2011年12月15日

Zopf



tuoppu1.jpg

今までさんざん噂にだけ聞き続けていた、松戸にあるパン屋さんツオップ(Zopf)。美釉に行くついでに、初めて行ってきました。



tuoppu2.jpg

お店の外観もすてき。お店の中はすごーく狭いけれど、棚にはさまざまなパンがぎっしり!
早く行ったつもりだったけれど、だいぶ品数は減っていたみたい。




suto-ren.jpg

私は噂のシュトーレンを、一度だけ贅沢して買うつもりでした。買えたのでよかったです。今日か明日に切るのでお味の報告はまた次回に・・・。



それから何というのかしら、プレッツェン?を買いたかったのだけど、「ダイフェカーター」という、とてもおもしろい形をしたパンしか、そういった生地のパンはありませんでした。それで買ってみたのだけれど、これがとっても面白いパン!!


味は私の思い描くプレッツェンを太くした感じだから、中身が多い感じかな?しっとりとして、かすかな甘みもあって、そして、なんとレモンの香りなのでした。それがとっても衝撃でした。端は骨の形を模してクルクル巻いてあって、ここは香ばしくてまた別の食感。

大事に説明の紙が付けられていて、なんか面白いことがいっぱい書いてある・・・その中で紹介されていた、舟田詠子さんの『誰も知らないクリスマス』という本がとっても面白そうで、もう書店にはないようだから、早速図書館から取り寄せることにしました。読むのがとっても楽しみ!!




satoupann.jpg

翌朝、子どもたちはいつものコレ。砂糖パン。(^^;
天然酵母の食パンで、お店の人おすすめの5枚切り。いつもより厚いからおいしそう〜。私は焼かないで食べました。もっちりしていておいしかったです。

(砂糖パンは、食パンに白砂糖を塗りつけてからちぎったバターを少量載せて、魚焼きか高温のトースターなどで焼いた、私が考えた(^^;食し方。砂糖がカリッとなって意外とおいしいです。)



posted by nori at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51919878

この記事へのトラックバック