2019年09月11日

蚊に、血を吸われてみる


少し、この本に、影響されすぎな気もしますが・・・。それで、ちょっとおかしなこと言ってるのかもしれません。軽く聞き流してくれると幸いです・・・。




またまたこの本、「この小さきものたちの声」 ジョアン・エリザベス ローク(いのちと環境ライブラリー) を読んで影響されている事柄ですが・・・。









蚊に、自分の血を、吸っていいよ、と思ったことが、ただの一度もない私。
(それって普通、ってコトネ・・・。^^;)

もちろん吸われたことは数えきれないほどあります。
(うんうん、そりゃあネ。^^;;)



・・・蚊がやってきて、私の腕に止まると、チクッと、さっそく感じます。するとすぐ、はたきたくなります。
でも我慢してみたりして。我慢できるなら・・・無理なら払うべきですが。



今回、初めて我慢できました。(いえ、我慢しなくてもいいんですが・・・。)




吸われているところを見続けていたら、余計かゆくなりそうだし、気にしないようにして庭仕事をしていました。







翌日、思い出して、刺されたところを見てみました。



2か所、赤い小さな点がありました。でも、たまたまだと思うけれど、腫れていなくて、かゆくもありませんでした。
気付かずに、足も刺されていましたが、そっちはかゆかった。

かゆかったり、かゆくなかったりするんだな、と思い、かゆくないなら刺されてもいいんじゃ?とも思ってしまいました。もちろん蚊による伝染病などは怖いと思っていますが。





そして不意に、ハエのことも思い出しました。




トムとジェリーのように、ハエと戦ったことって、ありませんか?

私はあります。子供のころ。ハエたたきをもって、すごい速さの大きなハエと戦いました。もしくは窓の外に出てもらいたくて、追い込むようにしていましたが、ハエの方は完全に戦闘態勢なのを感じました。



もちろん私はトムなので負ける方です。

でも、これって、まず、敵対心があるからこうなるのだな、と今は思えます。
そしてその敵対心は、なくなっても、しばらくは相手に理解してもらえない。自分が不利になり、大負けに負けてから、やっと、白旗をふっていることが相手に伝わるのではないか?と思うようになりました。




虫との関係って、基本が、そのような気がしてきました。
やっつけてやろう、戦うぞ!!という、トムとジェリーの、猫のトムのような気持ちだと、いつも結果、KOされて星が目の周りをまわるような・・・。無駄な抵抗をせず、自分に得がないようなことが分かっていても、あえて、戦うことを避けると、状況が変わるような気が、ちょっとだけしました。




今まで、何かを守るために、必死に色々な虫と戦ってきました。




でも、それで、いいことって、全くなかったのかも。




それより、あまり気にせず、なるべく流して、戦うことを避けて行動するのも、いいのかもしれないと思い始めました。そうすることで、今まで見えなかった何かが見えてきて、何かが変わってくるような希望、期待感の、きざしのようなものが、あるのではないかと、少しだけ、思えるようになってきました。




anaberu.jpg
アナベル












posted by nori at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年07月24日

虫はともだち






今日は、何回も何回も、「虫はともだち」っていうフレーズが、なぜか頭に浮かんできて、堪らずにここに書きます。(虫の写真は無いのでご安心を。)




虫のことは、わからないことだらけ。
正直、コワいともキモイとも、思う。




いつから・・・?





まだ虫を嫌いになっていない頃がありました。小さい頃。

もちろん私も、ダンゴムシがだーいすき。

ダンゴムシのたくさんいるところを見つけたら、その真ん中あたりにしゃがみこんで、全部のダンゴムシを丸める、という遊びをしていました。
丸めて丸めて・・・最初の子を見るとまた歩き出してしまっています。は〜、全部一度に丸められない・・・と思いながら、無限に飽きるまで、そうして遊んでいました。これは、とっても楽しかった記憶。幼稚園に入るか、入らないかよくわからない
小さい時の きおくです。


ダンゴムシは手のひらに乗せると、やわらかな、たくさんの足で、とてもやさしく、私の手のひらを触りながら、柔らかい触角を動かしながら、歩きます。指先にも、ちょこまか、やさしい、柔らかい足で登ります。   これは、とてもうれしい きおくです。




