2019年06月12日

パヴェ



うちの近くにすごく美味しいパン屋さんがあり、そこで売っていたミルクパンがとても美味しかった。
ちょっと検索してみたら、「パヴェ」と呼ばれているパンらしい。パヴェはフランス語で「石畳」の意味だそう。




6-10pave2.jpg




いろんなサイトを見て、試しに作ってみました。

生クリームとバターが入ったパン。1次発酵が終わったら、パイ生地のように三つ折を2回繰り返し、冷蔵庫で寝かせてから、石畳型にカットして2次発酵→焼く。




6-10pave3.jpg




甘いと思うと甘くなくて、甘くないパンだと思って食べるとほのかに甘い。バターの香り、生クリームのコク、そしてとってもいい香り。ハマる美味しさのパン!







早速2日後リベンジ・・・。







6-12pave.jpg

端っこを落とした方がきれいな部分が増えるので、今回は端を落としました。
生地は薄めに伸ばしても、結構膨らみます。


ただ、1次発酵が、普通のパンより時間がかかると思いました。

2度目に作った時は、配合間違えたかと思うくらい、1次発酵が膨らまなくて、夕方作ったけれど、夜になっても膨らまず、なんと忘れて寝ちゃって!!朝の5時まで常温放置してしまった。(汗)朝見たら、まだ膨らみ足りない気もしたが、過発酵せずにそこそこ膨らんでくれていました。2次発酵は、前回も今回も、想像通りに、すんなりいきました。



1次発酵が終わったら、3つ折りを2回して、平たく伸して、冷蔵庫へ。
クッキー生地のように、寝かすのが重要な感じがしました。



寝かした生地をカットして、黄身に牛乳を少しだけ加えたものを塗りました。そして2次発酵。



膨らんだら、180℃で10分くらい。
ただ、焼き色がおいしさにつながるので、途中で左右や上下を変えて、きれいな色に焼けるように細心の注意を払った方がよさそう。私はちょっと、時間が慌ただしすぎてあまり注意を払えなかった・・・。(^^;




6-12pave2.jpg

生クリームが入った贅沢生地だし、作るのも少し手間に思えて、たまにしか作れなさそうな気もしますが、美味しいから、きっとまた作ると思う!






posted by nori at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186131008

この記事へのトラックバック