2017年04月04日

イチゴ大福




イチゴ大福1.jpg




イチゴ大福2.jpg

売り物では味わえない作り立てのスペシャルなおいしさです!
作り方は、レシピのページの羽二重餅を参考にしてください。










イチゴ大福12.jpg

<私の作り方 15個分>
玉三白玉粉 200g(一袋)
上白糖    150g(次回は100gで試します)
水       300cc
苺       15粒
片栗粉(打ち粉)少々


@耐熱ボウルに白玉粉と砂糖を入れて手でよく混ぜる。
A水を加えてゴムベラでよく混ぜる。
Bラップをしてレンジで2分加熱する。


イチゴ大福11.jpg

2分加熱しても温まったくらいで変化なし。(この分量だったら3分やっても大丈夫そう。)
今回は量が多いので、少なくした場合は1分ずつ確認した方がよいと思われる。





イチゴ大福10.jpg

更に1分30秒加熱するとこのようになる。
こうなったらレンジから取り出し、均一になるようにぐるぐる混ぜる。





イチゴ大福9.jpg

ぐるぐる混ぜ続けるとこんな感じになる。





同じように、ラップをしてレンジで1分加熱したら取り出して混ぜる、を繰り返す。
作る分量で総加熱時間が変わる。今回の分量だと8分前後が目安かな。




イチゴ大福8.jpg
また混ぜて、またラップしてチンする。







イチゴ大福7.jpg
ひとまとまりになってきて、生地にも透明感が出てくる。
これはまだ一部に白い部分が残っている。
白い部分は生なのでまたラップして加熱する。





イチゴ大福6.jpg
ひとまとまりになって、すべて透明になったので出来上がり!
結構ボウルにくっついてしまう。








イチゴ大福5.jpg
片栗粉をひいたまな板に生地を落とす。
裏返すと生地はビヨーンと勝手に伸びるので伸びたまま平たく裏返しておく。






この勝手に伸された生地を大まかに15等分にカットした。
汚い写真だが、状況がわかると思うので載せてしまう・・・。

イチゴ大福4.jpg

イチゴにテキトーにあんこを付ける。
赤い苺が見えた方が可愛いので、あくまで適当で大丈夫。




お餅はこの状態でもまだ熱い。だからすぐイチゴを包まない方がいいかも。でも餅の表面が乾く気がして、すごーく焦ってイチゴに餡を付けたが、もっと落ち着いて美しく餡を付ける時間はあったのかも・・・。(^^;

粉は内側には付いていない方がいい。でも粉が付いていないとベタベタすぎて作業にならない。





イチゴ大福3.jpg
上の状況を忘れる上品なたたずまいのイチゴ大福ちゃん。(^^)
翌日も柔らかく、全く同じように食べられますが、たぶん残らないと思う・・・。







posted by nori at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179306954
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック