2018年04月23日

薔薇の葉の蜜




mitu.jpg

写真がちょっとわかりにくいですが、3月の早朝、窓を開けると白木香薔薇の葉の、ギザギザの先端に水の玉がついています。



別の日もついていました。



雨の後の水の玉はもう少し大きいので、葉から出たものだと思いました。



指先にちょっとつけて、思わず舐めてみたら・・・とっても甘い!!



花の蜜はよくあるけれど、葉っぱだったので驚きました。



でも、テキーラになる植物、アガベも、その甘い樹液を煮詰めて、シロップやお酒を作っているのでした。






何のための蜜かな?と思いました。

薔薇はやっぱりアブラムシや蟻を呼びたいのかもしれない、とも思いました。










posted by nori at 07:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 薔薇
この記事へのコメント
noriちゃん、こんばんは。
モッコウバラの葉っぱの蜜、きれいねー。
よく見つけたね〜

これ、花外蜜腺と言うらしいよ。

ウチの庭のモッコウバラに夏の間スズメバチやアシナガバチがひっきりなしに来ているので、
虫もあまりいないのに、いったい何が目的なのだろうと思って
検索してみたことがあったの。
調べて理由がわかって終わりにしちゃったけど、
ちゃんと蜜を見てみなくちゃいけなかったね。
私も今度さがしてみるね。

下のカレンデュラ、おそろいかも。
コーヒークリーム?
手のひらのような葉っぱは、もし雑草だったらアメリカフウロソウかしらね。
そうならこれもおそろ ^ ^
雑草と言えば、今年は庭にヒメウズが増えてうれしかったんだ〜
Posted by 祥子 at 2018年04月25日 21:24
祥子さんありがとう!

花外蜜線と言うんだね。知れてとってもうれしいです。ボディーガードということだよね、不思議だなぁ。植物は蟻や蜂を呼んでいるかもしれないんだね・・・。

色々見ていたら上野高敏さんという方の、面白そうなサイトもありました。

http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/lab/ine/ueno/wasp3b.html



下のカレンデュラの、そうそう、これですね。アメリカフウロソウというのだね。小さい時は可愛かったけど、大きくなって暴れてきました。(^^;お花も申し訳程度で・・・。

ヒメウズ、可愛らしい花ですね。葉が少しだけフウロソウに似てるのかな?ずいぶん小さいのかしら?私は見たこともないかもしれないです。

うちは今年はハルジオンが多かったです。初めてうちにやってきました。
今日はドクダミを抜いて、プリムラを株分けして植えなおしました。(^^)
Posted by nori at 2018年04月29日 18:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183058634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック