2019年07月08日

私のお弁当(本当は見せたくないヘンテコ弁当)



私のヘンテコ弁当シリーズ・・・(^^;
まずはパンの話から・・・。



昨日は、夕食にピザを作ろうとして、一次発酵終わってから気付きました。チーズがなーんにもないっーーー。(涙)
仕方なくパンになりました。

友達に教えてもらったオレンジクリチ。クリームチーズにオレンジピールを入れただけのもの。それなのに、何か勘違いしてしまって卵黄も足しちゃった・・・・・・んーーー、卵黄は入れない方がよかった!(涙)


7-8pan1.jpg








もう一つはウインナーを軸にして巻いたもの。なんか、思ってたのと全然違うデブパンになってくれたので、申しわけない感じにぽつーんと真ん中にソーセージ・・・むなしい。



7-8pan4.jpg







・・・それでも私的にはとてもおいしくできたので、お弁当に持っていきました。丸いのはこの前のスコーン。



7-8bentou2.jpg

おかずは、かぼちゃとごぼうとレンコン・大根の皮などを適当に放り込んだ自家製ピクルス。キュウリは市販のピクルス。プチトマトは我が家の。新じゃがの千切り焼き。

ミックスビーンズと枝豆は冷凍の物をそのまま詰めただけ・・・。(ミックスビーンズは、業務スーパーの冷凍もので、とても気に入っています。いつもお弁当の一角に、なんの味付けもないまま、凍ったまま投入しています。)

実は炭水化物が大好きで、たんぱく質がそんなに好きではない私。一応、ジャガイモ炒めにハムが入っていて、豆はたんぱく質ダヨねっ!(^^;;





こっちも本当は見せたくないけれど、たまたま撮ってしまったので載せてしまう。。。(^^;; 高校1年生の次男のお弁当です。






7-8bentouk1.jpg

私が入院している時に、長男が、ロコモコ風のお弁当を弟にも作ってくれたらしいのです。それいいね!と思って、想像で真似したものです・・・。敷き詰めたご飯の上に載せるだけなので簡単です。
彼は野菜が好きではないので、気持ちだけ入っています。(^^;;;

ハンバーグは、一度に2kgくらいこねてしまって、1つずつ小分けして冷凍しています。
一個だけ前日に冷蔵庫におろしておいて、それを朝、2個に分けて焼きました。










posted by nori at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2019年07月07日

10分でできるスコーン




休日は、温かいミルクティーを家族で飲めたらしあわせ。
だれかに、ミルクティー作って、って言われたら、どんなに忙しくても、自分はそんなに飲みたくなくても、喜んで作ります。



久しぶりにスコーンが食べたくなりました。いつも「いらない」またはホットケーキにしてと言われるけれど、今日は三男が食べると言ってくれたので、急いで作りました。



ミルクティーと、ほぼ同時にできました。





約10分で作るスコーンです。(^^;
分量は大体ホットケーキくらい。(牛乳は減らしてひとまとまりになるイメージ)。レンチンしたバター、またはサラダオイルなども適量加えます。バニラオイルもお好みで。今回は脱脂粉乳も少し入れました。


=作り方=
作り方を見ない→量らない→混ぜるだけ→オーブンで少し焼いたら電子レンジでちょっと加熱→完成






今回は薄力粉が足りなくて、べたべた生地になってしまった。半分は試しにベタベタのまま焼いてみました。
クックシートをひいた天板に、そのままボトッと塊で生地を落としていって、200度のオーブンでまわりだけ焼きました。中がまだ生の状態で取り出して、レンジで1〜2分。レンジの中でみるみる膨らみます。→完成。



べたべた生地の残り半分には粉を足し、(開封された薄力粉が無かったので強力粉にしちゃった。)
ひとまとまりになったので、適当に切ってオーブンへ。

今度は急がなくて良かったので、途中でオーブン温度を160度に落として、レンジは使わずに焼きました。




suko-n1.jpg

奥がオーブンとレンジで作ったベタベタスコーン。
手前が強力粉を足してオーブンだけで作ったスコーン。

作り方も材料も、生地の見た目も違うけど、どっちもおいしくて、どっちでもいい感じでした。(^^;;;


