2018年12月22日

シュトレンの中に入れるフルーツ



syuto1.jpg

シュトレンの中身のフルーツ、去年までは、ウメハラのミックスフルーツをメインに使っていました。このフルーツ、とても美味しいのです。


今年は、立派なイチジクやプルーン、巨峰のレーズンがあったし、みかん、メローゴールド、レモンのピールも揃っていたので、自分で作ることに。






最初は洋酒漬けのつもりでした。


しかしまず、洋酒漬けだったらもっと寝かせたかったのと、気に入っているウメハラのフルーツは、ふんだんな洋酒の香りはあるけれど、「砂糖漬け」だったのです。このウメハラのフルーツは、少し味見をしてみると、それだけでもとっても美味しいのです。


それで、砂糖漬けに挑戦!




syuto2.jpg

プルーンとレーズンは熱湯をかけて下処理しました。
ひたひたにグランマニエとコアントローを、贅〜沢に使い、大鍋に投入しました。まだ洋酒に漬かっていないドライのフルーツだったので、もう少しかぶるくらいの水と大匙4杯くらいの砂糖を入れました。鍋の大きさ・・・ドライフルーツの量からすると、気持ち程度のすごく少ない砂糖だと思います。





なるべく弱火で煮詰めていきました。

すごーく時間がかかりました。




syuto3.jpg







syuto4.jpg







syuto5.jpg

完成です!苦労のかいあって、めちゃめちゃ美味しい砂糖漬けができました。

どーなってしまうのか、とっても不安だったけれども、自分でも思わずうなっちゃう美味しさ!



今回使わない分は殺菌した瓶に詰めて念のため冷蔵庫で保存。フルーツケーキにも使おうと思います。楽しみ!










これを作る前に、ずいぶん寝かしていた洋酒漬けがあったので、練習?テスト?のつもりでも砂糖漬けを作っていました。


syuto6.jpg








syuto7.jpg

できあがり。これがうまくいったので、上の本番に踏み切ったのでした。どちらもとてもおいしい。上のはプルーンやイチジクも入っているのでその分おいしいかな?






シュトレンは今年はなぜか一次発酵に今までより時間がかかり、あまりに時間がかかりすぎて、完全な発酵の少し前でやめてしまったようにも思います。そこが一つのミスで、あとは焼き色に気を付けて良く焼いていたら、底が焼きすぎになってしまったのもあり、2つのミスがあったので、少し残念な結果に・・・。






それで焦っていて、発酵や焼き途中の写真は撮り忘れてしまいました。職場の人や近くの大事な友人にお裾分けさせていただきましたが、家族用な出来になってしまっていたかもと反省。。。





切ったところも写真撮って、また後日、アップしたいと思います。









posted by nori at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185237953

この記事へのトラックバック