2020年01月12日

2019シュトレンの話4




20191226_112801.jpg

暗い写真ですが・・・。
また今年も反省点いっぱいです。

毎回、失敗したと思いますが、日数が経つと、大丈夫かも?と思うような感じです・・。
が、ダメ出しはいっぱいあります。




今年思ったことは、

・自家製フルーツの水分は切る。
・バターは高級無塩バターより無塩発酵バターが良いかも。
・粉砂糖の前にまずグラニュー糖。(扱いやすさとコスト面で)
・去年まで使っていたコストコの無塩ミックスナッツはgoodだった。(今年使った無塩ミックスローストナッツはロースト強めだったのか、焦げていたので)
・マロングラッセは砂糖が多い。入れすぎないようにする。大きいまま入れてもいいかも。





やっと作りなれてきて、作業の流れが頭に入ってきました。

でも、中種を作ってから作る方法や、マジパンを入れたものなど、色々な作り方、本格的な作り方があるかと思います。
私は当分は、我が道スタイルで作ってみると思います。来年はもっと自信作が作れるといいです。(初めて作ったものが一番よくできたような気がします。)






今年の配合の覚書です。
(下の分量で4本分。2回同じ工程を繰り返して、8本作りました。)

リスドォル420g
アーモンドプードル60g
砂糖100g
金サフ10g
塩6g
スパイス小匙2
温めた牛乳160cc
卵黄2個
無塩バター200g(無塩発酵バターの方が風味あるかも)

ミックスフルーツ400g(水分は切る)
ミックスロースト無塩ナッツ180g(ピスタチオの緑が入るときれい)
ブロークンマロングラッセ200g(100gで十分かも)







posted by nori at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2019シュトレンの話3




syutoren20.jpg

数時間かけて、ひなたで1次発酵が終わった生地を、4分割にしてベンチタイムを取ってから(左)、(右)成形しました。


成形は、左の丸い生地を伸して、くるくる丸めただけです。切った時の断面が、丸よりも、楕円になる方が好みなので、そういう形になるようにしました。





成形していると、ナッツがはみ出てきてしまいます。

はみ出たナッツは必ず焦げてまずくなるので、飛び出てきたら取り出して生地の内側に入れるようにして、気を付けました。







2次発酵はオーブンに入れて発酵させました。






生地が膨らんだらいよいよ焼きです。
今回は、190℃で10分焼いてから、160℃で20〜25分焼きました。






syutoren21.jpg

焼けたら熱いうちに溶かしバターをたっぷり塗ります。乾いては塗り、という感じ。
それから、グラニュー糖をたっぷり絡めます。このまま荒熱が取れるのを待ちます。






syutoren22.jpg

荒熱が取れたら、バットに入れたたっぷりの粉砂糖の中で転がします。

ラップでぐるぐる巻きにしたら、温度変化のない薄暗く涼しいところで寝かせます。









(数日寝かせた後、ラッピングの直前に、もう一度粉砂糖をかけて化粧します。)

syutoren10.jpg


ラッピングは今年も、クリアバッグを1枚にして、包みました。開いた時に、クリアバッグがまな板になるような包み方です。

少し切って食べた残りをそのまま包めると思って、気に入っています。





20191222_102811.jpg

こんな風に・・・。(^^;;;





posted by nori at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2019シュトレンの話2




うちのパンこね機は、お安い物なので、投入した生地が混ざりにくいこともあったので、最初は手ごねにしました。



@手ごね→A機械こね→バターを手ごねで混ぜる→B完成生地を機械でこねる。という工程になりました。


syutoren1.jpg

@最初の手ごね。はじめはこんなパサパサ感。これを機械で10分前後こねてもらう。








syutoren3.jpg

A機械でこねたものが上の生地。
Bこれに手でバターを混ぜ込んだ生地が下の生地。バターを混ぜるとふっくらとまるで違う顔になる。手で混ぜていくのが結構、力がいるので大変。少しずつ混ぜ込んでいく。今回は無塩のカルピスバターを使ったが、発酵バターの方が独特の香りがあって美味しいかもしれないと思った。


Bバターが混ざったら、また機械で10分前後こねた。



syutoren2.jpg

生地の顔が、想像よりも変化があって、毎度びっくりです。こねあがった生地。









syutoren4.jpg

生地にナッツとフルーツを加えます。

うめはらのミックスドライフルーツ。赤いドレンチェリーがちょっと入っていてgoodです。香りがいいので必ず使うようにしています。イチジク入りの自家製フルーツと、うめはらミックス、半々くらいで使いました。

それからミックスナッツはクルミ多め。そして今年はマロングラッセを入れてみました。
マロングラッセはブロークンタイプのものでしたが、割れていないものもあったので、同じような大きさに切りましたが、切らなくてもよかったかもと思いました。

また、マロングラッセを加えると甘みがかなり増えるので、フェーブが入ってた〜くらいの少量でもいいのかも??と思いました。








syutoren6.jpg

材料のすべてが生地に混ざったところ。

ここから1次発酵です。
1次発酵は、部屋の中の温かい窓辺などで、2時間以上かけて気長に発酵させます。時間にとらわれずに膨らむのを目で確かめてゆっくりやります。3〜4時間かかってもいいくらいな気持ちで。









syutoren8.jpg

窓辺で発酵中。冬の窓辺は想像以上に温かい。


同じように見えるけれど、左の方が先に発酵させていたもの。(同じ工程を2回繰り返して2倍作っています。)










posted by nori at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2019シュトレンの話1



今年も、シュトレンを作ることができました。


またまた、異常に緊張しながら作りました。





今年は過去にない「やらかし」を・・・・


「シュトレン用ミックススパイス」と、「グラノラ用ミックススパイス」という、2つのミックススパイスを、自分で作っていました。そしたらなんと、グラノラ用を間違えて入れてしまった!!

グラノラ用のミックスには何がどう配合されていたのか、今では思い出せないのですが、(^^;;;
たぶんアニスパウダーが余っていたのでそれが多めなのかな?

作りながら、なんか匂いが違うぞ?と、間違っていたことに気付けました。




それで、その生地には、具は入れずに、焼いてみたのでした。それがこれです。(^^;;;



20191221_210148.jpg

(粉は白い中力粉です。スパイスだけの色で、こんな色になっています。)




初めてシュトレンを作った時に、具の入っていないコレを食べてみたい、と言ってくれた方がいました。

その時は、ライ麦パンみたいなもののことを言っているのかな?と思っていましたが、まさにこういうもののことだったのですね。




それで、この、具の入っていないパンのお味ですが・・・とっても美味しかったのです。

しかし、この、テキトー グラノラミックスとは全く違って、シュトレンミックススパイスは、うっとりする甘いいい香りなのです。

スパイスが、グラノラミックスじゃなくて、シュトレンミックスだったら、もっともっと美味しかったと思います。





私のシュトレンミックススパイス覚書

シナモン6g
カルダモン3g
ナツメグ(またはメース)3g
クローブ2g
オールスパイス2g





・・・失敗できて、面白いことが分かったなぁ、と思いました。(^^;;



posted by nori at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2019年12月10日

バターナッツかぼちゃのパウンドケーキ




12-10ke-ki8.jpg



12-10ke-ki6.jpg



職場の方にバターナッツかぼちゃをいただいたので、砂糖で煮てペーストにしたものを、冷凍しておいていました。
かぼちゃには、シナモンやコリアンダーが入ってます。かぼちゃのジャムのような感じでもある。







半量ずつ使いました。
1回目はパウンド生地に混ぜ込みました。
2回目は最後にリボンのように入れました。

リボンのように入れた方が、存在感を感じました。

12-10ke-ki7.jpg







パウンドケーキを作りながら、その過程がとても美しく見えたので撮った写真・・・。




12-10ke-ki1.jpg






12-10ke-ki2.jpg








12-10ke-ki5.jpg








12-10ke-i3.jpg


この、ゴムベラで取り去ったあとのボウルさえ、美しく見えていました。






memo1.jpg

この、汚い、ぐちゃぐちゃのメモ・・・。(^^;;;
後できれいにまとめます・・・。







posted by nori at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

洋ナシのコンポート



younasi2.jpg


これまた、だーい好きな洋ナシ。

けれども家族は洋ナシより、みかんやパイナップル、ブドウなんかの方が好きみたい。


私が好きなのは洋ナシとイチジク。
家族があまり好まないので、なかなか買えないでいました。



ただ、今回は、少し傷み始めた洋ナシ。6個くらい入っていて200円台の破格値!
これは迷わず買ってきましたよ。2袋♪


食べきれない分は、白ワインで煮て、コンポートにしました。
八角とクローブ、粉末のシナモンを入れました。シナモンが粉末だったので、ちょっと粉が気になりましたが・・・。



younasi.jpg


これまたお弁当にも持っていきました。たっぷりあってシアワセ。


そしてシロップは凍らせてソルベにします♪








posted by nori at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

サラダ



sarada.jpg


私は、クセが強い食べ物が好き。人にたいしてもそんな気がしますが・・・(^^;

それで、ケールが好き。



私の母は、すごく食べ物に対してこだわりがあり(健康になる食べ物を子供たちに食べさせようと思っていて)、小さい頃は苦しんだこともありましたが・・・。
青汁も、ずいぶん小さい時から飲んでいました。家で作ってもらった時は、ホウレン草や小松菜でしたが、「青汁スタンド」で飲むジュースはケールでした。大人になってから飲んだケールの青汁は、甘みさえ感じるくらいで、ラクに飲めたものでした。

そのケールが、最近では外食のサラダに入っていたりして。ザクロや生ハムなどと一緒に食べると、そのクセが逆に生きていて、すごく美味しかったのです。




近くの産直野菜のコーナーでケールを見かけたので、買ってきました。
クセの強い野菜は、果物ととてもよく合います。


ちょうど季節ものの洋ナシと、柿があったので、角切りにして混ぜました。クルミも散らして。

買ってあったミツカンの「オイルとかけるビネガー」の「アップルビネガー&レモン」これは激安スーパーで、激安に購入したものでしたが、とてもいい感じに使えました。このビネガーをたっぷりかけてから、これもたまたま買ってあったシーザードレッシングを少しかけました。



とても美味しかったです。(写真、美味しそうに撮れませんでしたが、とっても美味しかったです。)


タッパーに入れて、お弁当にも持っていきました。







posted by nori at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2019年11月24日

牡蠣ピラフと卵白のマドレーヌ



インスタグラムで、牡蠣の混ぜご飯のおいしそう〜なのを見せてもらったので、作ってみようと牡蠣を買いました。
酒・みりん・醤油・生姜で煮たものを、ご飯に炊きこむか、出来上がりを炊き立てご飯に混ぜるようです。とってもおいしそう。

でもその作り方を覚えていなくて、牡蠣を買ったはいいけれど、なんだか時間の余裕がなくて、賞味期限が近付いてしまいました。焦って作ったら失敗しそうな気がして、結局いつものオイル煮になってしまいました。

でも、気持ちがそっちに寄っていたので、いつもは塩味のところを醤油味にしてみました。(^^;

いつもは土鍋に入れて、低温オーブンで作っていましたが、お鍋に醤油とオリーブ油、みじん切りニンニクを入れて、ごく弱火で簡単に煮ました。



11-19kakipirafu.jpg



初めてですが、炒めご飯にしてみたら、長男もおいしいと言ってくれました。よかった。(実は、家族で牡蠣を食べるのは、長男と私だけ。)

和風の混ぜご飯も、作り方のイメージができたし、ぜひ、作ってみたいと思います!








11-19madore-nu.jpg

こちらは卵白消費の為のお菓子。

卵白はメレンゲにしました。
砂糖・小麦粉・バターは、卵白より少し少なくしました。
バターの1/3は、サラダ油に置き換えました。
レモンの皮、あとベーキングパウダーも気持ちだけ入れてみました。

卵白だけなので、中は真っ白に焼き上がり、くどくなくて食べやすい。レモンの香りが良かったです。


卵白が余っても、全く困らなくなりました。(^^)







posted by nori at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2019年11月06日

何かを作っては撮り・・・2






いまいちなものたちを、楽しく作り、撮りためていた写真を貼ります・・・。




10-20taruto.jpg

ずいぶん前に、クッキー生地を3つ分、作って冷凍していました。その生地を1つ使ってタルトを作りました。





10-20taruto2.jpg

これはタルトの底の部分です。 冷凍のミックスベリーを使って作ったジャムを、たっぷり塗ってから、カスタードクリームを塗って、ブラックベリーとキウイフルーツを飾り、生クリームを絞りました。

このタルトは、カットして実家にも持っていきました。 ヨーロッパかぶれ?(と私は勝手に思っている)年老いた父と母は、とても喜んで食べてくれました。(^^;;










11-3tigirimpan.jpg

何も入っていないちぎりパンを、また、作りました。このパン作りに今、ハマっています。
低温で白めに焼くのでとっても柔らかい。(今回は焼きすぎ!(-_-;))
そして、食べ盛りの次男は、おやつ代わりにちぎりながら食べられるので、気づくと一本食べてしまう、という感じです。


たどり着いた私のお気に入りの配合です・・・。



牛乳420g(水でもよい)
強力粉500g
砂糖35g
塩6g
イースト6g
スキムミルク15g
練乳15g
バター30g

ホームベーカリーでこねているので、緩めの、こねづらい生地です。
発酵は1次も2次も、時間にとらわれず、目で確認してやっています。

すみません、焼きについては、まだ自分的に完成していません。(^^;
150〜160度で白めに焼きますが、最初は180度で5〜10分焼き色を付けてしまう時もあり、どれがいいのかまだ試行錯誤中です。(よく放置してしまって強めに焼いてしまうこともあり・・・。)




1次発酵終わって分割していた時に、三男からの「ミルクティー作って」があり。・・・今はスコーン作りたくないし(パンで忙しかったので)でも何か作ってあげたくて、子供のころ、作ってもらったドーナツを思い出しました。


母も、よくパンを作ってくれました。
でも発酵するのを私は待てなくて、その時によくドーナツを作ってもらっていたのでした。すぐできるのですごくうれしかった記憶があります。






11-3pan.jpg

1次発酵が終わり、ベンチタイムに向けて分割して丸めた生地です。
この丸い生地の真ん中に人差し指を指して、そのままグルグル振り回して穴をあけ、油に投入します。みるみる膨らんで、あっという間に出来上がります!




11-3do-natu2.jpg





11-3do-natu.jpg

粉砂糖だけと、長男が以前作って残っていたシナモンシュガー。(シナモン多め^^;)






11-3do-natu1.jpg

とってもふわふわですごーく美味しくできました!










このドーナツを作っていてひらめきました。
同じやり方で、油じゃなくて、お湯にして、茹でてから焼けばベーグルになるんじゃ・・・?

作ったことのないベーグルを、何も見ないで作ってみました。(^^;;;





11-4be-guru.jpg

ちょっとおいしそうに見えるけれど、失敗なのです。あまり膨らまなかった。生地はモチっとしているけれど、なんか固いというか、売ってるおいしいのとは雲泥の差です。

きっともっと表面がつるっとツヤツヤにできるはずだと思います。またいつかリベンジします。






11-3zeratinnpurinn.jpg

これはプリン。生クリームも入っていて、材料を混ぜて・・・・焼かないのです。冷やすだけ! ゼラチンで固めるのです。

プッチンプリンのような質感でした。美味しくできました。また作ってみます。(冷やしてから、上にカラメルをかけました。)








11-4taruto2.jpg

これは、カスタードクリームを作った時に、例の、冷凍庫のクッキー生地でタルトを焼いて、作り立てのカスタードを載せて・・・・それを、冷凍しておいたモノなのです。冷蔵庫でゆっくり解凍して、タルトにしました。






11-4taruto3.jpg

家庭用のタルト。ブルーベリーは高く感じたので、キウイフルーツ1個と、見切り品のオレンジ。

レモン汁を混ぜて固めのゼリー液も、上掛け用に作りました。






11-4taruto.jpg

冷凍のブラックベリーも載せて、ゼリー液で艶を出しました。


カスタードが、やっぱり解凍したものだから、滑らかさがなくなっていて残念な家庭用です。
でもなんとか美味しくいただきました。やはりカスタードの冷凍は今後はやめにします。(^^;







11-4bata-nattu.jpg

左は、頂いたバターナッツかぼちゃ。砂糖を混ぜてピューレにしました。今度パウンドケーキに入れようかな?と思ってまた冷凍してあります。
右側はサツマイモ。切ってから茹でて、砂糖を加えて煮詰めているところ。




