2019年04月01日

春を告げる花






4-1purimura2.JPG

春が来たことを教えてくれる花はたくさんあるけれど、最近、うちでは、なんといってもこのプリムラのイエローが、春が来たことを告げてくれます。








4-1purimura1.JPG

おそろしくせま〜い、家の横の通路。プリムラがずら〜りと、日照時間のごく短い北東で、朝の僅かな光を浴びています。








posted by nori at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2019年03月31日

イフェイオン、それから夏野菜を早速植え付け。



3-28hananira.JPG

小さな花壇のイフェイオン(花ニラ)。 とってもとってもきれい。










3-26hananira.JPG

小さな小さな花壇だけれど・・・チューリップは別の種類が咲き始めました。奥の植木鉢には水色のイフェイオン・ロルフフィドラー。 春です。



今日はホームセンターで、プルモナリアとカーペットカスミソウを買ってきました。



今年は、たまたま見かけてしまったので、いつもより早めですが、夏すずみ(きゅうり)と、お安いミニトマトの苗を買ってきて、早速植えました。








posted by nori at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2019年03月22日

花束その後・・・






3/14にもらった花束、傷んでしまったのは処分して、短くすればまだ美しいものは小さな器に挿しました。


DSC_1846.JPG

後ろの方のピンクがかったお花は、ディピダクス・トリクエトラ、別名クリスタルリリー。枯れた下の方の花は取りました。

これは、この、槍のような葉も魅力です。そして中心が濃く、白い花びらは、このように中心の濃い色が滲んでくるかのように色づいて、それがまた素敵です。



オレンジ色はバルビネラ。別名キャットテール。長い穂のようなお花。下の花は取って、そこを茎として水に挿しました。
バルビネラの手前には、茎が折れてしまった変わり咲きラナンキュラス。



右端に見えている花は、シラーペルヴィア―ナ。別名オオツルボ。スキラとも呼ぶのかな?友だちに頂いたお花。










DSC_1853.JPG

ブーケの後ろにあったパウダーピンクのラナンキュラを手前に持ってきました。

風船のようなニゲラ(アフリカンブライド)の蕾は、どこまで開いてくれるかな?

左後ろのシキミアは、実のような紅い蕾をはじけさせて、白い花を開かせ始めました。




まだまだ変化が楽しめそうで、日々、見つめています。








posted by nori at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2019年03月19日

チューリップ






3-17cyuu1.JPG

3/17









3-19tyuu.JPG

3/19


チューリップ、毎日、開いては閉じ、早春の風と少しのおひさまを浴びています。赤いラインが少し濃くなったような・・・。

チューリップの球根、他の種類も植えたと思うのだけど、よく覚えていなくて・・・。また顔が出てきたらうれしいなぁ。そしてイフェイオンは白とブルー、どっちが多く咲くかなぁ。ポピーや他の雑草も顔を出してくるでしょう。とても楽しみ。(とても狭いせまい世界の話だけれど。。。)







posted by nori at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2019年03月16日

花の名前2




花の名前の続き。。。

知らない花は、すごく興味が湧いてきます。どんな名前か知りたくてたまらなくなる。。。




イキシア.JPG

真ん中の白い花、お店の方が教えてくれました。クリスタルリリーというそうです。ディピダクス・トリクエとも。



名前を教えてもらえたので調べてみると、日本語読みの違いで、ディピタクサ・トリケトラとも出てきました。詳しいサイトがありました。



基部が濃い色で、花びらが白から徐々に中心の絵の具が染みるように色づく感じです。山吹色の蕊が引き立ちます。それに、この葉がまたイイのです。シュッとした、線のような葉です。ブーケの中で引き立っていました。









おまけ写真2枚。
変わり咲きラナンキュラスの目がカワイイ。


バルビネララナン.JPG











アフリカンブライド4.JPG

パウダーピンクのラナンキュラスもすごーく可愛らしい。





おわり。長々とすみません。。。





posted by nori at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

花の名前・・・アフリカンブライド、バルビネラなど。






花束に入っていたニゲラ、少し変わっていました。調べたら、「アフリカンブライド」という名前のようです。



アフリカンブライド1.JPG

和紙でこよりを巻いたような花柱。











アフリカンブライド2.JPG

噴水のように広がる雄しべ。その周りには、すばらしくきれいな色と模様のもの・・・調べたら、蜜腺鱗片と呼ぶようです。普通のニゲラにはないようです。蜜を出すのかな??それか、なごりのようなものなのでしょうか??


