2020年09月19日

退院後の様子





IMG_20200917_144533.jpg
(エスカルゴも、家族の世話が合って
いたようで、とっても元気だった ! ^_^)






退院して、ちょこちょこ少しずつ拭き掃除などをしていた。

どうしても我慢できなくて、家族に申し訳無いけど手伝ってもらいながら、植物は全部、流しで水浴びさせた。これが済んだら、とーーってもホッとしました。結構ホコリをかぶっていた。





最初の夕食は、気を使ってパパが唐揚げを作ってくれた。ちゃんと生姜醤油ダレも自分で作っていた。とても美味しくできていました! 子どもたちは帰宅時間がそれぞれでした。


長男が、唐揚げ飽きた…と切なげに言っていたので、豚キムチに豆腐とトマト、チーズを足した炒めものを作ってあげたら、すごく美味しいと言って、喜んで食べてくれた。嬉しかった。





数日は、豚汁やビーフシチュー、スコーン、パンなどを作った。みんなスコーンをとても喜んでたくさん食べてくれた。(そんなものでいいのかと思いながら… ^_^;)






tastyやクラシルで見た、玉ねぎの豚肉巻きも作ってみた。
次男のお弁当に入れました。




また、違う作り方かもな、いい加減な私の作り方です。

輪っかの玉ねぎに薄切り豚肉を巻きつけ、小麦粉ふって、少しのサラダ油で両面焼き色つける。
酒みりん醤油砂糖で煮詰めて出来上がり。
(→玉ねぎの美味しさを味わえるお料理でした!)


IMG_20200918_065528500.jpg


ご飯の上に輪っかを4つ載せたら、炒めたピーマン、塩ずりキュウリ、トマト、ウインナーの置き場が、輪っかの中しかなかった……。^_^;) 白ゴマのかけ方もビミョウ……。



豚汁と焼いたパンも持っていってくれました。
水筒の用意は普段から自分でやっているし、たくさん手伝ってくれました。




そして、皆さんの想像通りでしょうか…やっぱり足は腫れてしまって痛みだしたので、お菓子をイーッパイ作りたかったのですが、台所は最小限にしよう…と、今はまたベッドに横になっています……。






posted by nori at 09:53 | 室内の植物

2020年06月06日

フィカスティネケの赤い新芽




IMG_20200511_075619.jpg

5/11のフィカスティネケ。

春先に、少し早いかな?とも思いましたが、外に出していました。やっぱり外の方が湿度も高いからか、元気になります。

新芽が真っ赤で美しかったです。


写真は、ちょっとピントがイマイチで、アップできずにいたものですが、もう他に良い写真が無くなってきてしまったので…



まだ家に戻れないので、観葉植物を、まだ少し寒いかな?と思ったけれど、たくさん、外に出しておいて本当に良かった。




IMG_20200511_075549.jpg

ティネケの足元には、これもずっと室内で楽しんでいたオモト、都の城。

この有名な覆輪万年青「都の城」については、興味深いサイトがありましたのでリンクを貼らせていただきます。








室内の観葉植物の水やりは家族に頼んでいますが、もうダメなら仕方がない…。



いつものようにテキトーに、ケーキを作りたいなぁ。そして食べたい。と思う日々…。





posted by nori at 10:43 | 室内の植物

2020年05月03日

レックスベゴニア






IMG_20200502_070715.jpg








IMG_20200502_070710.jpg

レックスベゴニアが可愛くてたまらない。

同じような写真を何枚も撮ってしまう。
これは、例えば、とっても可愛い犬を飼っていて、その子の可愛い表情を撮りたい気持ちに似ているのではないかと思ってしまう。



詳しい名前がわからないのだけれど、同じような模様で「エスカルゴ」というのも見た。本家本元のエスカルゴは、以前枯らしてしまったので、違うとわかるのだけれど、これも渦を巻いているから、エスカルゴのくくりに入るのかもしれない。







posted by nori at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物

2020年04月29日

オーニソガラム‛ダビウム’







IMG_20200429_111027.jpg

4月29日、今日の台所の窓辺









IMG_20200429_111016.jpg

4月29日 オーニソガラム‛ダビウム’