11-4sui-topoteto.jpg

サツマイモは生クリームとバター、砂糖を加えてスイートポテトにしました。

バターが少なすぎました。砂糖ももっと入れた方がよかった。ラム酒が入っていますが、かなり芋そのものっぽく、今一つです。表面の艶出しは、卵黄と生クリームで二度塗りしたので、美味しそうに焼けましたが。(^^;







・・・イマイチのオンパレードでした。ごめんなさい。

自由に作れて、家族も食べてくれるので、失敗を繰り返し続けてしまうのです。そして、楽しいからずっと作り続けることができるのです。

こんな風にわがままに作らせてくれて食べてくれる人に感謝です・・・。






(終わり)



posted by nori at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2019年11月05日

何かを作っては撮り・・・。




日々、日常の生活に追われて、あっという間に1日が終わるような毎日です。

パートも入れるだけ入っているので、余計に余裕がない。。。



そんな中、ひと時の安らぎに、パンやケーキを作って、家族と、或いは一人ででも、お茶を飲める時はうれしい。。。



お客さんも来ない我が家。
家庭用のおやつ。

毎度の、テキトーすぎる作り方、反省しない、イケナイ楽しい菓子作り。。。




ゆっくりパソコンに向かう心の余裕がなくて、久しぶりの投稿で、もう新鮮味のなくなった写真ですが、並べてしまいます。






9-28suko-n.jpg

いつものテキトーに作るスコーン。

休日の朝、三男がミルクティー作ってと言ってくれる。
そうしたら、ミルクティーと同時に作れるこれを作って、バターやジャムやはちみつやケーキシロップをつけて食べる。

作っている時はドタバタだけど、出来上がったら、休日の朝の光の中で、温かいミルクティーと、ほっとしたひとときが過ごせる。だから、三男の「ミルクティー作って」のひとことをもらえるのはうれしい。






10-13suko-n.jpg

次の写真もスコーンっ!((-_-;)

しかしこれは(形だけは)適当に作っていない。・・・これはたしかベーキングパウダーが少し足りなかった。なのに薄めに伸してカットしたのでなんだか厚みが足りなかったのだった。

しかし家族はスコーンには優しい。ダメ出しを受けてしかるべきなのにダメ出しを受けない唯一のものなのかも。。。(^^;







10-13syu-1.jpg

久しぶりにシュークリームも作りました。






10-13syu-2.jpg


カスタードクリームが足りなくなってしまったので、残ったシュー生地は、そのまま冷凍しちゃいました!
これは、生クリームを買いに行く元気が私も子供たちにもなかったので、生クリーム無しで、カスタードクリームだけでした。






カスタードクリームが足りなくなった原因はこれでした。

コッペパン風のパンに挟んで、クリームパンにしたのでした。


10-13kuri-mupan.jpg












10-19piza.jpg

ちぎりパンのレシピ、ふわふわ目の生地でピザ作りました。
次回からもこのレシピにしよう!という美味しさでした。







10-20mafin.jpg

大量のカスタードクリームの副産物、卵白だけで作る、毎度の見飽きたマフィン。卵黄は入っていません。

レモンの絞り汁とレモン皮のすりおろし、少しのクルミが入っていて、上にアーモンドスライス。

卵白、薄力粉、バターが同量という、まさに卵白の救世主の、自慢のレシピ!
しっかりした甘さ。砂糖減らそうかなと思うけれど、1個で我慢できる甘さも時にはイイ。

食べきれない時は冷凍して、凍ったままお弁当にも持っていきます。

ベーキングパウダーは入っていなくて、しっかり泡立てた卵白で膨らんでいます。おススメです!









10-20syu-5.jpg

私は焼きたてのシューよりしっとりのシューが好き。(^^;
でもやっぱりこの、冷凍庫から出てきたシューはやっぱり作り立てには全くもって負け、大負けです。





10-20syu-.jpg

やっぱり味は落ちるけど、家庭用のうれしいおやつではある。

シューは解凍モノだけれど、カスタードクリームは作り立て、しかも今度はちゃんと生クリーム入り。(^^)






・・・(次回に続く)



posted by nori at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物