2019年11月24日

牡蠣ピラフと卵白のマドレーヌ



インスタグラムで、牡蠣の混ぜご飯のおいしそう〜なのを見せてもらったので、作ってみようと牡蠣を買いました。
酒・みりん・醤油・生姜で煮たものを、ご飯に炊きこむか、出来上がりを炊き立てご飯に混ぜるようです。とってもおいしそう。

でもその作り方を覚えていなくて、牡蠣を買ったはいいけれど、なんだか時間の余裕がなくて、賞味期限が近付いてしまいました。焦って作ったら失敗しそうな気がして、結局いつものオイル煮になってしまいました。

でも、気持ちがそっちに寄っていたので、いつもは塩味のところを醤油味にしてみました。(^^;

いつもは土鍋に入れて、低温オーブンで作っていましたが、お鍋に醤油とオリーブ油、みじん切りニンニクを入れて、ごく弱火で簡単に煮ました。



11-19kakipirafu.jpg



初めてですが、炒めご飯にしてみたら、長男もおいしいと言ってくれました。よかった。(実は、家族で牡蠣を食べるのは、長男と私だけ。)

和風の混ぜご飯も、作り方のイメージができたし、ぜひ、作ってみたいと思います!








11-19madore-nu.jpg

こちらは卵白消費の為のお菓子。

卵白はメレンゲにしました。
砂糖・小麦粉・バターは、卵白より少し少なくしました。
バターの1/3は、サラダ油に置き換えました。
レモンの皮、あとベーキングパウダーも気持ちだけ入れてみました。

卵白だけなので、中は真っ白に焼き上がり、くどくなくて食べやすい。レモンの香りが良かったです。


卵白が余っても、全く困らなくなりました。(^^)







posted by nori at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2019年11月19日

張り子のねずみ





hariko5.jpg


永登先生のアトリエで、和紙を使った張り子の作り方を教えてもらい、小さな張り子のねずみを、2つ作らせてもらいました。

来年の干支ということで、ねずみになりました。






ふくらませた小さな風船に、新聞紙を貼ります。中の風船は、割って取り出しました。

さらに和紙を重ねて貼っていき、アクリル絵の具で色付けしました。






色やデザインにすごく悩んで、ピンクと水色にしようかとも思ったのですが、もっと色味が無いものにしたくなって、白をたっぷり混ぜ込み、そうしたら今度は白っちゃけてしまい、不健康そうな、気に入らない色になってしまいました。(^^;

それでまた今度は暗めの色をのせていったら、今度は、苔むしたような、汚い感じになってしまいました。






そこから、先生のアドバイスで、ここまで直りました。(^^;

顔や模様についても、全く閃めかず・・・結局、模様は無しにして・・・顔も描いたけれど気に入らなかったので、なしにしようと思いましたが、先生が青い方に可愛い顔を描いてくれたので、なんだかとってもホッとしました。それを私も真似して黒っぽい方に顔を描きました。





hariko2.jpg

飾りたく思えないようなクラいねずみが、いっきにカワイイ明るいねずみになったように感じました。




見るごとに、愛情が湧いてきます。(^^)
こんな色ですが、とっても・・・。





hariko1.jpg







この、迷いながら塗り重ねた、二度と同じ色にできないと思われる色や、何度も重ねていく和紙の、その、繰り返し重ねていく感じ・・・。その、繰り返しの過程がとても大事に思えて、この子たちのことも大事になってきます。とても可愛いいです。






hariko4.jpg










hariko3.jpg









posted by nori at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年11月06日

何かを作っては撮り・・・2






いまいちなものたちを、楽しく作り、撮りためていた写真を貼ります・・・。




10-20taruto.jpg

ずいぶん前に、クッキー生地を3つ分、作って冷凍していました。その生地を1つ使ってタルトを作りました。





10-20taruto2.jpg

これはタルトの底の部分です。 冷凍のミックスベリーを使って作ったジャムを、たっぷり塗ってから、カスタードクリームを塗って、ブラックベリーとキウイフルーツを飾り、生クリームを絞りました。

