2019年07月04日

カトルカールを卵黄抜きで




今日はチーズケーキを作っていました。ベイクドとレアチーズ。
今回はチーズが粒々にならないように、ちゃんと湯煎しながら滑らかになるまでよく混ぜて作りました。

どちらも、全卵の他に卵黄を使うレシピだったので、4個分の卵白が余ってしまいました。





卵白だけを使ったカップケーキを、前に作ったことがありましたが、それは美味しくありませんでした。



バターの量が少なかったのと、焼く温度が高いのがよくなかった気がしたので、そこを変えて、今回は、カトルカール風に作ってみました。

カトルカールは、たしか、1/4ずつという意味で、卵・バター・砂糖・小麦粉の4つを、全て同量入れるのです。







卵は、卵黄抜きなので卵白だけですが、量ったら、120gほどでした。それで、その卵白に同量の砂糖を入れてメレンゲにしました。

別のボウルに同量のバターを入れてクリーム状にして、そこに1/2個分のレモンの皮と、レモン汁15ccを加えてよく混ぜてから、

同量の薄力粉をふるって、1/3加えて混ぜたら、メレンゲも1/3加えて混ぜる→粉・メレンゲ、粉・メレンゲと、混ぜていきました。


最後にクルミを加えました。大きめに切りました。一つのマフィンに一粒入ってるくらいの量です。上にはスライスアーモンドを飾りました。


180度に温めたオーブンを、すぐ160度に下げて、なるべく白く焼き上げました。30分以上焼きました。表面がいつまでも生っぽくわずかに濡れて見えたので、時間じゃなくて、目で見て調整しながら更に焼いていきました。






7+4ranpakuke-ki2.jpg


今回はとてもおいしくできました!


やっぱり、卵白とレモンはとってもよく合いますね。




7-4ranpakuke-ki.jpg


残念、クルミが見えなかった。一粒入ってるクルミがとってもい感じです。スライスアーモンドも効いています。
とてもふんわり、しっとりできました。また卵白が余ったらコレにしたいと思います。(^^)






普通の食パンも焼きました。
切るのが楽しみです。













posted by nori at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物