2016年03月06日

ポトスエンジョイと多肉



enjyoi.jpg



薔薇の誘引も、今日になってジツノトコロまだ終わっておらず、当然、芽は動き出してしまっています。
そして、15年以上経っている薔薇たちは、根頭癌腫とテッポウムシの被害を受けてまた今年も枯れてしまったものが。


結婚してから寂しい日中、少しずつ薔薇を買い足して、その生命力と美しさに癒され続けてきました。
子供が増えるごとに少しずつ忙しくなり、パートも始めたりで、てんやわんやになり、そしてまた子供たちが大きくなってきて、なんとなく、これから第2章が始まるイメージです。

薔薇も今年は久しぶりに買い足してみようかと思っています。




上の写真は愛してやまないポトス「N’JOY」
わずかに暖かくなり、少し成長してきましたが、ちょっと斑の感じがいまいちになってしまいました。何が違うのかな?もっと緑色が深くなるはず・・・。

このポトスの斑は、絵筆で塗ったような感じの斑と、クリーム色と濃いグリーンのくっきりした色別れが特徴で、葉の質感がマットな感じが、他のポトスと全く違ってとても素敵なところなのです。新葉はやや光沢が出てしまうのかもしれません。






KIMG0055.jpg

可愛がっているハオルチアは、真ん中から上に蕾が上がってきて大喜びしていましたが、にょきにょき伸びて・・・この2倍くらいの長さに・・・(^^;まだまだ蕾のまま、咲かないのです。おそらく、蕾を発見してから1か月位経つかと思います。





tanoku.jpg

もう一つ、可愛がっている多肉。コチレドン属のエリサエ?ゴルビュー? こちらも蕾が上がってきました。





エバーフレッシュも新芽を伸ばして、更に大きくなってきました。もうすぐ部屋の天井に届いてしまいそうです。
大好きなアスプレニウム‛アビス’も元気が出てきました。









posted by nori at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174350728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック