2020年11月29日

リンゴの皮のゼリー






IMG_20201128_120507.jpg

下に貼ったのと同じ写真ですが、リンゴの皮だけを、レモンと砂糖で煮ました。
皮を引き上げて、濾し残ったリンゴの皮のシロップが右側です。






IMG_20201128_122013.jpg

このシロップを少し煮つめていくと、いつのまにかきれいな赤い色になりました。
このシロップでアガーゼリーを作ります。

アガーは、ダマなく溶かすために、最初に上白糖とよく混ぜます。
鍋に水を入れて、そこにこの白い混ぜ物を加えて、沸騰直前まで温めて溶かします。

アガーが溶けたら、作ったリンゴの皮のシロップを加えました。







IMG_20201128_123719.jpg


きれいな赤い色のシロップでしたが、アガーを溶かすための水などがはいるので、こんな薄い桜色になってしまいました。







IMG_20201124_114525.jpg

それで、前回のリンゴの皮で作っていたこのシロップを、上に一匙かけてみました。

ところが、かけても色的に全然決まらない。赤い色が逃げてしまうかのようです。掛け損という感じ。





それで、このシロップを、できるだけ色が残るように濃いめで、アガーゼリーにして、二層になるように上に流してみました。










IMG_20201129_124022.jpg

詰めが甘く・・・(^^;
濃いアガーゼリーのアガーの濃度が少し薄かった。


けれども、この、リンゴの皮のアガーゼリー、夢みたいに美味しい!みんなに食べさせてあげたい・・。



こんなに美味しいなら、リンゴの皮だけもらいたくなるよ。^^







posted by nori at 14:13 | 食べ物

リンゴの皮ジャム3




3回目の皮ジャム作りです。これで、箱で買ったリンゴはもうなくなりました。




今回は、Instagramで@shinobu4416さんのところで見せてもらった、リンゴの皮のピールを作るつもりで、
リンゴはカットしてから皮を厚めに剥きました。




IMG_20201128_120507.jpg

左が煮て引き上げたリンゴの皮
右が濾しとったシロップ









IMG_20201128_131039.jpg


思いつきでレモンの皮もスライスして投入。
ここに砂糖を足していってピールを作る。






赤い色を出すつもりで私はレモン汁を入れていたのですが、正直よくわからない。
今までは、砂糖を足して煮るうちに、赤色が濃くなったりしていました。

前回も、皮だけでも、赤い色が出ていた。



それなのに、今回は、砂糖を加えて煮ても、赤みが出てこない・・・。





IMG_20201128_143923.jpg










IMG_20201128_150731_1.jpg

そして、結果、こうなってしまいました。





見覚えがあるカンジ・・・。柚子ジャムです。
リンゴの皮に対するレモンの量も多すぎたかな。

リンゴの皮も、煮ていくうちに、想像以上に柔らかく崩れてしまったので、途中でピールは諦めたのでした。

それで、早速、柚子ジャム風に、お湯で割って飲んでみました。







IMG_20201128_144228_1.jpg

これ、レモンジャム、という感じなんですが、しっかり林檎の風味が残っています!
だから、とってもとってもおいしい。

煮崩れたと思っていた皮は、残ってしまっていました。
でも、噛みながら?(^^;そんな違和感なく食べられます。なかなか良いものができました。(^^)







posted by nori at 13:59 | 食べ物

リンゴの皮ジャム2




下で作ったリンゴの皮のシロップ。
その時に使ったリンゴの皮を、さらにさらに、ジャム風に煮ました。

もっと素敵な写真があったら良かったのだけれど、お見苦しいものでゴメンナサイ!






IMG_20201124_111620.jpg

シロップから取り出したリンゴの皮。
これを切って煮ました。





IMG_20201124_114253.jpg

切った皮を煮ているところ。下にも張った写真です。こうなって、







IMG_20201127_201832_1.jpg

こうなりました。








リンゴの品種はサンフジだったので、紅玉みたいに赤くならないのかもしれないです。
でも、お砂糖を足して煮詰めていったら、ここまで赤くなってくれました。
粗熱を取ってから冷蔵庫にしまっていました。



この、ジャムと言えない・・・まさにリンゴの皮!
今回は、ベーキングパウダーとベーキングソーダを使って、適当マフィンに入れてみました。







ベーキングソーダを使ったのは久しぶりでした。
ベーキングソーダは、クッキーをはじめとしたアメリカンなお菓子によく使われている印象です。
横に広がる性質を持つらしい。



今回、適当にマフィンを作っていたら、生地がやや硬かったのもあり、思いついて
半分はアメリカンクッキー風?ソフトクッキーのようなものにしてみました。



IMG_20201128_093251.jpg




IMG_20201128_093312.jpg

マフィンには上にクルミを散らしました。

ソフトクッキーにした方が、リンゴの皮のわずかな食感が、よく合うように思いました。
私はこのソフトクッキーがとても美味しかった。

砂糖の半量を黒糖にしてしまっていました。
せっかくリンゴの皮がきれいな色だったから、白く仕上げるべきでした。

全く同じ生地なのに、焼く形によって、全く違うお菓子になるところもとても楽しいと思いました。











posted by nori at 11:48 | 食べ物

2020年11月25日

リンゴシロップ






IMG_20201124_114525.jpg


今度は、リンゴの皮でシロップを作った。
これでゼリーを作ったらいいんじゃないかと思ってるけれど、できるかな・・。
とっても美味しいです。








今回は鍋に、水と砂糖と、螺旋に剥いたリンゴの皮をそのまま投入して煮ました。
(前回も、ミキサー使う必要なかったんじゃないかと今頃気づいた。)




ちょっと色が出てきたら、皮だけ笊に上げた。







IMG_20201124_114253.jpg

笊に上げた皮は、切ってから煮ました。このまま弱火で煮詰めていったら、もっと赤くなりました。
今度マフィンに入れてみようと思います。








IMG_20201124_114250.jpg

煮た皮も、下に落ちたシロップも、再び煮ていくとだんだんきれいな赤が出てくる。
私はレモンを投入したらすぐ色が変わると思っていました。
ここからもう少し赤くなりました。







皮の中身のリンゴは、またアップルパイになりました。

IMG_20201125_131651.jpg








posted by nori at 15:08 | 食べ物

プロテア バービゲリア






IMG_20201122_133615.jpg

プロテアが大好き。
キングプロテアはキングだけど、キングが付かないプロテアは、クイーンみたい。


気持ち悪いっていう人もいるだろうなと思う。
私は初めて見た時に、自分の頭の中では想像できない花と出会えたショウゲキで、一目惚れでした。


そして買ってきたら、動物が傍らに寄り添ってくれるような心地よさでした。


きれいに乾いてくれて、ずっとそばにいてくれます。





タグ:プロテア
posted by nori at 14:39 | 室内の植物

2020年11月21日

大根サラダ





1.jpg

ひだまり暮らし さんの美味しい大根の、サラダです。

今日は少しのハムとマヨネーズで和えました。
塩もみして保存していた紅芯大根を添えました。紅芯大根がやっぱりきれい。







2.jpg

それから、長男がバター餅を作ってくれていた。切り餅に少しのバターと卵黄が入るそう。
私が作るのと違うものを作るので面白い。また朝のシンクは山盛りだったケド。
四角い塊ができていたので、私が粉を振って切りました。

お昼は、冷凍うどんを使ってカルボナーラも作っていた。
お昼を食べ終わっていた私たちも少し味見させてもらったけれど美味しかった。
生クリームや小麦粉は入っていない。卵黄と牛乳だと言っていました。
旨味ととろみがあり、冷凍うどんはモチモチですごく合っていました。






3.jpg

私たちのお昼はパパがチャーハンを作ってくれた。
私は食べたくなかったのだけれど、すごくいい匂いがするのでやっぱりちょっと食べた。

いい匂いなのは、卵をよく混ぜないで作ると、白身に火が通った時にいい匂いがしてくるのだそう。
そうなんだーと思える、すごくいい匂いでおいしかった。





今日は三男が将棋やろう、って誘ってくれたから遊んでいた。

いつも私は負けるから面白くない。
でも少しハンデをもらったり、待って、一回戻してなど・・・。(^^;

途中でトランプでスピードをやった。
これもずっと負けてしまう。
途中で、トランプを机に置いて両手でやれば同点になるとわかった。

将棋→トランプ→将棋→トランプって、何度もやった。

私はいっぱいズルをして勝とうとして、二人でお腹を抱えて何度も笑った。




ずっと遊んでいたから、山盛りのアイロンがけは全くできなかったけど。
もう中3だから、こうやって一緒に遊べるのも、もうなかなかないかも、って思った。
とっても楽しかった。





posted by nori at 21:57 | 食べ物

リンゴの皮ジャム1






ringo1.jpg

病院の帰り、夫がスーパーに連れて行ってくれた。

何かフルーツを買おうと思って、柿を2個だけ買いました。
その先に進むと、箱入りの洋ナシが破格値です。
でも家族は私ほどの洋梨好きではないから、買わないと言ったら
コンポートを作れば?って思いがけず言ってくれたので、それもカートに載せました。

隣には、もっと大きな箱があって、今度はリンゴです。
ものすごーーく安い。

だから洋梨はやめてリンゴを買うと言ったら、両方買いなよって言ってくれた。
私はすごく嬉しくて、その大きな箱もカートに積んでホクホク帰ってきました。(^^)








IMG_20201120_111013.jpg

アップルパイ用のリンゴを剥いていて、ふと、このリンゴも、誰かが作った大事なリンゴだったら、この皮、捨てないなって考えたら、このたくさんの皮を捨てるのが忍びなくなって、ジュースがジャムにしてみようと、とりあえず皮だけ、少しの水とミキサーにかけました。







ringo22.jpg

少しコップに移して味見しました。
皮は舌に残るけれど、渋みもなく、リンゴ自体の甘みが強くて美味しい。
このまま濾してジュースにしたら、子供たちは絶対飲んでくれそう。

リンゴの皮がジュースになるとわかったので、今回はジャムを作ってみることにしました。
鍋に移して、レモン汁と蜂蜜を少し入れてフツフツと煮ました。
味見してみたら、皮はこのまま煮続けても柔らかくなると思えなかったので濾しました。
(もっともっと煮たら皮も柔らかくなるのかな??)






ringokosu.jpg




ringo4.jpg

その時の色はまだこんな感じ。レモン汁をもう少し加えた。ジャムにしたいから、ペクチン・・・と、レモンの種を入れたかったのだけれど、どうして?このレモン、一粒の種も入っていない!こんなことって初めてです。びっくりしました。

それで、水飴を少し加えて煮詰めました。






ringo5.jpg

いつのまにか色が赤くきれいになってきています。
隣でアップルパイ用にたくさん煮ていたリンゴを少しもらって、さらに煮詰めて、リンゴの皮ジャムが出来上がりました。

仕上げに、クローブとオールスパイス、シナモンを加えました。







ringo3.jpg

味見をしてみたら想像以上の美味しさで、とってもびっくり、嬉しかった。









IMG_20201121_085701.jpg


翌日、トーストにのせて食べたのだけれど、ちょっと色々あった。(^^;

朝、会った長男に、味見してもらい、美味しいと言われて鼻高々だった。
でも、固形リンゴから少し水分が出てるっぽかったので、瓶のままレンジで加熱してみた。
そしたら吹きこぼしてしまった。(^^;; 長男に笑われた。
(私が大事にしているヘンテコなちょびっとの物が、私のミスでさらに減ったことへの憐れ感からの笑い。)


ジャムは冷めてから食べたけれど、とろみが昨日よりない。
そして昨日より色が少し褪めている。そしてちょっと苦みが出ていた。




それでも美味しく食べたけれど、あの、作り立てが一番おいしかった。
甘みが控えめだから、冷蔵庫に保存、3日くらいで食べきろうと思う。




おいしく楽しかったけれど、次回はジュースにしてみようかな。
色々試していきたい。






アップルパイ.jpg

アップルパイ、当日はリンゴを煮て生地を作って冷蔵庫に入れるところまで。
翌日になって、昨日煮たリンゴを、寝かせていた生地に包んで焼きました。

そんなに美味しそうに見えないけれど、とっても美味しい。
一つづつ包んでいるのがいいのではないかと思う。

半分焼いて、半分は成形した状態で冷凍しました。食べる時は凍ったまま焼きます。









posted by nori at 21:09 | 食べ物

2020年11月20日

野菜が届いた4





1.jpg

豚バラ大根風も作りました。(おなじみの・・・^^;)
いつもは大根はもっと小さく切るのだけれど、園芸の師匠(と勝手に呼んでいた素敵な女性)に
ご馳走になった大根を思い出して、大きな乱切りにしました。







まず豚肉に醤油を揉みこんでおきます。
少量のサラダ油で豚肉を焼いたら取り出しておきます。

その油と醤油の付いたフライパン、特に焦げているところだけ、キッチンペーパーで取り、あとはその油のなじんだ鍋に切った大根を入れます。まだ炒めるの?くらい、長く炒めます。中火で焦げないように炒めていきます。油が足りなかったらゴマ油を足します。味付けは醤油オンリーです。







2.jpg

醤油は、ちょっと多いかな?くらいがちょうどいいです。醤油だけとは思えない旨味です。







3.jpg

最後に、炒めた豚肉と、下茹でした大根葉を混ぜて完成です。








4.jpg

噛むとジュワっと大根がとーってもジューシーで、歯ごたえもしっかり残っています。







ひだまり暮らしさん、ありがとうございます。元気を頂きました。









posted by nori at 17:27 | 野菜

野菜が届いた3






2.jpg

茹でた大根の葉っぱは、先の方は、お浸しにしました。
柔らかくて甘くて、普通においしい!







1.jpg

先端、根本、と部位ごとに分けてとりあえず冷蔵庫へ。







3.jpg

ツナマヨネーズ大根。青み代わりに少量だったので、敢えて紅芯大根の茹でた葉を使いました。
大根も皮を剥かずに使いました。シャキシャキとても新鮮でおいしい。








4.jpg

余った青みは全部、コレにしました。

自分しか食べないので、薄味にしました。
少量の油でみじん切りのニンニクを炒めてから、下茹でした大根、紅芯大根の葉っぱを入れました。
鰹節と白ゴマもいっぱい入れました。

味付けは塩、液体白だし、ウェイパーを、どれもほんの少し。あと醤油。最後に思いついて柚子胡椒をこれまた気持ち入れましたが、これは大正解でした。柚子胡椒のかすかな風味がたまらないです。

これは、ご飯と同量レベルで食べちゃいそうなので、すぐなくなってしまうでしょう。(^^)









posted by nori at 17:10 | 野菜

野菜が届いた2





IMG_20201119_095230_2.jpg

水炊きに入れるとスープがピンクになると聞いていたので、わずか1/8の紅芯大根をコンソメスープにしてみました。
他の色が入らないように玉ねぎだけにして、焦がさないように炒めました。

でも、ブイヨンを一つ入れたら、茶色がかってしまった・・・。





IMG_20201119_102203_748.jpg









ちなみに、今日のお昼も、残っていたスープを飲みましたが、今日はさらに紅芯大根が、真っ白になっていて、スープは濃いピンク色になり、ブイヨンの茶色っぽさも抜けていてきれいに見えました!(残り物だけど。)


IMG_20201120_133133_1.jpg



IMG_20201120_133057.jpg









IMG_20201119_095947.jpg

紅芯大根の葉っぱは、大根の葉より少し幅広で、よく見ると葉に毛(?)が見えます。
それで、口に入れるとザラついた感じがあるし、灰汁が強そうというか・・・苦みがあります。

でも、少量だったら、あまり気にならないだろうと思って使いました。







千切りにして、ちょっと食べたら、やっぱりかなりまずかったので、


IMG_20201119_100156.jpg

切っちゃった後だったから、紅茶のストレーナーに入れてシャブシャブしました。(^^;




IMG_20201119_100907.jpg

葉っぱの部分は大根の葉っぱと一緒に下茹でしました。






続く


posted by nori at 16:33 | 野菜
検索ボックス
 
プロフィール
名前:nori(honorinu)
年齢:50
誕生日:5.13
性別:女
ウェブサイトURL:http://hmmk.opal.ne.jp/
メールアドレス:webmaster@hmmk.opal.ne.jp
一言:

花壇と狭い通路だけの、庭のない狭い家で、所狭しと植物を植えて楽しんでいます。

「ここにこれだけ植えられるなら、家にはもっと植えられるはず!」と色んな方に言われます。

動物好きの方がいるように植物好き。植物が、かわいくていとしくて、たまりません。



大学生の長男が幼稚園の頃は、1坪貸農園で野菜を育てていました。

中3の三男が幼稚園の頃は、園芸ボランティアをしていました。






・ブログのコメント欄は、エラーが頻繁に起こる為、今は外してしまっています。ご不便おかけしますが、ここをクリックしてメール を頂けたらと思います。


・ブログのタグは使えない割に目障りですみません。検索ボックスの方が使いやすいかもしれません。


・インスタグラム

 instagram @honorinu






もともと丈夫ではない足を、2020年5月に骨折してしまい、9月に退院しました。

まだ杖をつかないとしっかり歩けないのですが、家での暮らしは不便なく、家事を楽しめています。

そしてなんとかやっと、パートにも復職しました。(^^)