2017年06月06日

ハニーサックル ’ミントクリスプ’


斑入りの葉が美しく、花色も白から濃い黄色に変わっていく美しいハニーサックル、ミントクリスプ。

ですが、ここ最近は、大量のエカキムシに、せっかくの美しい葉を白く塗りつぶされがっかり。その後は大量の真っ黒いアブラムシ。これが美しい白い蕾のところで汚く目立つ。。。




hani-sakkuru1.jpg








mintkurisupu.jpg








mintokurisupu.jpg




離れて見たらあまりわからないかもしれない。(^^;;しかし、近くで見ると汚すぎる・・・。
でも、生きているアブラムシだと思ってみると、マミーになっていたり、テントウムシもテントウムシの幼虫もいっぱいいます。そして、今年は薔薇の方のアブラムシは(そんなには)気にならなかったです。(そういえばヒラタアブをほとんど見かけなかった気がします。)

・・・カリカリ神経質にならずに目を細めて(ぼやけさせて)見ることも大事じゃないかと思う今日この頃。。。






posted by nori at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2017年06月05日

シモツケとドクダミ


去年の3月、根のついたシモツケを友達にもらい、少し暗い、北東の狭い通路に植えていました。
冬に見たら、葉も何もなくなってしまっていたので、根付かなかったのかと諦めていました。

春先、この場所を見るとドクダミだらけ・・・去年とは比較にならないほどのドクダミ、ドクダミ畑になってしまっていました。隣のお宅に伸びて行ってしまわないように草取りをしなきゃなと、しばらくしてまた見ると、ポツンと桃色が・・・。


simotuke.jpg

とってもうれしかったです!






DSC_0405.JPG

増えすぎて、にっくきドクダミですが、数輪、切って飾ると清々しい。
後ろに見える刺繍の薔薇は、友達が作ってくれました。絹糸が美しく、アンニュイな色の薔薇ですてきです。






posted by nori at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2017年05月22日

グリーンを吊るして楽しむ



普通のポトスは今、吊り下げて楽しんでいます。吊り下げると目の高さが変わって、緑のない位置に緑を持ってこれるのでうれしい。

吊り下げる鉢が、お安くて気に入るのがあまりなかったので、ただの麻紐で適当に吊り下げてみたら、これだけでもいい感じ。底に紐をクロスして渡して、何カ所かを止めただけで、想像したより安定しました。セコイ感じかもしれないけど、私的には十分でした。



turigreen.jpg

斑の入り方が気に入っているアイビーと下がエンジョイ。
2つとも100均の器で水抜き穴はない。穴がない時は、底に中粒〜大粒の赤玉を鉢底石の代わりに入れたり、乾きやすい腐葉土を気持ち多めに入れたりしている。水やりは、土の表面が十分に乾いてから水差しで入れるだけなので、回数もとても少なくて、管理が楽です。葉がほこりっぽくなったら外して全体に水をかけ、水もあふれるほどたっぷり入れてから鉢を傾けて、たまった水を捨ててからまた飾る、という感じです。










posted by nori at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2017年05月14日

お花




5-11kinreka.jpg

キンセンカとキャットミント。
その下のエリゲロンの、白にピンクの紅がさした可愛い花びらを食べつくしたのは誰でしょう?(^^;








5-11kobana.jpg

どこからか来たツタバウンラン。白花なのが気に入っています。おててを広げたような葉も可愛らしい。















posted by nori at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2017年05月12日

5月




5-11ajisai.jpg

アジサイとデンタータ






5-11nobiru.jpg

ノビル?とピンクのランタナ








5-3madobe3.jpg

おまけ:窓からブータンナニワイバラの白がポツポツ見えてとてもきれいで撮ったのだけど、写真になったら全然でした。(^^;







posted by nori at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2017年05月04日

プレクトランサス?



