2016年06月04日

やさしいハキリバチ



最近、ハキリバチを見かけないなー、と思っていた矢先、新苗で買ってきたばかりのオノリーヌに、見慣れた穴を見つけて
「おっ!?」


この薔薇は、小さな新苗で買って、まだまだ小さな株なのに、だからこそかな、いろんな病害虫の餌食となっている。うーん、困ったそして悔しくもある。けれども何とかなるはず、これで強く育っていくのだ・・・・などなどと、一人考えていると、





20160602_181449.jpg


これを見てびっくり!

ハキリバチ、花びらも持っていくんだー!!


それってつまり、柔らかいものを選んでるってことだよね!?
たしかに、うちの中の薔薇の葉で考えたら、私がハキリバチのお母さんだとしても、新苗の葉を選ぶかも。そして、ここかー。アジサイの花びら。ここは気づけないかも。やわらかさを求めるハキリバチのかーさんのやさしさですね。



筒の中にいっぱいやわらかい葉を敷き詰めて卵を産み付ける。
卵から孵った幼虫は、かーさんが用意してくれたベットをの中で育ち、たしか食べるはず・・・。あれ?食草とかって決まってないのかな?アジサイでも大丈夫かしら?

なんか可愛くて、このアジサイは切ってきて部屋で眺めている。そしたらまた今日は、ほかのアジサイの花びらを持って行っているみたい。(^^)





20160603_071349.jpg








20160604_120830.jpg

今日は盛んに茂ってきている紫色のサルビアを足しました。
このサルビアは、小さな苗で買ってきたのですが、花壇に植えて、一度冬を超したら、も〜手に負えない茂りっぷり。しかもこぼれ種でもよーく増える。

初めて買った時をイメージして、穂が上がってきたらカットして、切り花として楽しむようにして、今年は丈を低めに抑えてみようと思っています。名前がわからなくなってしまったので検索してみたら、皆さんが、「サルビア・スプレンデンス」と呼んでいるもののようです。








posted by nori at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175562702
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック