2019年07月07日

10分でできるスコーン




休日は、温かいミルクティーを家族で飲めたらしあわせ。
だれかに、ミルクティー作って、って言われたら、どんなに忙しくても、自分はそんなに飲みたくなくても、喜んで作ります。



久しぶりにスコーンが食べたくなりました。いつも「いらない」またはホットケーキにしてと言われるけれど、今日は三男が食べると言ってくれたので、急いで作りました。



ミルクティーと、ほぼ同時にできました。





約10分で作るスコーンです。(^^;
分量は大体ホットケーキくらい。(牛乳は減らしてひとまとまりになるイメージ)。レンチンしたバター、またはサラダオイルなども適量加えます。バニラオイルもお好みで。今回は脱脂粉乳も少し入れました。


=作り方=
作り方を見ない→量らない→混ぜるだけ→オーブンで少し焼いたら電子レンジでちょっと加熱→完成






今回は薄力粉が足りなくて、べたべた生地になってしまった。半分は試しにベタベタのまま焼いてみました。
クックシートをひいた天板に、そのままボトッと塊で生地を落としていって、200度のオーブンでまわりだけ焼きました。中がまだ生の状態で取り出して、レンジで1〜2分。レンジの中でみるみる膨らみます。→完成。



べたべた生地の残り半分には粉を足し、(開封された薄力粉が無かったので強力粉にしちゃった。)
ひとまとまりになったので、適当に切ってオーブンへ。

今度は急がなくて良かったので、途中でオーブン温度を160度に落として、レンジは使わずに焼きました。




suko-n1.jpg

奥がオーブンとレンジで作ったベタベタスコーン。
手前が強力粉を足してオーブンだけで作ったスコーン。

作り方も材料も、生地の見た目も違うけど、どっちもおいしくて、どっちでもいい感じでした。(^^;;;


7-7suko-n2.jpg

左がベタベタスコーン、右が粉を足したスコーン。

しいて言うなら、私は粉を足した右の方がおいしかった。

でもみんなは最初にできた方をおいしいおいしいと食べてくれていた。外側がカリッとしていて、中がふんわりでした。
そっちでもうお腹がいっぱいになっちゃって、四角い方は食べていない人もいました・・・。



ミルクティーができた時に、同時に出せなければ、もう食べてくれない。だから微妙なおいしさよりも、圧倒的にタイミング(早さ)が大事なのだと思いました。



何もないところから、10分で、アツアツが食べられる、というの(だけ)がいいところです。
そして、多少のずれや違い、量りがなくても、食べられるものができあがる、というのが、私のうれしいところです。













posted by nori at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186243738

この記事へのトラックバック