7-7suko-n2.jpg

左がベタベタスコーン、右が粉を足したスコーン。

しいて言うなら、私は粉を足した右の方がおいしかった。

でもみんなは最初にできた方をおいしいおいしいと食べてくれていた。外側がカリッとしていて、中がふんわりでした。
そっちでもうお腹がいっぱいになっちゃって、四角い方は食べていない人もいました・・・。



ミルクティーができた時に、同時に出せなければ、もう食べてくれない。だから微妙なおいしさよりも、圧倒的にタイミング(早さ)が大事なのだと思いました。



何もないところから、10分で、アツアツが食べられる、というの(だけ)がいいところです。
そして、多少のずれや違い、量りがなくても、食べられるものができあがる、というのが、私のうれしいところです。













posted by nori at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2019年07月05日

レアチーズケーキ




7-5reati-4.jpg


昨日作ったレアチーズケーキです。











今回は、ちゃんと湯煎してクリームチーズを溶かしたので、滑らかにできました。



下の土台は、リッツみたいなお菓子。塩味を利かせたくてこれにしました。
リッツをビニール袋に入れて細かくしたら、半量の溶かしバターを加え混ぜます。このクラッカー生地を型に入れたら、底の平らなグラスにビニール袋をかぶせたものを使って、そのグラスの底で均一になるように潰して、型に平らに敷き詰めるようにしました。そして冷蔵庫で少し冷やし固めました。

このあと、前回の失敗を踏まえ、(焼き色が付いた方がおいしそうだったので)、今回は、この土台を、ちゃんときつね色に焼き付けました。ここにフィリングを流します。






フィリングは、クリームチーズ2箱(約450g)に砂糖150g、卵黄2個、ヨーグルト1パック(約400g)、ゼラチン16gを倍量の水でふやかしたもの、でした。


初めに、クリームチーズを滑らかにすることに、全神経を注ぎました。(湯煎しました)
材料は順番に混ぜていきました。これを冷蔵庫で冷やし固めれば完成です。今回はラム酒でもバニラビーンズとバニラでもなく、レモン汁1/2個分とレモンの皮1/4個分を入れました。

大きめの真四角の型1台分です。カットはとても小さめにしました






7-5reati-1.jpg












7-5reati-3.jpg

私の朝ご飯でした。いただきまーす♪(^^)









posted by nori at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2019年07月04日

カトルカールを卵黄抜きで




今日はチーズケーキを作っていました。ベイクドとレアチーズ。
今回はチーズが粒々にならないように、ちゃんと湯煎しながら滑らかになるまでよく混ぜて作りました。

どちらも、全卵の他に卵黄を使うレシピだったので、4個分の卵白が余ってしまいました。





卵白だけを使ったカップケーキを、前に作ったことがありましたが、それは美味しくありませんでした。



バターの量が少なかったのと、焼く温度が高いのがよくなかった気がしたので、そこを変えて、今回は、カトルカール風に作ってみました。

カトルカールは、たしか、1/4ずつという意味で、卵・バター・砂糖・小麦粉の4つを、全て同量入れるのです。







卵は、卵黄抜きなので卵白だけですが、量ったら、120gほどでした。それで、その卵白に同量の砂糖を入れてメレンゲにしました。

別のボウルに同量のバターを入れてクリーム状にして、そこに1/2個分のレモンの皮と、レモン汁15ccを加えてよく混ぜてから、

同量の薄力粉をふるって、1/3加えて混ぜたら、メレンゲも1/3加えて混ぜる→粉・メレンゲ、粉・メレンゲと、混ぜていきました。


最後にクルミを加えました。大きめに切りました。一つのマフィンに一粒入ってるくらいの量です。上にはスライスアーモンドを飾りました。


180度に温めたオーブンを、すぐ160度に下げて、なるべく白く焼き上げました。30分以上焼きました。表面がいつまでも生っぽくわずかに濡れて見えたので、時間じゃなくて、目で見て調整しながら更に焼いていきました。






7+4ranpakuke-ki2.jpg


今回はとてもおいしくできました!


