2020年02月24日

うれしい植物






hiyasinsu.jpg

コストコの隅っこで値下げされていたヒヤシンス。
植え替えたら素敵な顔を見せてくれました。









mimoza.jpg

友達が山のようにくれたミモザ。こんなに抱えきれないほどもらえて本当に幸せでした。

一部をフライングリースにしたら、自分の狭い家にちょうどよく、楽しめます。ありがとう。(^^)








maza-ri-fu.jpg

欲しいと思っていたら、魔法のように届けてくれたマザーリーフ。ここでのお礼でごめんなさい。本当にありがとう♡♡

今後が楽しみです。生きてるって感じがいっぱいします。(^^)








posted by nori at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2020年02月23日

今年のバレンタイン



burauni-.jpg

今年のバレンタインは、まず、ブラウニーを作りました。





この写真の、小さな紙の型と、大きな四角の型で焼いて、四角いのは切りました。この四角いのはずいぶん厚みがあったので、パウンドケーキのように(?)縦にカットしました。それなので大量にできました。

写真はだいぶ減った後です。。。




burauni1.jpg




ブラウニーは、久しぶりに作りました。バターたっぷり入っています。

作り立てが、私は、全くおいしく感じられなくて、まずいものを作ってしまった(-_-;)と思っていましたが、2〜3日経ったら、ものすごーく美味しくなってくれてホッとしました。





そのあと、いつも作る「オーストリアンチョコレートケーキ」を作りましたが、いつもと違って、ブラウニーと同じ型で焼いてみました。


o-suto1.jpg

薄っぺらくなってしまいました。(-_-;)

こっちの方がよっぽどブラウニー型です・・・。
カップの方は粉砂糖かけただけで、大きい方はチョココーティングしたかったのですが、余裕がなく、同じように粉砂糖かけただけでした。



o-suto3.jpg




職場の人に差し上げたのですが、これもやっぱり、2〜3日後が美味しかったです。しかも、冷やさないと美味しくなかったです。数日後に冷やして食べたら、うーん♪という美味しさでした。

このチョコレートケーキは卵白たっぷりなので、重さもとても軽いのですが、冷やして食べると重いケーキのような濃厚な味に感じられるのです。これからは、差し上げる時に気を付けなければ・・・と思いました。




o-suto2.jpg

バレンタイン当日ではない時に作ってしまいました。

当日はゴディバのチョコやリンツのチョコをあげました。
チョコレートだらけで、チョコレートが少し、嫌いになってしまいました。



下であまりおいしくないような発言をしてしまったリンツのチョコも、今、食べると、レンジでチンなどせずに、口の中でゆっくり溶かしながら食べていて、あーー、美味しいな〜♡って思いました。・・・ゴメンナサイ!!






ブラウニー(順番に混ぜていって焼くだけです。)

ビターチョコ 200g
バター 340g
 ・鍋で溶かす。

卵6個
砂糖410g
練乳60g
バニラオイル3振り
 ・ボウルで混ぜる

 ・最初に溶かしたチョコバター加え混ぜる

薄力粉250g
B.P.小匙1
 ・ふるって加え混ぜる

大き目に砕いた、チョコレートとクルミも、100gくらいずつ、最後に加えました。
上にスライスアーモンド散らして、アーモンドが焦げないように注意して最初180℃、色付いたら170℃に下げて焼きました。




オーストリアンチョコレートケーキ

クーベルチュール250gとバター150gを湯煎で溶かす。
卵黄6個に砂糖50g加えて約5分、ミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。
 ・この2つを混ぜる。

卵白6個に砂糖100gを加えてメレンゲにする。
 ・上に加えて混ぜる

薄力粉30g、B.P.小匙1/5g、ココア10gをふるって加える。

170℃で焦げないように焼く。(30分くらい)

※追記
すみません、混ぜる順番はメレンゲが最後です。なるべく泡をつぶさないイメージで3回くらいに分けて混ぜました。
メレンゲは、私は一番最初に立ててしまって、端っこに置いて、最後に混ぜています。



posted by nori at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2020年02月22日

ミモザとスコーン、岩手の手付き楕円ざる



以前買った、銀座木村屋のスコーンが、とっても美味しかったので、再び買いに行くと、私の買いたかったラムレーズンスコーンと、イチゴのスコーンが売り切れていて残念でした。(木村屋のスコーンフェアは2月末まで。)


それで、ラムレーズンの入ったスコーンを作ろうと・・・。一緒なのはラムレーズン入りってとこだけですが・・・。(^^;





カルピスバターしかなくて、それを家族用のスコーンに使うのがもったいなくて・・・・見切り品の動物性生クリームを冷凍していたものがあったので、それを解凍して作りました。