5-3purikutorannsasu1.jpg

コバノタツナミソウかと思っていたら、プレクトランサスという言葉が脳裏に浮かんできて・・・違うかな?後でゆっくり調べてみます。






5-3rantana.jpg

藪の中(すっごく狭い世界の話ですが・・・)に、ランタナのピンクがとて映えています。少し摘んできて家の中にも飾りました。






5-3kadan1.jpg

狭い花壇の方には白のランタナ。もう3年目になりますが、やっと花らしき花が見られています。
他にいろんな形の葉っぱが見えています。私はそういうのが大好き。


アーティチョークが今年も展開してきたかしら?と思いましたが、これはもしかしてアラカンサス!?
何年前だったか、小さな苗を買っていたのでした。どうなるかしら?とても楽しみ。
アラカンサスやこのクレプトランサスのような苗は、日本橋三越の屋上で買ったのものでした。近くであまり売っていない苗がたくさんあって、楽しかったなぁ。また行きたいです。


ひなげしも咲いてきています。久しぶりに会った親友と、カタバミの美しさを語り合ったところでした。大好きなローズマリーも見えています。あとは大きくなってしまう紫色のサルビアの葉です。
この小さな小さな花壇にも、何十もの植物たちが居てくれています。


写っていないのですが、右端にはちょっと自慢なほど育ってきているアボカド。植木鉢なのですが結構な大きさになってきたのです。もう冬も外で大丈夫そうです。

夏野菜、今年はナスとトマトとピーマンを植物の間に何とか植えました。成長が楽しみです。



5-3nobiru.jpg

もう一枚写真がありました。蕾の植物はたぶんノビルです。奥にはアメジストセージとラミウム・ガレオブドロンの美しい葉。



心ときめく春です。
小さな鳥たちが、1日に2回ほど遊びに来てくれるようになりました。滞在時間は長くありませんが、美しく楽しい声を聞かせてくれています。





posted by nori at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2017年04月24日

オオデマリ



4-23oodemari7.jpg



オオデマリも、いつどこで買ったか忘れるほど前に植えたもの。こんなにきれいに咲いたのは初めてです。

それにしても大きな花で驚きました。アナベルのような薄い黄緑色でとてもきれいです。





4-23oodemari4.jpg

伸びすぎていたアイビーとアグチフォリウスと一緒に。花はよく見ると二つがくっついていて大きく見えていました。アナベルのような大きさではないけれど、それでもすごく大きく感じます。









posted by nori at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

お花



inngurissyuburu-berusira-kanpanyura-ta4-23-1.jpg

このツヤツヤの細長い葉っぱ、なんだっけ?ってずっと気になっていました。



こんな可愛い花が咲きました。



調べたら、シラー・カンパニュラータ、イングリッシュブルーベルという名前がでてきました。そしてクリックしたサイトが、偶然、私の大好きなサイトでした。







kobanotatunami4-23.jpg

これは日本橋三越の屋上で買ってきた苗だったと思います。広めの鉢に大きく広がってきました。名前の札が見当たりません。タツナミソウに似た花です。調べたらコバノタツナミソウかもしれないです。もっと素敵な学名の札がついていた気がしますが。






4-23-2.jpg

こちらはレウカンサの白花と思って買ってきた小苗です。
白いと思っていたところがピンク色でしたがかわいい。(^^)







4-23rantana.jpg

3年前に勝ったランタナがやっと展開してきました。







4-23amadokoro2.jpg

soraさんにもらった大好きなフイリアマドコロ。





今年はビワの花が咲きませんでした。今、きれいな新芽を元気に伸ばしてくれているけれど実がついていないから残念。剪定もしていないし日当たりもいいのになぜ?と思っていたけれど、もしかしたら枝を斜め下に誘引したからかな?それが剪定のようなスイッチを入れてしまったのかもしれません。株立ちはいい感じになってきて、来年はいっぱい実をつけてくれるかも!と期待しています。





posted by nori at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2017年04月05日

