2017年09月12日

ウンベラータ




9-12inbe2.jpg





フィカス・ウンベラータ。
柔らかい、ハート型の大きな葉が特徴。傷がつくとそこからボンドのような樹液が滴る。原生地はアフリカ。

買ってからもう3年くらい経つのかな?
初めて取り木に挑戦したら失敗した。でも切って水に入れておくだけで発根した。(汗)

葉に霧吹きするのが大好きなんだと思う。ほこりが付くようだったらお風呂場か外に出してシャワーを全体にかけるととても生き生きとしてくる。



ちょっと放っておいてしまったら、葉にほこりがついているし、何だか葉色は濃くなりすぎ、その割に葉が大きくならず、いかにも元気がない。

思い切って外に出してみた。日陰になるところを選んで。今年の夏は雨が多くて余計にこの子にとっては良かったのだろう。ふと見るととっても元気に復活している!

私自身のやる気が湧いてこないことも多いから、寒くなる前に(かなり気が早いけど)新しい土に変えて室内に持ってきた。




9-12unbe1.jpg

なんて美しくかわいらしいこと!








9-12remonyu-kari.jpg

おまけは昨日話したレモンユーカリ。
大きくなると葉はつやつやしてくる。若い子は毛がざらざらついている感じ。若い葉の方が香りが良い。けれどどんどん大きく育って花を見せてほしい。きれいでないことは想像つくけれど、変化を見たいのです。

こうやって生けていて香るわけではないけれど、ここまでの過程で、香りに癒されるのです。







posted by nori at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180970592
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック