2011年11月21日

木村秋則さん


師匠とともにでかけた、木村秋則さんの「奇跡のりんご」の講演。
とても感銘しました。同時に、まだすぐ行動を起こせない部分も多数。。。

今日も幼稚園に出かけ、作業しながらいろいろ、いろいろ、いろいろ考えてしまいました。
植物が求めているものは何か。
どうすれば植物は喜ぶのか。

最近見つけたサイト、「楽勝!?パパのお手軽ガーデニング♪」
http://bokupapa.cocolog-nifty.com/blog/(←とってもおもしろいサイトです。保育園の園芸ボランティアもされていました。)
を見ていても、ある部分では、私の中でつながるものを感じる。偉大なる生命体である植物。動き出さんばかりに「生きている」植物。
ペットの犬などの動物と対話できる方がおられるように感じますが、同じように、植物にもそれが言えると思うのです。


そして、「自然栽培」の考え。

なかなかすっとはいってくることではないのですが、コレだ!と思わせる何かがあります。

・・・私は生ごみ堆肥をやめるかも・・・。
自家製植物の堆肥は続けると思います。まだよくわかりません。


師匠との出会いは人生を変える画期的な出会いとなりそうです。
仲介してくれた友人たちの力にカンシャ!!です。
posted by nori at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50763259
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック