2020年03月19日

無農薬レモン


職場の女の子に無農薬の、大きくて、とってもきれいなレモンを二つももらって大喜び。

でも、無農薬なのに、こんなに立派なのばかりできるのかな??きれいなのを選んできてくれているんだな、って思って、もっと汚かったりちっちゃいのでもいいから、頂けるものがあったら欲しいよ〜と、つい本音を言ってしまいました。

そうしたら、また、今度は三つも持ってきてくれた。そしたら、それも、とってもきれいなレモンだったのでした。(申し訳ない…私が思うに、良いレモンをみんなくれたのではないかと・・・。ゴメンナサイ)






前回は、ちぎり食パンとレモンカードを少し、お渡ししたので、今回は、レモンケーキをお渡ししようと。





3-17remonke-ki1.jpg

バターケーキにレモン汁とレモンの皮のすりおろしを加えてケーキを焼きました。






3-17remonke-ki2.jpg




remonke-ki2.jpg











粉砂糖にレモン汁を加えて、グレーズをかけました。

前回作ったレモンピールと、ピスタチオナッツを少し散らしました。






3-18remonke-ki.jpg









3-19remonke-ki.jpg

こちらは差し上げる方。喜んでくれたのでホッとしました。

愛されたレモンと向き合い、たのしい時を過ごせました。(^^)













posted by nori at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2020年03月17日

庭のない庭の春





3-17-1.jpg

100円苗のデイジーたちがポツポツ咲いてくれています。本当は切ってきて家の中に飾りたいけど、もうちょっと我慢。かわいいよ。と声をかけてあげたい。









3-17-2.jpg

私に春を教えてくれる黄色いプリムラが咲いてきました。いつ植えたかわからない、スカスカヒヤシンスが少しあり、間にちーっちゃなチューリップ。これは2019年の1月に終わった球根を植えた、ポリクローマ、原種のチューリップなのかも!?よく見ると、花びらに穴が開いていたので、先客がいるかもしれないと思って、摘みませんでした。(^^;








3-17-3.jpg

株元から枯れてきている大好きなオノリーヌ・ド・ブラバンの根元から、1本だけ細い茎が伸びていました。生き延びてくれたらうれしい。素晴らしい斑入りの重なる花びらに、甘い香り、そしてこの葉っぱがとにかく私は大好き!!









posted by nori at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

マザーリーフのその後






maza-ri-fu1.jpg

いただいたマザーリーフ、順調に育っています。







maza-ri-fu2.jpg

裏はこんな風になっています。







maza-ri-fu4.jpg

一番大きく見えた芽を、鉢植えにしてみました。










maza-ri-fu3.jpg

上の部分。(^^;わかるかな?芽が傷つかないようにと気合い入りすぎて、ちょっと齧られたみたいになっちゃった・・・ゴメンネ。








マザーリーフは2枚あって、もう1枚は外に出しました。

植木鉢の上に、ポンと置いてみただけ。どうなるかな??水やり直後で土がちょっとかぶっちゃった・・(^^;;

maza-ri-fu5.jpg











posted by nori at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2020年02月24日

うれしい植物






hiyasinsu.jpg

コストコの隅っこで値下げされていたヒヤシンス。
植え替えたら素敵な顔を見せてくれました。









mimoza.jpg

友達が山のようにくれたミモザ。こんなに抱えきれないほどもらえて本当に幸せでした。

一部をフライングリースにしたら、自分の狭い家にちょうどよく、楽しめます。ありがとう。(^^)








maza-ri-fu.jpg

欲しいと思っていたら、魔法のように届けてくれたマザーリーフ。ここでのお礼でごめんなさい。本当にありがとう♡♡

今後が楽しみです。生きてるって感じがいっぱいします。(^^)








posted by nori at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2020年02月12日