IMG_20200419_121108.jpg


4月19日 花壇で傷んでしまっていたポピーと。









IMG_20200415_113721.jpg

4月15日 ブーケに入っていたお花たち。









IMG_20200409_064311.jpg

4月9日 パーロット咲きのチューリップと、その後ろに伸びている細いのは、原種のグラジオラス。









IMG_20200408_110820.jpg


左下のオレンジ色のお花が、近所のお花屋さんheureux の花束の中に入っていた、オーニソガラム❛ダビウム❜です。


ピンク色のトルコキキョウの真ん中にある黄緑色の蕾は、最初の写真に見える白いトルコキキョウです。


白くてまあるいポンポンマム
白のマーガレット
そのマーガレットの横に見える小さなピンク色の蕾はローズゼラニウム
紫色の小花は ハイブリットスターチス❛ブルーファンタジア❜

20日後の今日、みんなまだ元気。

バラは今はドライで楽しんでいます。



一見、お高く思える花束だけど、こんなに長いこと楽しませてくれる。



この花束は、コロナで自粛休業中のお花屋さんが、ブーケを無料配送してくれるというものでした。
コロナが早く終息するようにという心のこもったメッセージが添えられていました。







posted by nori at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物

2020年03月10日

ミモザのフライングリース


mimozasatou2.jpg

たくさんいただいたミモザで作った砂糖衣(砂糖漬け)は、脱酸素剤を入れて瓶に保存しました。









mimozari-su3.jpg

作ったスワッグは玄関ドアに飾りました。






それから残りは二つのフライングリースになりました。




mimozari-su4.jpg

一つ目は、大事なミモザを使いすぎないように作っています。ユーカリも足していて少しグリーンが多い感じ。(上)
二個目はミモザを全部使いきってしまったので、たっぷり使ってあります。以前ドライにしていたテトラゴナとアザミを飾りに使いました。(下)




フライングリースを作るのは、初めてで、またお得意の(テキトー)という方法で作りました・・・。




ミモザの枝を外したら、小さいブーケをたくさん作り、それを輪っかにくくりつけていきました。

くくるのは、麻ひもを、リース一周巻き付けられるくらいの長めに切って、それを予め糸巻きのように巻いてから、それをくるくる巻き付けていく感じにしました。



くくる土台にした輪っかは。。。

ガラスの浅鉢とセットになっていた、アイアンの台があり、逆さまにするとチェーンを吊るせると閃いたので、その脚の部分を土台にしました。

もう一つは、100円ショップのセリアで、チェーン付きのアイアン風のものがあって、それを使いました。






mimozari-su6.jpg

ミモザの花が横に飛び出ますが、それが乾くと下に垂れてくるのが逆に良い感じになります。だから、いつものリースを作るように、上にばっかり花があっても私はいいんじゃないかと思いました。表だけ意識して作っているので、フライングリースに飽きたら、普通に壁にかけることもできます。

この写真の手前のリースは二個目のミモザたっぷりの方です。本当は写っていない上の方が、お花が多いのですが、枝垂れてきて、結構お花があるように見えます。(^^;

上部にはテトラゴナとアザミが隠れています・・・。(^^;

mimoza5.jpg

こんな風に、この面だけを考えて作りました。この花が、円の内側と外側に、自然に枝垂れて、下からもお花が見えるようになってくれました。





相変わらずなイマイチさ加減で失礼いたします・・・。でも、シロウト&庶民のワタシめは充分満足なのです。。。(^^;;








posted by nori at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物

2020年02月09日

休日の朝




12-9tea.jpg


休日の朝の愉しみのミルクティー。

小さな鍋に、150ccの水を沸騰させたら火を止めて、15gの茶葉を入れる。
少し蒸らしたら、スパイスと600ccの牛乳を加えて火にかける。

スパイスは、ホールや粉末のカルダモン。たまにコリアンダーも加えて。

牛乳は沸騰させないミルクティーもあるけれど、私は細かい泡がウワーってきめ細かくなる感じが大好きで、たまにコンロにふきこぼしてしまうこともあるけれど、吹きこぼれそうなギリギリまで、見つめて沸騰させています。自分では泡立てているようなイメージを持っちゃってます。



今日は、美味しいパン屋さんの胚芽パンがあったので、バタートーストにしました。

私はパンは食べないつもりで、小皿にナッツをスタンバイ。






12-9dorai.jpg

クルミもレーズンも、デーツも、業務スーパーのものでした。

クルミは生くるみなので、何回かに分けて、乾煎りして瓶に保存しています。

デーツはパキスタン、レーズンはトルコ産でした。一袋100円ちょっとの安さで気に入っています。




でも途中でやっぱり胚芽パントーストが食べたくなって、食べました。

もーっちりしていて唸る美味しさでした。
美味しすぎて写真撮るの忘れて食べてしまいました。





今日はテーブルに花を持ってきました。




12-9tetate.jpg

赤い花があると気分があがるーー!(^^)
ましてや溺愛しているテタテにチロリアンデイジー。






12-9maza-ri-fu.jpg

近くの花屋さんで買い求めたカランコエの花。マザーリーフの花と同じみたいで、ほんとにほんとにびっくり&びっくり。
くちばしのような、口紅のような花びらが、グミの実のような透き通って、やや赤みのさしたガク?から覗きます。可愛らしい。





ミルクティーを淹れた、この美しいティーカップは、放任園芸家の12か月のととさんのお友達の作家さんに作っていただきました。うちにあった「アルバセミプレナ」の写真を送らせていただいて描いてもらったのです。家宝です。(^^)もう15年くらい前のことでした・・・。



posted by nori at 12:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 室内の植物

2019年08月24日

観葉植物の水やり




8-24mizuabi.jpg

室内にある観葉植物、クーラーの効いた室内にあるので乾燥しやすい。




水やりは台所の流しやお風呂場、玄関先などに持ち出してやっています。




この作業、赤ちゃんの沐浴のようでもあります。
重い植木鉢を抱き上げ抱えて、水やりの場へ運びます。




乾いた土に、たっぷりの水がしみこみ、葉が生き生きと復活するように見えます。




数も増えていくから結構大変かもしれない。
でも好きだから苦にならない。




そして、室内で観葉植物を育てている人はいっぱいいるけれど、み〜んなが同じように水やりをしているのだろうと思うと、勝手に仲間意識というか親近感・・・ハイタッチしたい気持ちになったのでした。☆(^_-)/✧♡\(-_^)☆







posted by nori at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物

2019年07月09日

ホヤ・カルノーサ




7-9karuno-sa2.jpg


ホヤ・カルノーサの新芽がピンク色できれいでした。







7-9karuno-sa4.jpg

ちょっと傷んでしまいましたが真っ白な子もいます。


額縁のような、小さな植木鉢なので、生育はゆっくりです。


葉は厚みと光沢があって、斑入りで、とてもきれいで気に入っています。







posted by nori at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物

2019年06月03日

はじめてのビカクシダ





6-2bikaku1.jpg




ずっとずっと憧れていた、ビカクシダ、やっと入手しました。

たまたま初めて入った、松戸の園芸店で偶然見かけたのでした。
板に付けたものや、コケ玉が主流のように思いますが、これは、素焼き鉢に入っていて、棒がついているので吊り下げられるようになっています。肝心のビカクシダもとても元気だと思えて、しかも、これで1500円。安い!と思って買ってきました。



住友化学園芸eグリーンコミュニケーションというサイトにもありましたが、ビカクシダの名前は、漢字で書くと「麋角羊歯」「麋」はオオジカ(大鹿)という意味があるそうです。ただ、私が買ったお店では、ネームタグに「美角シダ」と書いてありました。これがなかなか、なるほどな当て字な気がしました。






6-2bikaku4.jpg

この、白く厚みのある胞子葉がとても素敵です。増殖していって育っていくような、変化が出てくると予想できる、この形が、とてもいいのです。






6-2bikaku3.jpg

私には、例えば、オラウータンの顔を思い出すような、貯水葉。生命感があります。








6-2bikaku2.jpg

これは貯水葉が育ってきて茶色くなるのでしょうか?
まだ初心者でよくわかりませんが、この、葉、全体に張り巡らせた、血管を思わせる葉脈が、たまらない魅力。








俺のビカクシダにも、詳しい説明が載っていました。





ビカクシダ、憧れてはいたけれど、私の中では、動物感が強くて、なんとなくコワかったのです。それが、次第に、それと、この個体にはそのような感情が湧いてこなくて、近くで見ていたい、成長を見たいと強く思ったので、連れて帰ったのでした。


水やりは、棒を持って、水を張ったバケツにドボン、すればいい、週1回くらいでいいと聞きました。
水やりは難しいので、様子を見ながら、色々なサイトをよく見て、気を付けてやろうと思っています。


とてもカワイイです。成長が楽しみです。




posted by nori at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物

ブーケのドライ



誕生日にもらったブーケ、数日生けて楽しんでいましたが、やっぱり、ドライにしました。




5-16buuke2.jpg

これが・・・








6-2dorai0.jpg

こうなりました。



薄暗い、温度変化の少ない玄関で乾かしていたので、比較的色がきれいに残りました。ニオベも想像していたよりきれいに乾いてくれてホッとしました。

ここに入っている銀葉のグリーンが、とっても素敵な銀色に乾いてくれて、落ちてしまった葉っぱも、大事に飾っています。


6-2ginba.jpg







6-2dorai2.jpg

かわいい。









posted by nori at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物