あいかわらずのテキトースコーンですが、作りながらメモしたので、書いておきます。

(大き目スコーンたっぷり18個分。食べきれない時は冷凍します。)





suko-n1.jpg


4

バニラオイル少々

ラム漬けレーズンほんの少し

ラム酒大匙1

砂糖200

生クリーム1箱(200cc)


これを順番に混ぜていきます。



下の粉をふるって加え混ぜます。

薄力粉300

強力粉200

B.P.大匙2



ベタベタ過ぎたら少し粉を足します。

強力粉を振った台に乗せて、三つ折りを2回して、四角く形を作ったら、食べたい大きさに四角く切り、


溶き卵にラム酒を混ぜたものを上に塗ってから、180℃190℃で色づくまで焼きました。








zaru2.jpg

下で書いたお気に入りの手付き楕円ざるに盛りました。(^^)


ミモザはbikkyoさんが届けてくれたもの。(^^)(^^)








posted by nori at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

笊が届きました



下で、笊の話をしていて、それからずっと、検索していました。


手作りのイメージのホームページは、ずいぶん前に閉鎖されてしまっていたし、ダメ元で探していましたが、なんだか近いものを感じるサイトを発見しました。

代表の方のお名前・・・鈴木さんという名前が、なんとなく憶えがあって、この方からお手紙をもらっていたのではないか・・・と、ドキドキ注文してみました。



やり取りはとてもスムーズで、届いた段ボールを開けると、印刷された明細書が入っていただけで、やっぱり、達筆のお手紙は入っていませんでした。

けれども、昨日より今日、という感じで、愛情が増えていって、最初は同じところのものか、半信半疑だったのですが、自分的には、妙に納得がいくというか・・・同じところのものだと、思えて・・・この笊が、とっても大事に思えてきたのです。





zaru1.jpg

すごく使っている小さな丸笊も、全く同じ大きさでした。
大笊と比べると、丁寧さは劣ります。竹も、表面が表になっているので大笊とは違いますが、私がずっと使っていた小さい笊とは全く同じです。




この、耳のついた笊も、知っている(見たことがあった)気がしました。少しゆがみはありますが、気にならなくなりました。
大きいものは約33cm×20cm。パンなどを入れようと思っていましたが、本当にイメージ通りの大きさでした。








zaru0.jpg


中くらいのは、約29cm×18cm。

台所のフックにかけて、頻繁に使おうと思っています。





小さい物は、約26×15cm。お菓子を盛ろうと思います。

おしぼり入れは約15×11cm。こちらも、菓子用に使う予定です。






おにぎりケースも買いました。

zaru4.jpg

竹の模様がとても素敵です。






zaru3.jpg

まだ、もったいないので、入れるものを考えてしまいます。そのうち、なんでも入れてみようと思います。

今回はアップルパイを入れて、お弁当に持っていきました。






良かったら覗いてみてください。

私が購入したものは、丸笊7寸、手付き楕円ざるCセット、ざるおしぼり入れ、ミニ弁当 角、です。
丸笊7寸は、今のところもったいなくてしまっています。(^^;






posted by nori at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年02月17日

チェリーブロッサムアゲート



チェリーブロッサムアゲートの石を・・・。





kujiratyan.jpg

雲のような模様が閉じ込められています。

チェリーブロッサムなので桜なのですね。

優しい色合いで、丁寧に磨かれています。






kujiratyan2.jpg

裏側もキャンディーみたいにきれい!






kujiratyan3.jpg

なんという美しさ&かわいらしさ&なめらかさ。




本当に、箸置きにさせていただいちゃいます。
大切にします。ありがとう・・・。







posted by nori at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

バレンタインの後に・・・




rintunotyoko.jpg



バレンタイン用に買った、コストコの、ストロベリー味のリンツ。
可愛いピンク色が、鈴木麻起子さんのターコイズの器に映える・・・。

どんな味かな?って期待して買ったけど、私的にはイマイチでした。(^^;
でも、リンツのこのチョコは、真夏に、溶けちゃってるのが最高に美味しいのです!

