2018年12月24日

シュトレンのラッピング





12-24-1.JPG

シュトレンのラッピング、最初すごく悩みましたが、方向が定まってきました。




ラッピングに使っているのは、A4のクリアバック(袋)です。 この袋の2辺をカットして、一枚のシートにして使っています。

なんでわざわざ袋を切るの?と思われるでしょうが、棒状に巻いてあるような、もっと大きい一枚ものだと、切るのが大変なのと、くるくる丸まって使い勝手が悪かったのです。





↓↓ほどいていく過程を貼ります。(^^;↓↓

12-24-2.JPG

キャンディーにしてから左右の耳は下に織り込んで、リボンを巻いて、そこを一度にセロテープしていました。
何個もセロテープを貼ると、はがすのが大変なので、セロテープは最小限になるようにと思いました。

上部は切れていますが2回織り込んでいるのでセロテープしません。

キャンディーにする長さがない時は、真横でセロテープしたものもありました。それでもよさそう。(キャンディーは難しいので。)





12-24-3.JPG

この包み方だと、切る時が楽なのです。

クリアバック(袋)に入れる方が、ラッピングも楽できれいだけれど、切る時に粉糖が飛び散るので、私はコレに落ち着きました・・・。









12-24-4.JPG

食べきれそうな分だけカットしてタッパーに。残りはクリアシートでぴっちり包んでまた食べる時に切ります。









posted by nori at 15:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185253993

この記事へのトラックバック