります。









posted by nori at 15:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

3回目のシュトレン






今年で3回目になるシュトレン。 作る前はいつも緊張します。





私が参考にしている馬嶋屋菓子道具店さんのレシピ、イーストは耐糖性イーストだけれど、やはり発酵にはかなり時間がかかる。
今年は1時間やっても充分膨らまず、さらに発酵を続けたけれど、まだまだもう少し。けれども時間がかかりすぎている感じがして、ダメになってしまいそうと思い、作業を進めてしまった。




まだまだ失敗とは言えなかったけれど、2次発酵では生地が割れてくるものがあった。そして2次発酵も100点の膨らみとは言えず・・・




更にきれいな色に焼こうとこだわりすぎて、そしたら天板から取るとなんと底が焦げているものが・・・。がっくし・・・。




半分くらいはなんとかなりそうだけれど、半分は我が家用にしかならないものになってしまった。












少し写真撮っていたので貼ります。

syuto1.JPG

こねあがりの生地と自画自賛のフルーツ。







syuto2.JPG

フルーツ混ぜ込みました。










syuto3.JPG

これから1次発酵します。


・・・この後は必死で、写真撮るのさえ忘れていました。












12-24-5.JPG

自分では、まあおいしくて、いけるかな?と思ったけれど・・・去年と違うと正直に言ってくれた方もいたので、郵送までして差し上げるのは断念。。。来年また頑張ります。








posted by nori at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2018年12月23日

クリスマススワッグ



swag1.jpg


クリスマスリース、今年はスワッグにしました。

地元の農家さんのお花のコーナーで、太い枝のグリーンと、ピンクッションを買ってきました。お花屋さんよりだいぶ安かったです。さらに破格値のピンクの千日紅も。




ベースは、秋に収穫していたレモンユーカリです。




12/23、玄関ドアに掛けたこのスワッグ、乾いてきてしぼんできてしまったので、すでに乾燥済みで飾っていた、リューカデンドロン・プルモーサスと、花穂が細長いミモザ、黒い実(たぶんビバーナム)などを足しました。




swag3.jpg



また玄関に掛けてきました。









レモンユーカリと千日紅の残りは、これまた更に野暮ったく、束ねただけだけれども、とても大事に干しています。



swag2.jpg

本当は、あちこちに吊るしてあるドライの植物をみ〜んなまとめて、リースかスワッグにしようと思っていました。


けれどもなんだか、その場所にそのドライの植物がなくなってしまうことを考えると、やっぱり同じようにそこに居てほしくなってしまったのです。
そう思うことが、なんだか不思議でした。


スワッグをカサ増しするのに足したドライの子も、勇気をもってその場所からそのスワッグに入ってもらったのです。








posted by nori at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2018年12月22日

シュトレンの中に入れるフルーツ



syuto1.jpg

シュトレンの中身のフルーツ、去年までは、ウメハラのミックスフルーツをメインに使っていました。このフルーツ、とても美味しいのです。


今年は、立派なイチジクやプルーン、巨峰のレーズンがあったし、みかん、メローゴールド、レモンのピールも揃っていたので、自分で作ることに。






最初は洋酒漬けのつもりでした。


しかしまず、洋酒漬けだったらもっと寝かせたかったのと、気に入っているウメハラのフルーツは、ふんだんな洋酒の香りはあるけれど、「砂糖漬け」だったのです。このウメハラのフルーツは、少し味見をしてみると、それだけでもとっても美味しいのです。


それで、砂糖漬けに挑戦!




syuto2.jpg

プルーンとレーズンは熱湯をかけて下処理しました。
ひたひたにグランマニエとコアントローを、贅〜沢に使い、大鍋に投入しました。まだ洋酒に漬かっていないドライのフルーツだったので、もう少しかぶるくらいの水と大匙4杯くらいの砂糖を入れました。鍋の大きさ・・・ドライフルーツの量からすると、気持ち程度のすごく少ない砂糖だと思います。





なるべく弱火で煮詰めていきました。

すごーく時間がかかりました。




syuto3.jpg







syuto4.jpg







syuto5.jpg

完成です!苦労のかいあって、めちゃめちゃ美味しい砂糖漬けができました。

どーなってしまうのか、とっても不安だったけれども、自分でも思わずうなっちゃう美味しさ!



今回使わない分は殺菌した瓶に詰めて念のため冷蔵庫で保存。フルーツケーキにも使おうと思います。楽しみ!










これを作る前に、ずいぶん寝かしていた洋酒漬けがあったので、練習?テスト?のつもりでも砂糖漬けを作っていました。


syuto6.jpg








syuto7.jpg

できあがり。これがうまくいったので、上の本番に踏み切ったのでした。どちらもとてもおいしい。上のはプルーンやイチジクも入っているのでその分おいしいかな?






シュトレンは今年はなぜか一次発酵に今までより時間がかかり、あまりに時間がかかりすぎて、完全な発酵の少し前でやめてしまったようにも思います。そこが一つのミスで、あとは焼き色に気を付けて良く焼いていたら、底が焼きすぎになってしまったのもあり、2つのミスがあったので、少し残念な結果に・・・。






それで焦っていて、発酵や焼き途中の写真は撮り忘れてしまいました。職場の人や近くの大事な友人にお裾分けさせていただきましたが、家族用な出来になってしまっていたかもと反省。。。





切ったところも写真撮って、また後日、アップしたいと思います。









posted by nori at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物