2017年05月11日

いわしの塩いり

母のところに遊びに行ったら、新聞の切り抜きがなくなってしまったと探して回っている。
母はよく新聞に載っているレシピを切り抜いては作っていた。

聞くと、辰巳芳子さんの「イワシの塩いり」というものらしい。有名そうだな、と思って携帯で検索してみると、ありました。私が読み上げて母が筆記体のような字でメモを取り・・・。



出来上がった「イワシの塩いり」をもらってきました。
書いてあった、「オイルサーディン」にしてみました。



5-7sa-dhin2.jpg

作り方はいつものように適当&自己流で、私は、筋肉料理人さんのカキのオイル煮のように作ってみました。

土鍋にイワシの塩いりを並べて、オリーブオイル、生のニンニクスライス、ドライのスライスニンニク、輪切りの乾燥唐辛子、それからスパイスはローリエ、粒のオールスパイスと粒のコショウ、クミンシードを入れました。100度で何分やったかな・・・?(^^;30〜60分の間くらいだったはず。オイルは残っても私は使うので多めにしました。

今回はニンニクなどを、先に炒めたのでした。そうしたらニンニク等を焦がしてしまった!でもなんとか食べられるレベルでした。(^^;




5-11iwasi.jpg

この炒めたスパイス類も香ばしくて、ローリエ以外はおいしく食べられます。醤油を少し垂らして・・・最高においしい!!
シソも合いそう。








家に帰ってから、レシピを印刷していたら、イワシは丸のままだったことがわかりました。頭と尻尾を落とす、と書いてありました。中骨は引きぬくのかな?私はイワシを料理したことがないので(^^;よくわかりません。(^^;;

母にはそれを伝えていなかったので、開いて骨をとってくれていました。



追記2
辰巳芳子さんのレシピでは、香りのついたオイルを作って、そこに作ったイワシを漬け込むやり方でした。せっかく作った鰯の塩いりを大事にしている作り方のように感じました。

私は適当に作ってしまってごめんなさい。。。






posted by nori at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179710363
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック