2019年06月22日

失敗するって楽しい。完璧なものを作るよりも楽しい。


使わなければならない食材を思いながら、何を作ろうか考えて、ふと目に留まった「レモンメレンゲパイ」。
結婚したくらいの時から、夫が、これ食べたいと言っていたのですが、私は当時は全く食べたくなくて、この白いクリームは生クリームじゃなくてメレンゲなんだよ?などと返事をしてスルーしてしまっていました。




読んでみると、卵黄にレモンを入れてゼラチンで固めたものの上に、メレンゲを載せたようなケーキでした。(ホント!?テキトーすぎる説明だな。^^;)

メレンゲにはホイップを混ぜてあります。しかし、この、生クリームを泡立てたものを加えると、加えたそばからメレンゲがだれてしまった・・・。これじゃあ液体、といったドロドロさ。それで仕方なくこれにもゼラチン少し加えて固めました。

パイ生地は面倒だったので、リッツを砕いて溶かしバターと混ぜたものを台にしました。この台は冷やしただけで焼かずに使っちゃった!けれど意外と美味しく食べられました。





6-21remonmerengee5.jpg




こんな感じにできました。(黄色いクリームはお鍋で加熱して作ったけれど、オーブンは一切使っていないです。)

失敗したケーキのはずですが、さわやかなレモンの風味で、白い部分はほぼメレンゲなので、とてもさっぱりして、おいしかったです。あっという間になくなりました。





6-21remonmerenge3.jpg












6-21ti-zuke-ki5.jpg



それから、ヨーグルトも消費しなければならなかったので、栗原はるみさんのレシピでチーズケーキも作りました。
私が使ったのは豆乳ヨーグルトでした。クセが強かったのですが、味は美味しくできました。ただクリームチーズの混ざりが今一つで、一度濾したのですが、それでも小さな白い粒々があって、舌触りが今一つ。こっちも失敗でした。




この日はパートが半日だったので、久しぶりに色々作ろうと張り切って、ミルクパンとレモンメレンゲ、チーズケーキ、同時に3つ作っていたのでした。途中で来客があったり、夕食を早く作ってと言われたりで、すったもんだであくせくバタバタだったのでした。




それでも、私は・・・。




何となーく配合を見て、何となーく試しに・・・という気持ちでお菓子を作ることが楽しくて仕方がないのです。



こういう気持ちでこうゆう配合で作ったら、こんな風に失敗だった、次はもう少し変えてやってみよう、というのが、おもしろくて楽しいのです。



ただ、作り方もいい加減で、反省さえもいい加減だから、次回も失敗してしまうのです。



完璧には程遠い、言われた通りではない、味も今一つなものだけれど。
また時間が取れる時にお菓子を作ります。
お菓子を作れることが、とてもしあわせ。


お菓子を作れることがたのしくてしかたないです。






posted by nori at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

ミルクパン



6-21mirukupann3.jpg



パヴェに続き、ミルクパン、作りました。



違いは何かな・・・?(^^;
今回は、生クリームと練乳は入っていません。

よく「おやつパン」などとも呼ばれている、砂糖と卵、バターがたっぷり入ったレシピです。



砂糖が多いので、耐糖性イーストを使いましたが、それでも、充分に1次発酵させるのに、何時間もかかりました。1日がかりでした。



牛乳は今回はあえて使わず、脱脂粉乳は多めに入っています。
またもう一度作ってみて、うまくいったらレシピ残そうと思います。



ちょっとカニパンのような、細長い「スナックパン」というパンのような感じの味です。自分ではとてもおいしくて、パヴェより気に入りました。





6-21miurkupann4.jpg






6-21mirukupann2.jpg







posted by nori at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物