2019年02月11日

チョコレート・プチフール

チョコレート話、長々と続いてしまってすみません。。。



下でチョコレートケーキ作った時、あえて2p小さい丸型で作り、多すぎる生地の一部を小さな長方形の型に流して一緒に焼いていました。
その生地に生チョコを流して、小さくカットしてプチフール・・・?ちっちゃいチョコも作りました。





putifu-ru1.JPG

2本ありますが、上の方は、ケーキが少し厚めだったので、厚さを半分に切って、生地にコアントローを塗ってから、間に生チョコを挟みました。
厚さを半分にする時、かなり薄くなるのでうまく切れないと思って、長さを半分にしてから、厚さを半分にしたので、うまく切れました。(それで長さの半分のところが切れています。)

下の方は、生地がもともと薄かったので、そのまま。コアントローを塗ってから、生チョコを流しました。

生チョコは、生クリーム100ccにクーベルチュールスイート100g、コアントロー大匙1、モーツァルトチョコレートリキュール大匙2です。






putifu-ru2.JPG

分かりにくいけれど間に生チョコが挟んであります。挟んだチョコはけっこう少なめ。
生地は膨らんだので、膨らんだ上部を底にして冷ましました。それで、この下の部分は膨らんだのが潰れて、濃い茶色になっています。





DSC_1309.JPG

全体をチョココーティングしました。









putifu-ru4.JPG

これは上に流しただけの物。
挟んだものより生チョコが多いのです。この生チョコがおいしいので、今回色々作った中で、私はこれが一番おいしいと思いました。






putifu-ru5.JPG

これは来年も作りたいと思いました。








posted by nori at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185538428

この記事へのトラックバック