2018年12月23日

クリスマススワッグ



swag1.jpg


クリスマスリース、今年はスワッグにしました。

地元の農家さんのお花のコーナーで、太い枝のグリーンと、ピンクッションを買ってきました。お花屋さんよりだいぶ安かったです。さらに破格値のピンクの千日紅も。




ベースは、秋に収穫していたレモンユーカリです。




12/23、玄関ドアに掛けたこのスワッグ、乾いてきてしぼんできてしまったので、すでに乾燥済みで飾っていた、リューカデンドロン・プルモーサスと、花穂が細長いミモザ、黒い実(たぶんビバーナム)などを足しました。




swag3.jpg



また玄関に掛けてきました。









レモンユーカリと千日紅の残りは、これまた更に野暮ったく、束ねただけだけれども、とても大事に干しています。



swag2.jpg

本当は、あちこちに吊るしてあるドライの植物をみ〜んなまとめて、リースかスワッグにしようと思っていました。


けれどもなんだか、その場所にそのドライの植物がなくなってしまうことを考えると、やっぱり同じようにそこに居てほしくなってしまったのです。
そう思うことが、なんだか不思議でした。


スワッグをカサ増しするのに足したドライの子も、勇気をもってその場所からそのスワッグに入ってもらったのです。








posted by nori at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花