2020年08月05日

本の栞3



IMG_20200805_100242.jpg




IMG_20200804_160616.jpg




IMG_20200804_160704.jpg

一般的な栞は、四角くて飛び出ないけれど、上、もしくは横に飛び出るのが、私は好きです。

私は、読書が苦手なので、こういう、少年少女向けのやや字の大きな文庫本が好きです。

これは「あのころはフリードリヒがいた」です。



このサイズの本で他に大事なのは
「魔女ジェニファとわたし」
「霧のむこうの不思議な町」
この本は、ジブリ映画 耳をすませば で男の子が読んでいるシーンがあるそうです。また、千と千尋の神隠しのきっかけにもなったようです。
著者は柏葉幸子さんです。挿絵は竹川功三郎さん。竹川さんの描く、美しすぎない独特の雰囲気のある絵が最高!なのです。
ページを開くと、その町の詳しい絵地図があり、宝の地図のように素敵で、その地図を何度も見返しながらお話を読むと、よりワクワクと楽しいのです。
竹川さんは、千と千尋の神隠しにおいて?講談社に対して?問題提起をしたようで、そのせいなのかわかりませんが、現在は挿絵が全く変わっているので残念でたまらないです。竹川さんの挿絵でないと違う作品になってしまうと思います。

あとは佐藤さとるのコロボックルシリーズ
「だれも知らない小さな国」
「豆つぶほどの小さな犬」
これもまた村上勉の挿絵がとてもとても大事ですよね。

鏡の国のアリスもジョン・テニエルの挿絵がより世界観を出してくれるし、翻訳もまた、初めて読んだ岡田忠軒のものでなくては、ジャバーウォック物語も味気ないものになってしまいます。(アリスは、私が持っているのは、もっと小さいたぶん角川文庫?のものです。中学生の時に不確かだけど、家の書棚?父が、持っていたのか??を見つけたのでした。その後、英語版のですが、テニエルのカラーの美しい装丁表紙の本も買いました。話がどんどんずれてしまいます。^_^;;;)



ジャバーウォック物語
(暗唱しています。漢字は覚えてません)

あぶりのときに トーヴしならか
まはるかの中に かんどうせんこう
すべて哀弱(あいじゃく)ボロどりの群れ
やからのラースぞほうてんしたる

ジャバーウォックに油断すな子よ!
かみつく顎やひっかけるツメ!
じゃぶじゃぶどりに目を配りつつ
バンダースナッチの怒りを避けよ!

剣を手に取りながの年月(としつき)
狂乱すごき敵をば求め
ポンポンの木のかたえに休み
しばしはたって思いにしずむ

思いせわしくたたずむときに
ジャバーウォックは目を火と燃やし
あつい森ぬけフーフー唸り
飛んできながらぶくぶくという!

いちに いちに ぐっさりぐさり
牙もするどく きりこむ刃(やいば)
死体は捨てて 首だけとって
意気揚々と走ってもどる

ジャバーウォックを殺してきたか!
いざこの腕に!微笑む我が子

よいかなこの日キャルウキャレイ!
歓喜のあまり かんらとわらう

あぶりの時にトーヴしならか
まはるかの中にかんどうせんこう
すべてあいじゃくボロどりの群れ
やからのラースぞほうてんしたる


意味のわからない単語はルイス・キャロルの作った造語で、脚注に意味が載っています。

この意味のわからない言葉と音の響きと、テニエルの描くジャバーウォックの、緻密で美しく、恐ろしく、カッコイイ絵が、最高にマッチして、完全に物語の中に入り込めました…。






脱線してしまいました。^_^;
以前にも同じようなことを書いてしまった気もします…^_^;;


同じ気持ちを綴られているブログも見つけました。
→ アリス
読んでいて、嬉しく、楽しかったです。








posted by nori at 07:31 | 折り紙

本の栞2



IMG_20200805_061453.jpg

前回 ⇩ の続きです。





IMG_20200805_061453~2.jpg

この2つの三角だけを考えていきます。

紫色の部分を手前に引き出します。
黄色三角の後ろにある、赤三角に続いた部分を赤三角の裏に折り込むような感じです。






IMG_20200805_061516~2.jpg






IMG_20200805_061619~2.jpg

こんな感じです。






IMG_20200805_061635~3.jpg

赤三角の上にある邪魔な緑三角を、後ろに倒すように折り込みます。






IMG_20200805_061719~2.jpg

こんな感じになります。
これで完成です!





IMG_20200805_061727~2.jpg

ただこの水色三角部分に両面テープを貼って、






IMG_20200805_061811.jpg

三角3つ分、半分に開きやすくすると、栞として使うのに便利でした。














IMG_20200805_061920~2.jpg

完成の六角形は、こういう感じになってます。
これを、飲み物の蓋や、コースターとして使えます。

美しい紙で作りたいですネ…。^_^





posted by nori at 07:05 | 折り紙

2020年08月04日

本の栞1



下にも書いた、六角形の折り紙の折り方です。
分かりくかったらごめんなさい。ネットで検索してみてください。^_^;




IMG_20200804_144058~2.jpg


縦半分に折り目を付け、右下を押さえながら左下の角を真ん中の折り目まで持ってきます。






IMG_20200804_150625~3.jpg
右下の角も上に持ってきて合わせます。
上下ひっくり返します。






IMG_20200804_150708~2.jpg


両端を中心線に持ってきます。
右側は、折グセを付けただけなので戻します。

折った左下の角を中心に持ってきます。






IMG_20200804_150725~2.jpg

こんな感じになります。

下の角を順番に中心に持ってくると六角形になります






IMG_20200804_160204~2.jpg


こういう感じです。

最後、右端の尖った先端も中心に持ってきます。
これで六角形になりますが、ここから美しく仕上げていきます。
(カッターは、写真撮る為の押さえデス。)


長くなるので上に書きます。^_^;








posted by nori at 17:51 | 折り紙

コップの蓋と、しおり



IMG_20200804_101441.jpg

以前作ったコップの蓋が、熱いお茶の湯気でクタクタになってしまったので、新しい蓋を作りました。

紙を六角形に折っただけのものですが、とっても気に入りました。(◍•ᴗ•◍)






練習で、小さいのも折っていたら、これが、栞にちょうどよかったです。


また、わかりにくいかもだけど、折り方載せるつもりです…。




IMG_20200804_160631.jpg




※病室は、なんと個室になって、日当たり抜群になったのでした。





posted by nori at 16:57 | 折り紙

2020年07月21日

ダイヤBOX





IMG_20200720_144426.jpg

静かに箱を開けてこっそりラムネを食べる為に作った、ダイヤボックス。

ほんとに良く出来ているなぁ!と、紙を四角く切っては作ってました。

スマホの容量関係で、動画ではなく画像で見たいと思う時もあったので、わかりにくいかもしれないですが写真を下に貼ってみます。ただ、私のおすすめは動画 ↓ です。



私が見た、分かりやすく、美しいYouTubeはこちら







IMG_20200720_144919.jpg



IMG_20200720_145013~3.jpg

折り紙を2回折って、正方形にします。
開いて長方形に戻してから、さらにこのように折り目をつけます。



IMG_20200720_145028~2.jpg

赤マルを起点にして三角形に折る。裏返して同じように折る。
(斜めに見えている折ジワはノートを正方形に作った時のヤツです…)




IMG_20200720_145100~3.jpg

こーゆー形に折ってから矢印のように折って ↓ こういう形に…。



IMG_20200720_145202~2.jpg

ちょうど鉛筆のある位置に折りグセをつけていきます。



IMG_20200720_145217~2.jpg



IMG_20200720_145314~2.jpg

せっかくここまで折ったけど、最初の二つ折りの長方形のとこまで開き戻します。



IMG_20200720_145433~3.jpg

写真よりもう少し開き戻します。二つ折りの所まで開いてしまったら、赤い斜線三角の部分にくる所だけ押さえて手を中に入れて開くようにすると、折グセのお陰で、下のような形に折ることができる。



IMG_20200720_145526~3.jpg



IMG_20200720_145545.jpg

右側も同じように手前に倒し折る。裏も同じように折ると ↓ こんな形に…。



IMG_20200720_145739~2.jpg

写真でちょうど浮いてる所を開くと、家のよう?な形に…。



IMG_20200720_145755~2.jpg

家の下のとこを折っていくと ↓ こんな感じ…。



IMG_20200720_145837~2.jpg

この線も折ったら裏返して、同じことをやると… ↓ 



IMG_20200720_145915~2.jpg

またこういう形になる。
でも、これでほぼ完成してて、ココが開く!^_^



IMG_20200720_145915~3.jpg


緑と赤の境界線は、折りグセを付ける。裏返して同じように折りグセを付ける。




IMG_20200720_150001~2.jpg

少し厚めの紙で作ると、とっても気持ちよくパカッ!と開いて、手を離すとしっかり閉じます。素晴らしい!










