2020年02月12日

お気に入りの笊





私が大好きなサイトです。





10年前に、幼稚園の園芸ボランティアを始めた時に、参考にしたいと色々探していて見つけたサイトでした。
当時、ハマりにハマって、何時間もパソコンの前に張り付いて、ずっと拝見していたのでした。特に学校の花壇を作られる様子などを見ていたのですが、マンションのエントランスなどを作られる様子も大変興味深く、また、第8回国際バラとガーデニングショーにも出展されていたのでした!(2006年「つる植物がおおうテラスのある庭」。翌年にはパンフレットの表紙にも、その作られたお庭が載せられています。)





お菓子、特にチョコづくりなども素晴らしい作品と言える料理の数々、またお裁縫やDIYまでプロ以上の腕前で驚きの連続です。





そのWendyさんが、笊の写真をアップしているのを見たら、とっても見覚えがありました。

「高さは2寸〈6p)を目安に作られているよう。」
「家族四人でざる蕎麦やざるうどんを食べる時にちょうどいい一尺(30p)。」
「竹ひごの縦、横ともに竹の表皮を裏面に向けて使っています。縦ひご6o、横ひご3o。」

・・・このように書いてあり、私も測ってみたら、本当にその通りで、Wendyさんのファンであるため、二つの笊がぴったり重なるイメージができて、よりうれしい気持ちでいっぱいになりました。






20200131_141546.jpg







20200131_141658.jpg







20200131_141631.jpg

一番奥に見えるのは違う笊です。

右の小さいのは同じ職人さんのお店の物。蕎麦笊なのですが、お弁当の時などに少量の野菜を茹でたりするのにとても便利で、毎日のように使っています。

手前の大きいのが、Wendyさんとお揃いの大事な笊です。普通のと違い、笊の裏側?が表になっています。淵のかがり方も、同一方向だけではないので壊れにくそうです。触ればすぐに、いい笊だとわかります。とってもしっかりしています。他の笊と大きさは同じでも、持った感じが全然違うのです。

あんまり大事で、途中でもったいなくなって、今は奥の笊をメインに使っていたのでした。それがだめになったら出そうと。
でも、しまうのではなくて、今はお弁当箱や水筒などを洗って拭いてから(完璧に乾くまで)水切り籠のような感じで、やはり毎日活用しています。







この大きい笊は五千円位したのでした。10年以上前です。西武デパートの催事場で、作っている方がお店に立たれているような売り場でした。とってもたまらなく一目惚れで、自分には不釣り合いの値段だったけれど、どうしても、と、買ったのです。

その後、この笊がもっと欲しくなって、西武に電話で問い合わせて、お店の連絡先を教えていただいたのでした。(西武の方も、とても親切に教えてくださって感激でした。)それからこのお店のサイトを見つけました。贈り物用に、何度もこの笊を買い求めました。自分用には小さな蕎麦笊を買ったのでした。


この小さな蕎麦笊は、いずれ、家族の人数分揃えるつもりでした。また、サイトで見る角笊もすばらしく素敵で、いつか絶対買いたいと思っていました。煤竹のお箸なんかも売られていました。

買うといつも、商品と一緒に、達筆の文字で、丁寧なお手紙も付けてくれたのでした。





そして、しばらくたって、またサイトを訪れると・・・商品は現物のみで、新たな発注はできないと書かれていました。
次々と商品がSoldOutになっていき、きっとあの職人さんが、高齢になり、作れなくなったのだと悟り、つらい気持ちでいっぱいになりました。

・・・今、いただいた手紙を探したのですが見つからず、サイトも探せずとてもがっかりしました。






1/11、Wendyさんの笊を拝見する直前に撮っていた写真があったのでした。

20200111_142915.jpg

これは小さな蕎麦笊の方。本当に毎日、10年以上、一日に何度も、気軽に使っています。
雑に使ってしまっていたのもあり、平らになってきてしまって、淵もボロボロです。

でも、このサイズが便利だなー、と思って、何の気なしに写真に収めたのでした。







丁寧な仕事には愛が宿る気がします。
愛のこもったものはたまらなくいとおしく思え、きよきよしい気持ちがこみ上げます。

私はおっちょこちょいで早合点のせっかちですが、少しずつ、丁寧な仕事ができるように、そのような考えが体にしみればいいな、と。
丁寧に愛をこめて、何かを(たいそうなものでなく、身近なものであっても)作れるようになりたい、と、強く、大切に、思いました。








2011-2-24.jpg

2011年2月24日








20070716.jpg

2007年7月16日









20070606.jpg

2007年6月6日











posted by nori at 18:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 草花
この記事へのコメント
noriさん、こんにちは。ブログのこと紹介してくださり、ありがとうございます。光栄です。


noriさんもバラをたくさん育てていらっしゃるのですね。

また、ブログ拝読させてください。
Posted by Wendy at 2020年02月15日 22:48

Wendyさん、来ていただけてとっても嬉しいです!

庭のない狭いところで頑張っています。バラはテッポウムシにやられてしまってもう今は数本しかないのですが、また余裕が出てきたら、狭い場所だけれど1〜2本育てたいです。バラを育てる喜びは格別ですものね。(^^)♡

Wendyさん、それから、笊のことなのですが、以前利用していたサイトと同じ雰囲気のあるサイトに辿り着けたのです!

あのしっかりした盆ざるは無かったのですが、壊れている笊と同じ小さなタイプのものはゲットできそうなのです!!
今週・来週にも笊が届くと思うので、またアップさせていただこうと思います。

私が注文したサイトを貼ってみます。「鳥越竹細工」産地を守る会 http://www.toritakesaic.sakura.ne.jp/
Posted by nori at 2020年02月17日 14:25
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187152097

この記事へのトラックバック