2019年06月27日

ゴ○○○とアリのこと


虫のこと、いつも頭の片隅で、いろいろ考えています。
まだ考えは、まとまっていないけれど、今までと違って、少し自分の中で、思いが変わったことがあったので、自分のために書いておきます。



本当は、もっと時間があるときに考えて書いた方がいいのかもしれないけれど・・・だから後で消したくなっちゃうかもしれないけれど・・・。



「この小さきものたちの声」 ジョアン・エリザベス ローク(いのちと環境ライブラリー) を読みながら、メモを取っていました。見せるつもりの全くなかった、私の、想像以上に、見苦しい字・・・(^^;;;



gaityuu.bmp




まず、ゴキブリですが、この、「力強く飛べるがうまく方向を定められない」ということを、私は知りませんでした。予想外の動きは受け入れにくく、コワいものです。
でも、わざとではなく、仕方ないのだったら、自分がそのものの立場になって考えても、つらいことです。

そして私は、やっぱり「コワい」から、遭遇しないように心掛けています。だから、「そろそろゴキブリタイムだ」と、夜はなるべく早く寝るようにしています・・・。(ゴキブリは、油っぽく光っているけれど、私よりきれい好きだと(本を読んでから)考えています。私のこの、掃除の行き届いていない汚い家よりも、ゴキブリの方がはるかにきれいなのだと思っています。)




もう一つは、アリのこと。


アリは、水に弱いです。だから梅雨時などはたいへんです。


アリは、私が観察した結果、何かヤバいことがあると、上に逃げます。もちろん大雨の時も上に逃げます。
この、観察からの発見は、すごい大発見だと、自分では思っています。




アリが侵入するのは梅雨時が多い気がします。上に逃げるので、壁を登って窓や隙間から、家の中に侵入することも多いのだと思います。

それで、私は、梅雨時や雨の日の戸締りは、特に気を付けています。




・・・切ってきた花にアリが付いていた時などは、そのアリは全く問題がないのです。足跡のないアリは自分の巣になかなか帰れないからです。



一番気を付けなければいけないのは、探検するかのように、足跡をつけながら、一匹だけ入ってきたアリです。
そのアリが、もし餌を見つけてしまったら、狂喜乱舞で仲間のアリに伝えるので、その家族みーんながやってきてしまいます。



あとは、「絶滅」を考えてはいけないと思っています。

「住み分け」はあってもいいと思っています。
それで、外にいるアリは(住み分けられているので)殺さないように心がけています。
そう思っていることは、アリにも伝わるのだと思います。思うだけで、より、住み分けがうまくいくので、侵入されなくなります。そのように考えるようになってから、私の家の中にはアリたちは侵入していません。



そして、もしも、玄関の前など、通行してほしくないところがあったら、じっと見つめながら、そこは通ってほしくなくて、あの道やこの道を通ってほしいという映像を、頭の中に写しながら、念を送ると、移動してくれる可能性もあります。




「すべて全部」「絶対かならず」というのは私は思わないように心がけているような感じです。そしてまたこの思いさえ、「絶対」ではないのです・・・。




それから、虫たちはみーんな、私を見ています。私はいつも家の中にいる虫、庭にいる虫、すれ違った虫に見られています。もちろん、気にしてもらえずに、見てもらえないこともありますが・・・。



※書き忘れていたことがありました。追加します。

「この小さきものたちの声」に、「虫たちは、殺されることよりも嫌われることをいやがる」というような一文がありました。
ちょっと違ったかな?本が今、手元にないので・・・でも、考えてみると、なにか考えさせられる一文だと思いました。









posted by nori at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

アナベル




6-20anaberuu1.jpg


白いアナベル、次第に黄緑色になってくるので、そうしたら、収穫して、ドライフラワーにします。



先日、お花屋さん、heureuxで、スモークツリーのリースづくりに参加してきました。
アジサイの花の扱い方が、私が想像していたのと全然違っていて、それに、リースの土台への付け方も、私は短いワイヤーやグルーガンだけでやっていたのですが、ある程度の長さのある1本の、柔らかいワイヤーを順番に巻き付けていく方法でした。

とっても勉強になりました。このアナベルを使ってもできそうなので、いいタイミングで時間が作れたら、アナベルのリースも作ってみたいところです。






地味なリースにしたくて、アジサイは一カ所だけにしか使っていないのですが…。




6-16sumo-kuturii1.jpg




ピントがうまく合わなくて、上手に撮れませんでした。スモークツリーのふわふわ、可愛いです。

以前、友達に大きな枝をいただいたときに作ったスモークツリーのリースは、ふわふわをつぶしてしまったので、今回、つぶさずに作る方法を教えてもらえてよかったです。






6-16sumo-kuturii4.jpg

お店で撮らせてもらった方がふわふわでした。持ち帰りで少しつぶしてしまったかも。








6-16sumo-kuturii3.jpg








posted by nori at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花