2018年05月30日

ピエールとギボウシ




pierru1.jpg

少しだけ咲いているピエール、せっかくだから室内で眺めようと少し切ってきました。

葉もの・・・斑入りのギボウシ、一緒に合わせると断然薔薇が輝いて見えます。すごいですね・・・。
それで、ギボウシをほめたたえて・・・・

今はキッチンの窓に、ピエールは散ってしまったので・・・ギボウシだけ飾っています。




私は、実は、斑入りの葉が、大・大・だーいすき。



玄関には、フイリアマドコロの葉っぱだけが今、生けてあります。
そうでした、一緒に飾っていた主役のアグチフォリウスは、乾燥中なのでした。。。





ところで・・・・





最近、業務スーパー「河内屋」でとてもおいしいワインを見つけました。

DSC_0409.JPG
イタリアのワイン、イ・バルジ  ヴェネト
って書いてあります。濃い目の赤で味や香りがとってもよくて、値段聞かなかったらとっても高いワインと思ってしまいます。
1200円くらいだと思いますが、河内屋さんでは900円しないくらいの価格でした。あまりに美味しくて買いだめしてしまいました。写真はピント全くあってなくてゴメンナサイ。




ビワが色づいてきました。あまり大きくなっておらず、しかも病気みたいで、実の一部が傷むようにへこんでしまっています。収穫は6月になるまで待つつもりです。








posted by nori at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇

2018年05月03日

モッコウバラ




4-19mokkou.jpg

4/19







4-20mokkou.jpg

4/20朝日の中、部屋からの眺め








4-29mokkou2.jpg

4/29








posted by nori at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇

2018年04月26日

モッコウバラ、ブータンナニワイバラ



4-23mokkou2.jpg
4/23のモッコウバラ









4-23naniwa2.jpg

同じく4/23のブータンナニワイバラ。




どちらも今年はとても元気です。










posted by nori at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇

2018年04月23日

薔薇の葉の蜜




mitu.jpg

写真がちょっとわかりにくいですが、3月の早朝、窓を開けると白木香薔薇の葉の、ギザギザの先端に水の玉がついています。



別の日もついていました。



雨の後の水の玉はもう少し大きいので、葉から出たものだと思いました。



指先にちょっとつけて、思わず舐めてみたら・・・とっても甘い!!



花の蜜はよくあるけれど、葉っぱだったので驚きました。



でも、テキーラになる植物、アガベも、その甘い樹液を煮詰めて、シロップやお酒を作っているのでした。






何のための蜜かな?と思いました。

薔薇はやっぱりアブラムシや蟻を呼びたいのかもしれない、とも思いました。








もっと見る
posted by nori at 07:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 薔薇

2018年04月19日

白木香薔薇



2018mokkou.jpg


今年は白木香薔薇がいっぱい咲きそうです。他の薔薇は今一つだけれど。

白木香薔薇の中に、ポツンポツンと、ピエール、あるいはピースなどの、まあるい蕾が顔をのぞかせています。





・・・ところで、ひと匙の餌を置いていた場所へは、白木香のわずかな棘のせいなのか、それともうちの庭と呼べない庭の面積があまりにも小さすぎるからか、それで羽ばたきが出来なくなっているからか、ヒヨドリは全く来なくなりました。


置いた餌がなくならないので、場所を変更してみました。
葉っぱが邪魔にならずになんとか羽ばたけると思える場所にしてみました。


そうしたら、たぶん雀かな?が来てくれるようになりました。小さな影と鳴き声がします。





ハニーサックルには大量の黒いアブラムシ、オオデマリには小さな芋虫が大量について葉をほとんど食べてしまっているのです。・・・鳥たちよ、なんとかしておくれ、と思っていたけれど、特にそれを食べてくれているとは思えず、私もなぜかオオデマリの虫食いが気にならず、ハニーサックルのアブラムシも、さほどは気にならず、放置しています・・・。






ただ、鳥が遊びに来てはチュピチュピ鳴く、その鳴き声に、虫たちがひるんでいるな、と、なぜか強く思い、鳥の鳴き声がかわいいなーと、家の中で聞いています。






posted by nori at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇

2017年12月18日

peace



201712-15-2peace.jpg



カミキリムシにやられているクライミングピースが高い所でポツンと光を放っていました。

早速切ってきました。きれいだな。





もしかしたら株が枯れないで残ってくれないかな。わずかな期待があります。18年経ったかな?株本がすごく太いから、もしかしたらわずかに生命線が残っているかも・・・。





201712-15-1peace.jpg


大きな柔らかい花びらに顔を寄せると、しあわせな香り。




葉にある黒点病、ないよりある方が愛着味を感じ、なんだか逆に美しく思えてきます。賛同してくれる人はいないかな・・・。





peace3.jpg








posted by nori at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇

2017年06月13日

クライミングピースの小さい花


弱っているクライミングピースの花も一段落した頃、小さな蕾を見つけたので、切ってきて室内で見ていました。


6-7peace6-.jpg

翌日だったか翌々日だったか、少し蕾がほどけてきて・・・。











6-8peace.jpg

やわらかく開いてきました。
満開になった日は、携帯を職場に忘れてしまっていて残念、撮れませんでした。いつものピースとはちょっと違った雰囲気をたのしめました。







posted by nori at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇

2017年06月10日

オノリーヌ




DSC_0412.JPG


気持ちのいい朝です。
天気予報では暑くなるようですが、早朝は涼しく気持ちがいい。


少し前のオノリーヌ・ド・ブラバン。
今年は不調で少ししか咲きませんでした。
花の美しさや香りが絶品ですが、なによりこの大き目で柔らかな印象の葉っぱが大好きなのです。





posted by nori at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇

2017年05月22日

ピエール・ド・ロンサール2






5-19pie-rru2.jpg

ピエールを一輪だけ切ってきました。斑入りニチニチソウと。







5-21pie-ru.jpg

翌日。少し柔らかい色になってきました。









posted by nori at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇

ピエール・ド・ロンサール





5-19pierru6.jpg

今年はピエールがかなり復活してくれました。もう5年〜10年近く、不調が続いていたのでした。原因は、道路にはみ出ないように、時期も考えずにバサバサ切ってしまったせいのような気もしますが、よくわかりません。切り口から病気、とも考えられるかな?それなので、しばらくハサミを入れないで、放置していました。でも、隣のバタースコッチがカミキリムシにやられて完全に枯れてしまっているので、これからも油断はできません。




ピエールドロンサールは、白色の部分がじつに心惹かれる色合いの薔薇です。黄緑色をわずかにさした白は、純白ではなく、ダイアナのドレスのような品を感じてしまいます。実際色味は違うかもですが。

ピンク色が花びらのふちにのってきて、やがてそのピンクが花びら全体に染み渡ると、やわらかな、やさしいピンクに変わります。渦を巻いてゴージャス感たっぷりだった花びらは、柔らかく平たく広がり、子犬の顔のようにやさしい感じ(勝手な解釈。。。)になり、顔を押し付けて香りをかぎたくなります。




5-19pierru5.jpg







5-19pierru4.jpg

ただ、私は、この薔薇は日当たりがあまりよくない方が、ピンク色がやわらかく出て、外側の緑をさした白が美しいような気がしています。南側ではない方が美しいのではないかと密かに思っています。







posted by nori at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