後ろに見える小さな赤い実のようなものはシキミアという名前。大きな葉が付いています。ミカン科でした。

実に見える赤いものは蕾で、緑から赤に変わるようです。そして白っぽい花が開くようです。











アフリカンブライド5.JPG
花の付け根にある葉がすごくきれいです。











続いてバルビネラです。キャットテールという別名もあるそうです。ユリ科 南アフリカ原産。

バルビネラ1.JPG













バルビネラ2.JPG










posted by nori at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

ホワイトデー






b1.jpg




今年も夫から、heureuxの花束をもらえました。

変わったのを入れて、と、頼んでくれたみたいです。





b2.jpg

可愛すぎて言葉も出ません。









b3.jpg

どこを見てもカワイイ。









b4.jpg

heureuxのラベルが、ビカクシダかな?の葉っぱに付いていました。
ビカクシダはものすごく憧れている植物。そこにも感動し、ラッピングの色合わせにも大感動でした。

ラベルは、セリアの鳥カゴに入れたの。。。





ニゲラの蕾も風船のように膨らんでいて、宝石のように美しくはじけ開きます。蕊が感動的な美しさ。
どのお花も、これからの変化がまた楽しめます。神がかったセンスの花束です。。。








posted by nori at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2019年03月15日

チューリップ、咲いた






tyu-3-5.jpg

お買い得で買ってきたチューリップ。 3/5、イフェイオンの海の中から顔を出してきました。










3-15tyuu2.jpg
それから10日後の今日、可愛らしい姿を、ポツン、ポツンと、見せてくれていました。










tyuu2.JPG













3-15cyuu.jpg

チークのような紅がひとふで。可愛いです。












3-15tyuu3.jpg

ほお紅も個体差によって色味が違います。









3-15ife1.jpg

ブルーのイフェイオンも少しだけ咲いてきました。家の横のセマセマ通路では、黄色いプリムラも蕾を準備中でした。













posted by nori at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2019年03月14日

ヒヤシンス





hiyasinsu.JPG


今年も買ってきたヒヤシンス、何日もよい香りを漂わせてくれました。 でも思ったよりは花の大きさに膨らみがなかったのと、なんとなく、あっけなく咲いてしまった気もしました。 少し倒れ始めたので、お花だけ切って飾りました。



でもヒヤシンスは、もう一つのお楽しみがあるのです・・・花を切った後の葉付き球根を、我が家のセマセマ通路に植えます。 そこで、翌年以降に咲いてくれるのも楽しみなのです。




biora.jpg

縮こんでいたビオラも咲いてきました。







posted by nori at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花

2019年02月26日

気になった切り花




切り花は、贅沢だからほとんど買わない。

けれど、heureuxで30%オフだったので、気になったのを1本だけ、という買い方を・・・。(^^;




urajiro.jpg

どんな風に葉が展開していくのか、とてもとても気になって・・・。

これはゼンマイ??




ネットでシツコク調べていくと、もしかしたらお正月に使う「ウラジロ」の新芽なのかもしれないです。きれいな葉っぱに展開してくれたらうれしい。

最初は観葉植物のヘゴの新芽かな?とも思ったけれど、それは形も違うし、もっとずっとずっと大きいみたい。



買ってきたこのゼンマイも、結構長さもあって、下の方の茎を少し切ったけれど、びっくりな固さでした。



ゼンマイの名の由来は、昔のお金、「銭」が巻いてあるように見えるから錢巻 → ゼンマイ という説。 「千巻」 → ゼンマイ という説などがありました。

ゼンマイ仕掛けの機械などの「ゼンマイ」は、何も気にしないで使っていたけれど、まさかこういうシダ植物の新芽が発端だったとは・・・!








そしてもう一つ、何のお花かわからなくて、やっぱりこれも、どんなふうに開くのかな?と思って選びました。

葉は水仙のような、ショウブのような。
花はオーニソガラムのような




翌日、花が開いてきた。ちょっと筒のような形に控えめに開く。

中を覗いて見ると、かわいい蕊と、なんと中心部分は鮮やかな濃い赤紫色でした!




この名前は調べるのにとってもとっても時間がかかりました。

葉が姫ヒオウギ水仙にも似ていて、そこからやっと、イキシアという名前が出てきました。


suisen3.jpg

イキシアの中でも、イキシア・ベルディフローラという、とても不思議な、翡翠色をした色の花が有名みたい。

でも、この、白花で、中が濃い赤紫色の花は、イキシアの何という名前なのかが出てきません。ご存知の方いたら教えてくださいませ。





時間をかけて名前を調べて、今日は曇りだったから、写真もなかなか上手に撮れなくて、何枚も何枚も撮りました。

そんなことをしていて、休日はあっという間に過ぎてしまいました。
・・・でも、とても楽しかったです。








posted by nori at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 草花