2020年03月19日

ちぎり食パンと かるかん。失敗団子の話。



3-17tigirisyokupan1.jpg

ちぎり食パンは、色々作り終わった後、夕食と同時に作り始めました。
最近、パートのお休みの日が少ないので、たまの休みに詰め込んでしまいます。




少し甘めのパン生地で、スキムミルクを入れて作ると、味が美味しく感じます。
牛乳の余裕がある時は、なるべく水分を全部牛乳にして作っています。



3-17tigirisyokupan3.jpg

2本作ったので、1本は、お世話になった方に持っていきました。









そして、同じ日に、かるかんも作りました。
大和芋を買っていたのです。なかなか作れないでいて、やっと作りました。

3-17karukan.jpg

まだ切っていないので、味はどうかな・・・。






かるかんは、大和芋に砂糖と上新粉を加えて混ぜ、蒸すだけのお菓子です。でも、食べてみるとなぜか、とても贅沢感のあるすてきなお菓子です。




上新粉を使うのですが、私は上新粉を使ったお菓子を他に作らないので、使い切れないといつも余ってしまいます。

それで、思いついて、上新粉でみたらし団子を作りました。

上新粉にわずかな砂糖を入れてこねてから蒸します。



これ、蒸しあがったら、麺棒で突く(こねる)と書いてあるのですが、面倒臭いので、パン焼き機の「こね」の機能を使えばいいじゃん!と閃いて投入。

何回かに分けて自動でこねていたのですが。よく見たら、羽根だけが真ん中で回っていて、団子は全て、パン焼きケースの端っこにくっついていました。ガーーーン。面倒臭がらずに自分で突けばよかったな。



なんだか団子と水分がうまく混ざらず、ちょっと固い感じ。
丸めようにも言うことを聞いてくれなくて、極端に言えばコンペイトウのような・・・丸みのない団子!になってしまいました。



少し薄めにしましたが・・・。それを、温めただけのフライパンで焼きました。これはいい色に焼けました。




醤油とみりんと砂糖でタレを作って絡めました。

失敗作だから、そのまま山盛りに盛り付けました。



男子はみんなたいてい、みたらし団子が大好きなのです。

それで、うちの男子たちも、この見た目を笑ってはいたものの、みんなでぜーんぶ食べてくれました。




私も味見してみたら、見た目と裏腹にけっこう美味しかったです!
またいつか、上新粉で「ちゃんと」、作ってみたい、と思いました。(^^;




写真を撮っておけば面白かったのにゴメンナサイ。(^^;;;






posted by nori at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

レモンケーキの副産物



3-17remonmafin0.jpg

レモンケーキのついでに、冷凍庫にしまってあった余った卵白を出してきて、レモンのカップケーキを作りました。
レモングレーズをかけましたが、レモン汁が足りなかったのでバターを加えました。バターが入るとコクが出てまろやかになって、また別の美味しさでした。





3-17reonmafin1.jpg

お弁当にも持っていきました。(^^)






これで、無農薬レモンは使い切ってしまいました。
あまったレモンの皮は、ピールにしました。今回は製菓用ではなくて、そのまま食べるように、細く切りました。

ところが・・・・・私らしく・・・焦がしてしまいました。あーぁ。

3-17remonpi-ru.jpg

焦げてしまったので、隠すために、乾いたら、チョココーティングしようかな。・・・ダブルのほろ苦さになりそ。(^^;;








posted by nori at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2020年03月15日

適当マフィン




3-15mafin1.jpg




簡単スコーンに飽きたので、今日は、これまた適当な配合で、朝食用のマフィンを作りました。
ホントは蒸しケーキにしようと思って作っていたのだけれど、ちょうどいい蒸し器がないので焼きました。(^^;
だから、卵が多い。(^^;焼くことにしたので、最後に、冷凍ブルーベリーを埋め込んだら、中が焼けるのが遅くて、回りばかりが焦げないか焦った。

また失敗作だけれど、アツアツマフィン、家族は喜んで食べてくれました。

紅茶を切らしていたので、今日はココアでした。たーっぷり作りました。
私はくどく感じて2杯目はブラックコーヒーにしました。



3-15mafin3.jpg



3-15mafin4.jpg

ごちそうさま






この前、貼り忘れていた白玉粉で作るイチゴ大福の写真があったのでこちらに貼ってしまいます。


インスタにも貼ったのですが、お買い得のイチゴは、高いイチゴの値下げ品だから、とっても甘くて美味しかったのです。
噛んだところ、載せるべきではないと外していましたが、真っ赤なイチゴを見せたくて。。。見苦しいのをごめんなさい。


出来立てほやほや、レシピのページに載せている、祥子さんに教わった、白玉粉で作る簡単レシピです。


3-10daifuku2.jpg





3-10daifuku1.jpg

やわらかくておいしい〜。(^^)











posted by nori at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2020年03月10日

チョコレートケーキなどなど








tyokoke-ki2.jpg

この前作ったチョコレートケーキ・・・オーストリアンチョコレートケーキ。じぶんでもよくオーストラリアンと間違えてしまう・・・オーストラリアじゃなくて、オーストリアなのですね。(^^;




結婚したての時、専業主婦で暇なのと、節約もかねて、図書館に通い詰めていました。

お菓子の本を眺めてはメモを取ったりしていました。

そこでとても気に入っていた本がありました。その本の中に、このチョコレートケーキのレシピがあったのです。
他にも、真っ黒なクッキー生地の上に、真っ白なチーズケーキ、上にはカールしたホワイトチョコがたっぷり載った、「スイス・チョコレート・チーズケーキ」など。コメントは、外国の文章からの直訳と考えられる日本語、割と大きなサイズで、大きな写真が前面に載っている本でした。多分買ったら高そう。

この本を思い出して、色々検索したけれど、見つけられずとっても残念。この二つしかメモしていなかったけれど、すごく厚い本だったから、きっと美味しいレシピがいっぱいあるだろうな・・・。

この前ずっと調べていて、もしかしたら、マーサスチュアートの本かも!!って思ったけど、同じものは見つけられなかったのでした。




tyokoke-ki.jpg







懐かしいネットの友人たちに教わったレモンカードも、ちょうど、大事な大事な自家製無農薬レモンをもらった時に、久しぶりに作ったのでした。


remonka-do.jpg



一緒に付けて食べようと思ったスコーンは焦がしてしまった。


suko-n.jpg

ので、お客様にはパンと一緒に食べてもらいました。




pan.jpg

この食パンはちぎって食べると、なぜかより美味しく感じます。





madore-nu.jpg

レモンカードの残りの卵白を足して作った入ったマドレーヌです。(写真もイマイチで・・・^^:)





suko-n1.jpg






suko-n2.jpg

テキトースコーンもいつも作って食べています・・・。











posted by nori at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2020年03月01日

失敗を恐れずに・・・



この前、いつものように、パン焼き機でパンをこねていたら、こねているのに煙が出てきた。
驚いて、よく見てみたら、「餅つき」というボタンを押してしまっていた!(^^;;;

とりあえず、焦って取り出してみたら、熱くなっていて、一部乾燥してしまっていた。



捨てたくないので、色々考えて、「ニョッキ」のような形にして茹でて、スープの具にしました。(主にお弁当に持参。)

もちろん家族は食べてくれないので、小分けにして冷凍して、細々と、でもきっちりと、消費しました。(写真残してなかったです。)

残りは・・・(3/10思い出して追記してます)丸く平たくして、フライパンで焼きました。・・・そう、これはトルティーヤのつもりです!

食べきれない分は、一枚ずつラップして冷凍庫へ。解凍してからまたフライパンで焼いて、野菜などを巻いて、お弁当に持っていき、地道に、きっちり、消費しました。(^^;







次の失敗は。。。

タイマーが鳴って、一次発酵が終わった、と蓋を開けたら、全く膨らんでいない・・・。
よく思い出してみると、イーストを入れ忘れていました!!

でも、もっちりとこねあがっていました・・・。


それで、薄く延ばしてカットして、油で揚げてみました。・・・そう、かりんとうです。

ただ、ちゃんと飴がらめにすればよかったのでしょう。面倒で、シナモンシュガーと、粉チーズを作ってみましたが、シナモンシュガーは売れたけれど、チーズの方は粉チーズくささがあったようで人気なかったです。(-_-)

あとは、思いついて、さけるチーズを買ってきて、「ホットグ」風にチーズを中に入れて揚げてみました。これは子供たち食べてくれました。アップするつもりなかったので、よい写真が残っておらず・・・。

sippai2-4.jpg

左が粉チーズ、右がシナモンシュガー、下がホットグ風。^^;