いつから嫌いになって、いつから大嫌いになってしまったんだろう・・・大好きだったことを忘れていたよ・・・。


・・・ごめんね。本当は大好きだよ、と言いたい・・・。










7-15beronika.jpg

(画像はベロニカ。白だと思ったら紫色でした。最後の一個のポット苗。なんと68円だったのでした。)





posted by nori at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月27日

ゴ○○○とアリのこと


虫のこと、いつも頭の片隅で、いろいろ考えています。
まだ考えは、まとまっていないけれど、今までと違って、少し自分の中で、思いが変わったことがあったので、自分のために書いておきます。



本当は、もっと時間があるときに考えて書いた方がいいのかもしれないけれど・・・だから後で消したくなっちゃうかもしれないけれど・・・。



「この小さきものたちの声」 ジョアン・エリザベス ローク(いのちと環境ライブラリー) を読みながら、メモを取っていました。見せるつもりの全くなかった、私の、想像以上に、見苦しい字・・・(^^;;;



gaityuu.bmp




まず、ゴキブリですが、この、「力強く飛べるがうまく方向を定められない」ということを、私は知りませんでした。予想外の動きは受け入れにくく、コワいものです。
でも、わざとではなく、仕方ないのだったら、自分がそのものの立場になって考えても、つらいことです。

そして私は、やっぱり「コワい」から、遭遇しないように心掛けています。だから、「そろそろゴキブリタイムだ」と、夜はなるべく早く寝るようにしています・・・。(ゴキブリは、油っぽく光っているけれど、私よりきれい好きだと(本を読んでから)考えています。私のこの、掃除の行き届いていない汚い家よりも、ゴキブリの方がはるかにきれいなのだと思っています。)




もう一つは、アリのこと。


アリは、水に弱いです。だから梅雨時などはたいへんです。


アリは、私が観察した結果、何かヤバいことがあると、上に逃げます。もちろん大雨の時も上に逃げます。
この、観察からの発見は、すごい大発見だと、自分では思っています。




アリが侵入するのは梅雨時が多い気がします。上に逃げるので、壁を登って窓や隙間から、家の中に侵入することも多いのだと思います。

それで、私は、梅雨時や雨の日の戸締りは、特に気を付けています。




・・・切ってきた花にアリが付いていた時などは、そのアリは全く問題がないのです。足跡のないアリは自分の巣になかなか帰れないからです。



一番気を付けなければいけないのは、探検するかのように、足跡をつけながら、一匹だけ入ってきたアリです。
そのアリが、もし餌を見つけてしまったら、狂喜乱舞で仲間のアリに伝えるので、その家族みーんながやってきてしまいます。



あとは、「絶滅」を考えてはいけないと思っています。

「住み分け」はあってもいいと思っています。
それで、外にいるアリは(住み分けられているので)殺さないように心がけています。
そう思っていることは、アリにも伝わるのだと思います。思うだけで、より、住み分けがうまくいくので、侵入されなくなります。そのように考えるようになってから、私の家の中にはアリたちは侵入していません。



そして、もしも、玄関の前など、通行してほしくないところがあったら、じっと見つめながら、そこは通ってほしくなくて、あの道やこの道を通ってほしいという映像を、頭の中に写しながら、念を送ると、移動してくれる可能性もあります。




「すべて全部」「絶対かならず」というのは私は思わないように心がけているような感じです。そしてまたこの思いさえ、「絶対」ではないのです・・・。




それから、虫たちはみーんな、私を見ています。私はいつも家の中にいる虫、庭にいる虫、すれ違った虫に見られています。もちろん、気にしてもらえずに、見てもらえないこともありますが・・・。



※書き忘れていたことがありました。追加します。

「この小さきものたちの声」に、「虫たちは、殺されることよりも嫌われることをいやがる」というような一文がありました。
ちょっと違ったかな?本が今、手元にないので・・・でも、考えてみると、なにか考えさせられる一文だと思いました。









posted by nori at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) |