2010年04月08日

ハートパズル

2010-3-14-9.jpg

もうわかった方もいらっしゃると思いますが、(^^)このパズルは、
http://www4.ocn.ne.jp/~kirikobo/
「サラリーマンの百姓日記」のゆったさんの作品です。

ゆったさんのサイトにありますので、ぜひ見てみてください。
ハートパズルは今は道の駅に置かれているようですが、
興味のある方は、「サラリーマンの百姓日記」のトップページ右上
「注文お問い合わせ」からも、ゆったさんにメールできます。

いろんな方に、この ゆったさんの桐細工のあたたかさを
実際に触って 感じてほしいなぁ。


ゆったさんのサイトに行かれたら、「てあそび」という
チェーンのような桐細工も見てみてください。
この「桐」のチェーンを、はずしたり付けたりする感触は、
今まで経験したことのないたのしさなのです!

これも、ものすごい驚きのどきどき体験でした。
これからこちらも写真を撮って、また改めて紹介したいと思います。



2010-3-14-10.jpg

話は戻り、ハートパズルです。
くりぬかれたかのように美しい型です。
見ているとうっとりします。


2010-3-14-11.jpg

ゆったさんの流線型のパズルのもう一つのたのしさは、
立ててみると動物のように見えるところです。


まだパズルがそんなに上手ではない三男も、小さな手で
テーブルの端から一つずつ、最後までこのピースを立てていき、
最後のピースを立てると、達成感を感じたように
鼻の穴を膨らませてニッコリします。


パズルのピースには木の目があるので、それがヒントになります。
また、表面はゆったさんが磨いていてさらさらと滑らかなので、
裏・表も感じながらパズルできるのがまたとてもたのしいのです。

犬の形の入ったパズルや、四角いパズルも作られていますので
ゆったさんのサイトでぜひご覧ください。
posted by nori at 06:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゆったさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36950488

この記事へのトラックバック