やっぱり、卵白とレモンはとってもよく合いますね。




7-4ranpakuke-ki.jpg


残念、クルミが見えなかった。一粒入ってるクルミがとってもい感じです。スライスアーモンドも効いています。
とてもふんわり、しっとりできました。また卵白が余ったらコレにしたいと思います。(^^)






普通の食パンも焼きました。
切るのが楽しみです。













posted by nori at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2019年07月02日

アボカドのこと




アボカド、去年、抱えるくらいの大きな鉢植えから、小さな花壇に植え直しました。夏だったかな?それで、その時に根を痛めてしまったようで、残念なことに、しおれてしまいました。その時に蒸発を避ける為に剪定したのですが、それもかえって良くなかったかもしれないです。

冬の寒さでさらに弱り果てて、真冬には完全に「枯れた」感。。。




春の復活を夢見たけれど、3月になっても4月になっても芽吹きの気配はない。
もうそろそろ抜いてしまおうかと思いつつ、まだもしかしたらの可能性も、、、と、ほんのわずかに思っていた。




そして、ちょっと忘れていたら・・・・。
6月に入って復活を確認!



とてもホッとしました。。。





7-2abokado0.jpg

7月2日の姿です。下の方に小さい子もふたりいます。






このアボカド、振り返ると、長男が面白がって発芽させたものでした。残っている最初の写真がこれです。






abokado2011-11-11kiku.jpg

はじっこに映っています。
これが、2011年11月でした。この年に蒔いたのかもう少し前なのかは忘れてしまいました。






aabokado2012-3-27.jpg



これは、2012年3月です。1年経っても全然大きくなってないですね。
ずっと家の中で、鉢も乾燥しやすかったのも育たなかった原因かな?でも、鉢増しはしています。








abokado2013-9-21.jfif

2013年9月。
この前だったと思いますが・・・肝心なところを忘れてしまっていますが、この前後にやったこと2つ。

1つめ、
冬以外は外に出すようになった。寒くなってきたら土を入れ替えて室内に取り込んでいた。
外に出した時は、芋虫がついたこともあり、このブログにその時のことを書いたりしたのを思い出しました。(2013年9月13日に書いていました。)

2つめ、
剪定しました。
枝を分岐させてこんもりさせたくて、上1/3くらいを切って、切った枝は挿し木にしました。

この写真、よく見たら茎が2本になっていて、右側の一本は途中で切ったような跡がありました。根本には挿し木かな?と思われる短い枝。ただ、剪定した枝の隣にある一本は何かな?(^^;剪定したとたんににょきにょき生えたのか??想像では、その前に急にもう一本伸びてきたので、一本だけ剪定してみた、って感じかな?思い出せないです。(^^;;;



・・・剪定した時は、長男に、何で切っちゃったの!って言われっちゃって(^^;発芽させたのは自分じゃないのに自分の物のように思っちゃっていたと気づきました。ワルカッタナ。

その方が大きくかっこよく育つから大丈夫、って言ったのでした。そしてその通りに、大きくかっこよく育ってくれました。



そして、もう大きすぎるから、土の入れ替えや取り込みが大変になってしまったので、外に置きっぱなしになりました。冬はやっぱり寒くてかわいそうな感じだったけれど、なんとか持ちこたえてくれていたのでした。自分の胸くらいの高さまで、大きく育ってくれていました。その時の写真は無い〜・・・。シュン・・・。




そんな矢先に枯れかけて、私のせいで、最初の写真のように、背も低くなってしまいましたが、あのように見事に復活してくれたのでした。

・・・・とってもうれしいです!!!




・・・・とーっても、ホッとしました。








続きを読む
posted by nori at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花