それで、レンジでチン!してみました。
わかりやすくするために、お皿ではなくラップにのせて30秒。・・・・何も変わらずだったのでびっくり!!
結果、少しずつ秒を増やして1分もチン!それでやっと中身が少し溶けた感じでした。

↓↓↓

それで、2回目は(^^;;
そのまま通しで1分やったら、ナント、やりすぎになってしまいましたよ・・・。
でも何とか形を保っていたのでお口にポン!
瞬時にとろけました。


50秒くらいが良いのかも。今度はそのようにしてみます。


外側のコーティングが厚いのでしょうか。そのまま食べて美味しいと思いにくいのはちょっと残念ですが。
私はチンして食べるのをおススメします。(^^)







私もバレンタインに、職場の方から、お菓子を少しいただきました。(^^)



papabubble.jpg

キュートな真っ赤なイチゴの飴。「papabubble」というところの飴のようです。

すっごく可愛くて記念撮影。イチゴの甘い香りが立ちました。

ちょっと最近お菓子が続いているので、まだ食べていませんが、こういう飴は美味しいですよね。






tyoko2.jpg

ジュエル、と名の付くチョコレートBo]もいただきました。

宝石のような白い箱に入っていて、テンションが上がりました。



みんなに配るチョコではなくて、自分だけにくれた、と思えることが(そうじゃなくても)、喜びを100倍にするのだなぁと実感しました。(^^)

食べたくなった時に大〜事に、美味しくいただきたいと思います。









posted by nori at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2020年02月12日

お気に入りの笊





私が大好きなサイトです。





10年前に、幼稚園の園芸ボランティアを始めた時に、参考にしたいと色々探していて見つけたサイトでした。
当時、ハマりにハマって、何時間もパソコンの前に張り付いて、ずっと拝見していたのでした。特に学校の花壇を作られる様子などを見ていたのですが、マンションのエントランスなどを作られる様子も大変興味深く、また、第8回国際バラとガーデニングショーにも出展されていたのでした!(2006年「つる植物がおおうテラスのある庭」。翌年にはパンフレットの表紙にも、その作られたお庭が載せられています。)





お菓子、特にチョコづくりなども素晴らしい作品と言える料理の数々、またお裁縫やDIYまでプロ以上の腕前で驚きの連続です。





そのWendyさんが、笊の写真をアップしているのを見たら、とっても見覚えがありました。

「高さは2寸〈6p)を目安に作られているよう。」
「家族四人でざる蕎麦やざるうどんを食べる時にちょうどいい一尺(30p)。」
「竹ひごの縦、横ともに竹の表皮を裏面に向けて使っています。縦ひご6o、横ひご3o。」

・・・このように書いてあり、私も測ってみたら、本当にその通りで、Wendyさんのファンであるため、二つの笊がぴったり重なるイメージができて、よりうれしい気持ちでいっぱいになりました。






20200131_141546.jpg







20200131_141658.jpg







20200131_141631.jpg

一番奥に見えるのは違う笊です。

右の小さいのは同じ職人さんのお店の物。蕎麦笊なのですが、お弁当の時などに少量の野菜を茹でたりするのにとても便利で、毎日のように使っています。

手前の大きいのが、Wendyさんとお揃いの大事な笊です。普通のと違い、笊の裏側?が表になっています。淵のかがり方も、同一方向だけではないので壊れにくそうです。触ればすぐに、いい笊だとわかります。とってもしっかりしています。他の笊と大きさは同じでも、持った感じが全然違うのです。

あんまり大事で、途中でもったいなくなって、今は奥の笊をメインに使っていたのでした。それがだめになったら出そうと。
でも、しまうのではなくて、今はお弁当箱や水筒などを洗って拭いてから(完璧に乾くまで)水切り籠のような感じで、やはり毎日活用しています。







この大きい笊は五千円位したのでした。10年以上前です。西武デパートの催事場で、作っている方がお店に立たれているような売り場でした。とってもたまらなく一目惚れで、自分には不釣り合いの値段だったけれど、どうしても、と、買ったのです。

その後、この笊がもっと欲しくなって、西武に電話で問い合わせて、お店の連絡先を教えていただいたのでした。(西武の方も、とても親切に教えてくださって感激でした。)それからこのお店のサイトを見つけました。贈り物用に、何度もこの笊を買い求めました。自分用には小さな蕎麦笊を買ったのでした。


この小さな蕎麦笊は、いずれ、家族の人数分揃えるつもりでした。また、サイトで見る角笊もすばらしく素敵で、いつか絶対買いたいと思っていました。煤竹のお箸なんかも売られていました。

買うといつも、商品と一緒に、達筆の文字で、丁寧なお手紙も付けてくれたのでした。





そして、しばらくたって、またサイトを訪れると・・・商品は現物のみで、新たな発注はできないと書かれていました。
次々と商品がSoldOutになっていき、きっとあの職人さんが、高齢になり、作れなくなったのだと悟り、つらい気持ちでいっぱいになりました。