お気に入りの笊





私が大好きなサイトです。





10年前に、幼稚園の園芸ボランティアを始めた時に、参考にしたいと色々探していて見つけたサイトでした。
当時、ハマりにハマって、何時間もパソコンの前に張り付いて、ずっと拝見していたのでした。特に学校の花壇を作られる様子などを見ていたのですが、マンションのエントランスなどを作られる様子も大変興味深く、また、第8回国際バラとガーデニングショーにも出展されていたのでした!(2006年「つる植物がおおうテラスのある庭」。翌年にはパンフレットの表紙にも、その作られたお庭が載せられています。)





お菓子、特にチョコづくりなども素晴らしい作品と言える料理の数々、またお裁縫やDIYまでプロ以上の腕前で驚きの連続です。





そのWendyさんが、笊の写真をアップしているのを見たら、とっても見覚えがありました。

「高さは2寸〈6p)を目安に作られているよう。」
「家族四人でざる蕎麦やざるうどんを食べる時にちょうどいい一尺(30p)。」
「竹ひごの縦、横ともに竹の表皮を裏面に向けて使っています。縦ひご6o、横ひご3o。」

・・・このように書いてあり、私も測ってみたら、本当にその通りで、Wendyさんのファンであるため、二つの笊がぴったり重なるイメージができて、よりうれしい気持ちでいっぱいになりました。






20200131_141546.jpg







20200131_141658.jpg







20200131_141631.jpg

一番奥に見えるのは違う笊です。

右の小さいのは同じ職人さんのお店の物。蕎麦笊なのですが、お弁当の時などに少量の野菜を茹でたりするのにとても便利で、毎日のように使っています。

手前の大きいのが、Wendyさんとお揃いの大事な笊です。普通のと違い、笊の裏側?が表になっています。淵のかがり方も、同一方向だけではないので壊れにくそうです。触ればすぐに、いい笊だとわかります。とってもしっかりしています。他の笊と大きさは同じでも、持った感じが全然違うのです。

あんまり大事で、途中でもったいなくなって、今は奥の笊をメインに使っていたのでした。それがだめになったら出そうと。
でも、しまうのではなくて、今はお弁当箱や水筒などを洗って拭いてから(完璧に乾くまで)水切り籠のような感じで、やはり毎日活用しています。







この大きい笊は五千円位したのでした。10年以上前です。西武デパートの催事場で、作っている方がお店に立たれているような売り場でした。とってもたまらなく一目惚れで、自分には不釣り合いの値段だったけれど、どうしても、と、買ったのです。

その後、この笊がもっと欲しくなって、西武に電話で問い合わせて、お店の連絡先を教えていただいたのでした。(西武の方も、とても親切に教えてくださって感激でした。)それからこのお店のサイトを見つけました。贈り物用に、何度もこの笊を買い求めました。自分用には小さな蕎麦笊を買ったのでした。


この小さな蕎麦笊は、いずれ、家族の人数分揃えるつもりでした。また、サイトで見る角笊もすばらしく素敵で、いつか絶対買いたいと思っていました。煤竹のお箸なんかも売られていました。

買うといつも、商品と一緒に、達筆の文字で、丁寧なお手紙も付けてくれたのでした。





そして、しばらくたって、またサイトを訪れると・・・商品は現物のみで、新たな発注はできないと書かれていました。
次々と商品がSoldOutになっていき、きっとあの職人さんが、高齢になり、作れなくなったのだと悟り、つらい気持ちでいっぱいになりました。

・・・今、いただいた手紙を探したのですが見つからず、サイトも探せずとてもがっかりしました。






1/11、Wendyさんの笊を拝見する直前に撮っていた写真があったのでした。

20200111_142915.jpg

これは小さな蕎麦笊の方。本当に毎日、10年以上、一日に何度も、気軽に使っています。
雑に使ってしまっていたのもあり、平らになってきてしまって、淵もボロボロです。

でも、このサイズが便利だなー、と思って、何の気なしに写真に収めたのでした。







丁寧な仕事には愛が宿る気がします。
愛のこもったものはたまらなくいとおしく思え、きよきよしい気持ちがこみ上げます。

私はおっちょこちょいで早合点のせっかちですが、少しずつ、丁寧な仕事ができるように、そのような考えが体にしみればいいな、と。
丁寧に愛をこめて、何かを(たいそうなものでなく、身近なものであっても)作れるようになりたい、と、強く、大切に、思いました。