IMG_20200721_073236.jpg


絵柄は、折り紙の内側の左右の端が箱の外側に来る。
紙の中央は出てこないので絵柄を出すのが以外とうまくいかない…。






posted by nori at 05:58 | 折り紙

2020年07月11日

おやつをこっそり…




IMG_20200711_112531.jpg



私はおやつなど、家族に持ってきてもらった物を食べてOK。

だけど大部屋なもので、食事制限でおやつ食べられない方ばかりなのでした。

シーンとした部屋で、ラムネを傾けるとガラガラ音が結構する。




…という子供じみた理由で。



IMG_20200711_112521.jpg




縦の上下を押すと、このようにパッカリ開くので、静かに、コッソリ食べられます。(爆)^_^







折り紙にしたのは、ミルクキャンディーの袋。紙が50%配合された厚めの袋でした。





posted by nori at 11:38 | 折り紙

2013年09月07日

ほおずきの着物


ほおずきが売っていました。(実だけ)
買ってきたけれど、すぐ作れなくて・・・。

やっと作りました。
広告で作りました。
ほおずきの皮?カラ?が、体のふくらみのように思えます。
作っていて楽しかったです。


018.JPG





019.JPG





024.JPG







posted by nori at 18:27 | TrackBack(0) | 折り紙

2012年12月14日

お年玉用のポチ袋


お年玉用のポチ袋を作りました。(年賀状の準備は全くしていないのに・・・。)




poyi1.jpg

折り紙を、1/3よりも小さ目のところで折ります。
これは、ちょうど1/3のところで折ってしまいました。ピンクのペンで引いたくらいの位置がよかったと思います。
線がユラユラしていますが、まっすぐに折ってください。(^^;



poti2.jpg

反対側も折り、ちょうど中央に切れ目が来る感じにします。
これは1/3に折ってしまっているので、合わせのところ(のりしろ)部分が大きくなってしまいました。(^^;




poti3.jpg

上下を折り返し、角を落とします。
私の好みは、上の蓋部分を下部分よりやや大き目に折る感じ。 斜めのカットは角度を浅めにと心がけています。




poti4.jpg

開いたら、下の部分は真ん中だけ残し、両側部分を切り取ります。(写真は切り取った後。)
合わせた時に奥(後ろ)にくる方の、上部分だけ、先に糊付けします。(写真は糊付け後)
それから、ピンク色で線を引いたところに糊を塗っておきます。




poti5.jpg

先に糊付けした部分を くるむようにして、筒状になるように合わせます。
下部分は雑になっていますが、ここは糊付けするので隠れます。(^^; 




poti6.jpg

下部分を糊付けして袋にしたら、できあがり。
はみ出てしまった糊がくっついてしまうことがあるので、必ず一度開いて確認します。 口の部分は折り込んであるのできれいに見えると思います。

(初めに袋の形をイメージして、柄の上下を確認します。)





poti7.jpg

できました。(^^)





動画で見る
posted by nori at 17:46 | TrackBack(0) | 折り紙

2011年02月04日

おりがみ



節分豆を包んだ折り紙の折り方です。子供の頃、病院でもらった粉の飲み薬も、こんな感じに折ってあった気がするけれど、どうかな?

RICOH 029.jpg

三角に半分に折ります。



RICOH 030.jpg

コップを作る時のように両側を交互に折り、



RICOH 032.jpg

最後に折った側を、こんな感じに折る。折り加減は色々で大丈夫です。



RICOH 033.jpg


折れ目をよくつけるとこんな形になります。
写真の左側が袋の底、という感じ。右側から物を入れます。


RICOH 034.jpg

入れ口を閉じるために折ります。物を入れる前に折り線をつけておいた方がいいです。



RICOH 036.jpg

1回巻き込む感じにして口を閉じる感じ。



RICOH 042.jpg

折り方を少し変えると、少し感じも変わります。




posted by nori at 10:29 | Comment(3) | TrackBack(0) | 折り紙

節分



節分のお豆、買い忘れている間に、スーパーは雛祭りになってしまっていて、節分豆がない〜! と話していたら、友達が売ってたよと買ってきてくれました。セーフ・・・。

お豆、撒いて、捨てるもの?・・・わからないのだけれど、もったいないから食べたいのです。小袋包装じゃないなら包装してしまえ、と、急遽思いつきで折り紙で・・・。下の2人も楽しそうに手伝ってくれました。

RICOH 023.jpg



叩きつけたらお豆が出ちゃうから注意して、と、節分とは関係のない助言を受けて豆まき開始!
まき終わったら「回収!」で、取り合いで回収してくれました。(^^) そしていつものコレ、になりました。学校から帰ってきたら、きっと喜んで食べてくれるでしょう。

RICOH 028.jpg


posted by nori at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 折り紙