春を謳歌している花たち




4-4-1.jpg

・・・この花たちの顔を見てください。(^^)
我先にと飼い主に走り寄ってくる、しっぽを振りすぎている犬に見えてきたりもします。




私に何か言っているのです。



春が来たよと言っているのです。
きれいだね、って褒めてもらいたいのです。
・・・たぶん!(^^;





hiyasinnsu2017-3gatu.jpg

香りを楽しませてくれたヒヤシンス。
この花も終わったので、今日、この球根を外に植え直してきました。







4-4-2.jpg

この場所に植えました。
毎年、ヒヤシンスの球根は、咲き終えるとこのセマセマ通路に植えるので、少しずつ増えています。
買ったのとは違う、花がスカスカのヒヤシンス。これがまた非常〜に可愛らしく、それをまた私が切ってきて、室内に飾るのです。
この循環はたまらない幸福感です。



4-4-12.jpg

白と紫のヒヤシンス、プリムラ、ハナニラ。
(白のヒヤシンスは裏側に。)
後ろの観葉は可愛がっているアビス。








黄色いプリムラがわーっと咲いて、ハナニラ(ベツレヘムの星)が白と水色の花をたくさん揺らして、アグチフォリウス(クリスマスローズ)もたわわに咲いて、春を謳歌しているのです。この歌声は、何かに似てる・・・・宮沢賢治のお話の中で聞いたことがあるような歌声として私に入ってきているようです。(ハハハ!^^;)

4-4-5.jpg
アグチフォリウス









三つ葉も柔らかくおいしそうに茂っていたので摘んできました。

4-4mituba1.jpg

摘んだだけで洗ってもいないけれど、虫だらけの私の庭なのに一匹の虫も土の汚れもないかのようで、とっても不思議。
もちろん一応洗って、こんな風にラップに包んでおくと、とっても使いやすい。 やわらかくていい香りでとってもおいしい。

4-4mituba2.jpg
















4-4-11.jpg


たけのこのようにニョッキリ出ている芽が三つ、写っています。


たぶん、鳴子ユリです。今年はあちこちからにょきにょき出ています。この方は有名な絵描きさんです。(ハハハ!)葉が展開してくるのが楽しみです。そして、イヤリングのように花をさげて揺らすでしょう!









アマドコロでした!
posted by nori at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2017年02月05日

ドラセナ・フラグランスの花

あの、有名な観葉植物ドラセナ。幸福の木などの仲間です。


職場に放置されていたので、水をあげるようになっていました。それでも、鉢も小さく土が乾き気味。根詰まりもあるかも。


日当たりはとってもいけれど、土日や年末年始は暖房も入らない場所で、室温にしても鉢内の乾湿にしても、激しい変化があったと思われます。


そんな中、花芽らしきものをにょきにょき伸ばし始めてびっくり。調べてみるとものすごい香りが強いらしい。これは12月20日前くらいだったかと思います。おそらくお正月ごろに咲くだろうと思っていたら、意外にもなかなか咲かないでいてくれました。





とりあえず十分に花茎をのばしました。花はネギ坊主の花を想像する集合花で、その一つ一つの蕾をゆっくりと膨らませていきました。


1月14日ごろだったと思う、やっと咲き始めたのか、香りがしてきたと教えてもらいました。
お花は夕方を過ぎないと咲かないのです。


私が見る朝は、香りは全くなく、蜜を滴らせんばかりにたっぷり付けて、知らんぷりしています。
おいしそうで思わず舐めてみたら、蜜はとっても甘くておいしかった!





香りの報告を受けてから3日目くらいかな?香水を振りまいたような匂いに耐えられないと報告を受け、花芽を切りました。
切って花芽は持って帰り、湯切りして霧を吹きました。ちょっと汚いけどこんな感じ。


1-17dorasena1.jpg
1月17日、咲き終わったような蕾の奥に、これから開きそうな蕾が確認できる。









1-18dorasena2.jpg

1月18日、夕方過ぎ、少しだけ花が咲いてうれしい!香りはほとんどなし。









1-20dorasena4.jpg

1月21日、満開になりました。切っているからか香りは弱い。
バナナのような、青臭い甘い香り。でもその甘い香りは弱い。
本物の匂いもかぎたかったな。



でも楽しい体験でした!







花芽が上がってくると、葉はだらしなく下に垂れてきました。
花芽を切ってからも垂れたままです。葉の下のところで切ってしまって、新しい葉を出させた方がいいのかもしれないけれど、とりあえずそのままにしてしまっています。




posted by nori at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花