このタルトは、カットして実家にも持っていきました。 ヨーロッパかぶれ?(と私は勝手に思っている)年老いた父と母は、とても喜んで食べてくれました。(^^;;










11-3tigirimpan.jpg

何も入っていないちぎりパンを、また、作りました。このパン作りに今、ハマっています。
低温で白めに焼くのでとっても柔らかい。(今回は焼きすぎ!(-_-;))
そして、食べ盛りの次男は、おやつ代わりにちぎりながら食べられるので、気づくと一本食べてしまう、という感じです。


たどり着いた私のお気に入りの配合です・・・。



牛乳420g(水でもよい)
強力粉500g
砂糖35g
塩6g
イースト6g
スキムミルク15g
練乳15g
バター30g

ホームベーカリーでこねているので、緩めの、こねづらい生地です。
発酵は1次も2次も、時間にとらわれず、目で確認してやっています。

すみません、焼きについては、まだ自分的に完成していません。(^^;
150〜160度で白めに焼きますが、最初は180度で5〜10分焼き色を付けてしまう時もあり、どれがいいのかまだ試行錯誤中です。(よく放置してしまって強めに焼いてしまうこともあり・・・。)




1次発酵終わって分割していた時に、三男からの「ミルクティー作って」があり。・・・今はスコーン作りたくないし(パンで忙しかったので)でも何か作ってあげたくて、子供のころ、作ってもらったドーナツを思い出しました。


母も、よくパンを作ってくれました。
でも発酵するのを私は待てなくて、その時によくドーナツを作ってもらっていたのでした。すぐできるのですごくうれしかった記憶があります。






11-3pan.jpg

1次発酵が終わり、ベンチタイムに向けて分割して丸めた生地です。
この丸い生地の真ん中に人差し指を指して、そのままグルグル振り回して穴をあけ、油に投入します。みるみる膨らんで、あっという間に出来上がります!




11-3do-natu2.jpg





11-3do-natu.jpg

粉砂糖だけと、長男が以前作って残っていたシナモンシュガー。(シナモン多め^^;)






11-3do-natu1.jpg

とってもふわふわですごーく美味しくできました!










このドーナツを作っていてひらめきました。
同じやり方で、油じゃなくて、お湯にして、茹でてから焼けばベーグルになるんじゃ・・・?

作ったことのないベーグルを、何も見ないで作ってみました。(^^;;;





11-4be-guru.jpg

ちょっとおいしそうに見えるけれど、失敗なのです。あまり膨らまなかった。生地はモチっとしているけれど、なんか固いというか、売ってるおいしいのとは雲泥の差です。

きっともっと表面がつるっとツヤツヤにできるはずだと思います。またいつかリベンジします。






11-3zeratinnpurinn.jpg

これはプリン。生クリームも入っていて、材料を混ぜて・・・・焼かないのです。冷やすだけ! ゼラチンで固めるのです。

プッチンプリンのような質感でした。美味しくできました。また作ってみます。(冷やしてから、上にカラメルをかけました。)








11-4taruto2.jpg

これは、カスタードクリームを作った時に、例の、冷凍庫のクッキー生地でタルトを焼いて、作り立てのカスタードを載せて・・・・それを、冷凍しておいたモノなのです。冷蔵庫でゆっくり解凍して、タルトにしました。






11-4taruto3.jpg

家庭用のタルト。ブルーベリーは高く感じたので、キウイフルーツ1個と、見切り品のオレンジ。

レモン汁を混ぜて固めのゼリー液も、上掛け用に作りました。






11-4taruto.jpg

冷凍のブラックベリーも載せて、ゼリー液で艶を出しました。


カスタードが、やっぱり解凍したものだから、滑らかさがなくなっていて残念な家庭用です。
でもなんとか美味しくいただきました。やはりカスタードの冷凍は今後はやめにします。(^^;







11-4bata-nattu.jpg

左は、頂いたバターナッツかぼちゃ。砂糖を混ぜてピューレにしました。今度パウンドケーキに入れようかな?と思ってまた冷凍してあります。
右側はサツマイモ。切ってから茹でて、砂糖を加えて煮詰めているところ。