・・・今、いただいた手紙を探したのですが見つからず、サイトも探せずとてもがっかりしました。






1/11、Wendyさんの笊を拝見する直前に撮っていた写真があったのでした。

20200111_142915.jpg

これは小さな蕎麦笊の方。本当に毎日、10年以上、一日に何度も、気軽に使っています。
雑に使ってしまっていたのもあり、平らになってきてしまって、淵もボロボロです。

でも、このサイズが便利だなー、と思って、何の気なしに写真に収めたのでした。







丁寧な仕事には愛が宿る気がします。
愛のこもったものはたまらなくいとおしく思え、きよきよしい気持ちがこみ上げます。

私はおっちょこちょいで早合点のせっかちですが、少しずつ、丁寧な仕事ができるように、そのような考えが体にしみればいいな、と。
丁寧に愛をこめて、何かを(たいそうなものでなく、身近なものであっても)作れるようになりたい、と、強く、大切に、思いました。








2011-2-24.jpg

2011年2月24日








20070716.jpg

2007年7月16日









20070606.jpg

2007年6月6日











posted by nori at 18:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 草花

2020年02月11日

LOVE・植物






2-11taniku.jpg

割れ目ちゃん(リトープス)を見つめながらの朝食でした。










2-11banira.jpg


朝食の時に、テキーラの瓶に彫られたアガベが、明暗でくっきり浮かび上がっていてかっこよかったです。









2-11abisu.jpg

鳩居堂でひな祭りのハガキを買ってきたので飾りました。


黄色いミモザと一枚のアビスの葉。アビスの葉はいつまでも緑色を保ってくれて美しい。









2-9ajisai.jpg


激セマ通路(私のお庭)で、ガクアジサイが立ち枯れていて美しかったです。









posted by nori at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

今朝の朝食




2-11suko-n2.jpg


同じような写真でごめんなさい。

今朝のスコーンは、珍しく量って、メモしました。

今日はバターと砂糖多めで、プレーン・ラムレーズン・テキーラクランベリーです。ベーキングパウダーが少なすぎたと思いました。


2-11suko-n.jpg










2-10pan1.jpg


昨晩、パンも焼いていたので、食べたくなって・・・。





2-11pan.jpg







2-11pan2.jpg


焼きすぎ&ミルクティーなみなみ入れすぎ、などなど突っ込みどころ満載。(^^;あと食べすぎもだ。(^^;;
今日は、いつもより茶葉少し増やして濃いめ。アッツアツでおいしかったです。スパイスはいつものカルダモン&コリアンダー。








posted by nori at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2020年02月09日

休日の朝




12-9tea.jpg


休日の朝の愉しみのミルクティー。

小さな鍋に、150ccの水を沸騰させたら火を止めて、15gの茶葉を入れる。
少し蒸らしたら、スパイスと600ccの牛乳を加えて火にかける。

スパイスは、ホールや粉末のカルダモン。たまにコリアンダーも加えて。

牛乳は沸騰させないミルクティーもあるけれど、私は細かい泡がウワーってきめ細かくなる感じが大好きで、たまにコンロにふきこぼしてしまうこともあるけれど、吹きこぼれそうなギリギリまで、見つめて沸騰させています。自分では泡立てているようなイメージを持っちゃってます。



今日は、美味しいパン屋さんの胚芽パンがあったので、バタートーストにしました。

私はパンは食べないつもりで、小皿にナッツをスタンバイ。






12-9dorai.jpg

クルミもレーズンも、デーツも、業務スーパーのものでした。

クルミは生くるみなので、何回かに分けて、乾煎りして瓶に保存しています。

デーツはパキスタン、レーズンはトルコ産でした。一袋100円ちょっとの安さで気に入っています。




でも途中でやっぱり胚芽パントーストが食べたくなって、食べました。

もーっちりしていて唸る美味しさでした。
美味しすぎて写真撮るの忘れて食べてしまいました。





今日はテーブルに花を持ってきました。




12-9tetate.jpg

赤い花があると気分があがるーー!(^^)
ましてや溺愛しているテタテにチロリアンデイジー。






12-9maza-ri-fu.jpg

近くの花屋さんで買い求めたカランコエの花。マザーリーフの花と同じみたいで、ほんとにほんとにびっくり&びっくり。
くちばしのような、口紅のような花びらが、グミの実のような透き通って、やや赤みのさしたガク?から覗きます。可愛らしい。





ミルクティーを淹れた、この美しいティーカップは、放任園芸家の12か月のととさんのお友達の作家さんに作っていただきました。うちにあった「アルバセミプレナ」の写真を送らせていただいて描いてもらったのです。家宝です。(^^)もう15年くらい前のことでした・・・。



posted by nori at 12:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 室内の植物