2010年04月16日

プリムラ

4-13purimura.jpg


祖母、母、私と受け継いだ、などと1人で勝手に思っている、実家から持ってきたプリムラです。

プリムローズだと、ずっと思っていたのだけれど、ハーブの本によると一茎に一つの花がつくのがプリムローズで、複数着くのは雑種であるそう。なんだか、雑種と言われてとても残念なのだけど、あらゆるプリムラの中で、こんなに丈夫でこんなにかわいいのはコレだけ!と思ってしまいます。

株分けでとてもよく増えます。寒さにもとてもとても強い。半日陰でも、小さめになりますが花が咲きます。
今年は頻繁に株分けしたせいか、天候のせいか、少し遅かったけれど、毎年まだ寒いうちから咲き始めて春が来たのを教えてくれます。だからプリムローズと呼べなくてもプリムラと呼びましょうか。
ジュリアンと違って、花茎が長く伸びるので、雨などで腐りにくい。葉もすっと丸く大きく伸びておいしそうなほどです。

写真は株分けしたばかりのところで小さめに咲いていますが、やっぱりかわいい。
去年、適当に蒔いてみたジャーマンカモミールが、思いのほか発芽率がよくて、あちこちで名脇役をしてくれています。
posted by nori at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37159334

この記事へのトラックバック