2011-2-24.jpg

2011年2月24日








20070716.jpg

2007年7月16日









20070606.jpg

2007年6月6日











posted by nori at 18:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 草花

2020年02月11日

LOVE・植物






2-11taniku.jpg

割れ目ちゃん(リトープス)を見つめながらの朝食でした。










2-11banira.jpg


朝食の時に、テキーラの瓶に彫られたアガベが、明暗でくっきり浮かび上がっていてかっこよかったです。









2-11abisu.jpg

鳩居堂でひな祭りのハガキを買ってきたので飾りました。


黄色いミモザと一枚のアビスの葉。アビスの葉はいつまでも緑色を保ってくれて美しい。









2-9ajisai.jpg


激セマ通路(私のお庭)で、ガクアジサイが立ち枯れていて美しかったです。









posted by nori at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2020年02月04日

100円の苗




ホームセンターで見切り品の花苗が、1ポット100円でした。

大きな赤い花がまだ少しついているチロリアンデイジー。
白い方は咲いているのは1つだけだったけれど、株はとても立派。

あとは葉っぱの形も素敵なアキレア。花を咲かせる自信はあまりないけれど、咲いたら嬉しいなぁ。





2-4hana2.jpg

さっそく、苗についていたお花をいただき、アキレアの葉っぱも加えて・・・。
花台にしているのは、きりこ工房のゆったさんの作品の一部です。








2-4hana1.jpg


こんなにたっぷり、プラス、お花も生けられて300円。ありがたい。






すぐ外に植えてきました。
ついでに葉っぱを一枝、パチンと切ってきて、足しました。





2-4hana3.jpg

かわゆい。











Instagramもたまに更新しています。

posted by nori at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2020年01月19日

紅葉する草





katuura7.jpg


一泊だけでしたが、近くにお出かけ。
ホテルの庭にあるハーブ園で、冬枯れの中でも、紅葉しているハーブがきれいでした。




天気の良くないまだ薄暗い早朝。今にも雨が降りそうでした。

シンとした冷たい空気の中、誰もいない広い敷地で、鳥の鳴き声だけがきれいに響いていました。





katuura5.jpg

ミントかな?ベリー色に紅葉していました。









katuura4.jpg

イチゴも









katuura3.jpg

赤・緑・黄色









katuura2.jpg

ゼラニウムも一枚だけ赤い葉があったり、









katuura1.jpg

斑入り場が覗いていたりして美しかったです。









katuura6.jpg










posted by nori at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2019年09月17日

ベラドンナリリー





9-17beradonnna2.jpg



もう何年も前に植えたもの。

あまり思い出せないのですが、ホームセンターで、お買い得の球根を見つけたのかも・・・。(^^;





アマリリスに似た葉っぱ。ユリのようなお花。

検索していたら、ヒガンバナ科のベラドンナリリーのようです。





ヒガンバナのように、花が咲く頃、葉が枯れます。
私は、今年、初めてお花を見たので、その時に、青々していた葉っぱが、ぜーんぶ枯れていたので、暑さや台風で??たいへん!と、びっくりしました。





切ってきてからも、小さな蕾が膨らんできて、次々に花を開かせて楽しませてくれます。
包葉というのかな?水仙にもあるような、茶色の部分が、光に透けてきれいでした。





9-17beradonnna.jpg









posted by nori at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2019年09月14日

風船かずら





9-14fuusenkazura.jpg




風船かずらの種をいただきました。

風船の中に入っている種が、おさるの顔のような模様だと、見せてくれようとして、職場の紳士が持ってきてくれました。





私も、初めて見た時はとてもびっくり&たのしい気持ちになったものです。

それを思い出し、懐かしく、大事にいただいてきました。





その時を思い出して、同じように、顔を描きました。








posted by nori at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花