11-4sui-topoteto.jpg

サツマイモは生クリームとバター、砂糖を加えてスイートポテトにしました。

バターが少なすぎました。砂糖ももっと入れた方がよかった。ラム酒が入っていますが、かなり芋そのものっぽく、今一つです。表面の艶出しは、卵黄と生クリームで二度塗りしたので、美味しそうに焼けましたが。(^^;







・・・イマイチのオンパレードでした。ごめんなさい。

自由に作れて、家族も食べてくれるので、失敗を繰り返し続けてしまうのです。そして、楽しいからずっと作り続けることができるのです。

こんな風にわがままに作らせてくれて食べてくれる人に感謝です・・・。






(終わり)



posted by nori at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2019年11月05日

何かを作っては撮り・・・。




日々、日常の生活に追われて、あっという間に1日が終わるような毎日です。

パートも入れるだけ入っているので、余計に余裕がない。。。



そんな中、ひと時の安らぎに、パンやケーキを作って、家族と、或いは一人ででも、お茶を飲める時はうれしい。。。



お客さんも来ない我が家。
家庭用のおやつ。

毎度の、テキトーすぎる作り方、反省しない、イケナイ楽しい菓子作り。。。




ゆっくりパソコンに向かう心の余裕がなくて、久しぶりの投稿で、もう新鮮味のなくなった写真ですが、並べてしまいます。






9-28suko-n.jpg

いつものテキトーに作るスコーン。

休日の朝、三男がミルクティー作ってと言ってくれる。
そうしたら、ミルクティーと同時に作れるこれを作って、バターやジャムやはちみつやケーキシロップをつけて食べる。

作っている時はドタバタだけど、出来上がったら、休日の朝の光の中で、温かいミルクティーと、ほっとしたひとときが過ごせる。だから、三男の「ミルクティー作って」のひとことをもらえるのはうれしい。






10-13suko-n.jpg

次の写真もスコーンっ!((-_-;)

しかしこれは(形だけは)適当に作っていない。・・・これはたしかベーキングパウダーが少し足りなかった。なのに薄めに伸してカットしたのでなんだか厚みが足りなかったのだった。

しかし家族はスコーンには優しい。ダメ出しを受けてしかるべきなのにダメ出しを受けない唯一のものなのかも。。。(^^;







10-13syu-1.jpg

久しぶりにシュークリームも作りました。






10-13syu-2.jpg


カスタードクリームが足りなくなってしまったので、残ったシュー生地は、そのまま冷凍しちゃいました!
これは、生クリームを買いに行く元気が私も子供たちにもなかったので、生クリーム無しで、カスタードクリームだけでした。






カスタードクリームが足りなくなった原因はこれでした。

コッペパン風のパンに挟んで、クリームパンにしたのでした。


10-13kuri-mupan.jpg












10-19piza.jpg

ちぎりパンのレシピ、ふわふわ目の生地でピザ作りました。
次回からもこのレシピにしよう!という美味しさでした。







10-20mafin.jpg

大量のカスタードクリームの副産物、卵白だけで作る、毎度の見飽きたマフィン。卵黄は入っていません。

レモンの絞り汁とレモン皮のすりおろし、少しのクルミが入っていて、上にアーモンドスライス。

卵白、薄力粉、バターが同量という、まさに卵白の救世主の、自慢のレシピ!
しっかりした甘さ。砂糖減らそうかなと思うけれど、1個で我慢できる甘さも時にはイイ。

食べきれない時は冷凍して、凍ったままお弁当にも持っていきます。

ベーキングパウダーは入っていなくて、しっかり泡立てた卵白で膨らんでいます。おススメです!









10-20syu-5.jpg

私は焼きたてのシューよりしっとりのシューが好き。(^^;
でもやっぱりこの、冷凍庫から出てきたシューはやっぱり作り立てには全くもって負け、大負けです。





10-20syu-.jpg

やっぱり味は落ちるけど、家庭用のうれしいおやつではある。

シューは解凍モノだけれど、カスタードクリームは作り立て、しかも今度はちゃんと生クリーム入り。(^^)






・・・(次回に続く)



posted by nori at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物