残りはできるだけ薄く延ばして冷凍していました。そしてピザにしました。なぜか普通にもっちりと美味しくできていました。軽さはなかったケド。(^^;


sippai2-28-1.jpg





sippai2-28-2.jpg




失敗しても、食べれるものに仕上がった!と喜びひとしお。。。^^;;;




posted by nori at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

ミモザの砂糖漬け





mimoza.jpg

ミモザを友達にたくさん貰いました。

初めて、砂糖衣・・・砂糖漬けを作ってみました。






mimoza2-22-1.jpg




mimoza2-22-2.jpg

はさみで丁寧にひとつづつ外していきます。





作る前に検索して調べました。
高温の湯に長いこと漬けたりすると色が抜けてしまうと書かれているものが多かったので、ケトルで沸かした湯の粗熱を取った感じのものを鍋に移して温度を下げるイメージ・・・。(あくまでイメージ^^;)






mimoza2-22-3.jpg

そこに切ったミモザを入れて、くるくる混ぜ、笊で濾しました。






湯を切ったミモザをブランデーと砂糖、同量のシロップに漬けます。

mimoza2-22-4.jpg

ブランデーなかったので、これ全部をテキトーに混ぜて、同量の砂糖を加えました。
そのシロップにミモザを漬けて、濾しました。どのくらい漬けたかな^^;30分?1時間?くらいです。





この、漬けている時に、お酒の色が茶色いので、せっかくの淡いイエローが台無しだな・・・と思いました。
それで、急遽思いついて、卵白にくぐらせてから砂糖を絡める方法も試すことにしました。


作業が面倒臭いのがわかっていたので、そんなに多く作らないように・・・・^^;
大事に花を切り取り、軽く混ぜた卵白にくぐらせてからグラニュー糖を引いたバッドに、慎重に一粒づつ落としていきました。
↓写真は、落とし終わったところ。そして、お酒に漬けていたミモザも笊に上げてからキッチンペーパーへ。左の、なにやらグロく見える塊が、それです。(つけていたお酒はお菓子作りに使います。)


mimoza2-22-6.jpg



お酒に漬けていたミモザは、一粒づつ離し、丁寧に、また、一粒づつ、バットの上に落としていきます。(ちょっと気の遠くなる作業なので、10粒くらいとかしかやりたくない・・・いつでも作れるシロモノではないと実感・・・というワケで、貴重な、大事なお菓子であります!!)




mimoza2-22-7.jpg

ふぅ・・・とりあえず落とし終えました。





mimoza2-22-8.jpg

数時間たって、少し乾いてきたらケースを揺らすと、なんとなく周りに砂糖が付きました。さらに上にグラニュー糖をかけ、乾燥させるように緩めにラップして一晩置きました。






mimoza2-23-1.jpg





mimoza2-23-2.jpg

翌日の様子。
グラニュー糖も細かめの方が良いと、インスタグラムでshinobuさんに教えてもらったので、ミルで砕いてみました。
ミルは、砕きすぎると完全に粉砂糖になってしまうので、2プッシュくらいでやめました。それでもちょっと細かすぎてしまったかもしれない・・。


卵白の方は、デコボコなので、もう一度卵白にくぐらせました。
くぐらせてから、砕いた新しいグラニュー糖に落としました。

お酒の方も2度漬けしたかったのですが、量が多いし、せっかく砂糖が乾いたところをまた酒の中に漬けたら、一瞬で溶けてしまうように思われたので挫折・・・諦めました。

でも、お酒の方も、ふるいを使って、砕いたグラニュー糖に総取替しました。(古い砂糖は調理に使います。)




mimoza24-1.jpg

お砂糖の中で転がす感じ・・・これは袋の中の方が良いと感じたので、ある程度周りに砂糖が付いてから、このような感じで乾かしました。

途中何度か、口を縛って振って、周りに絡むようにしました。

(左側はいただいた無農薬レモンで作り中のピール。)





翌日、製菓店で微粒グラニュー糖をゲット。
またお砂糖を、総入れ替えしました。今度はビニール袋ではなくタッパーへ。ほぼ完成。気持ち乾かす感じ。



mimoza2-25-1.jpg



mimoza2-25-2.jpg



mimoza2-25-3.jpg

22日に作り始めて、完成は26日。

卵白の方が色がきれいで大きくできて満足。けれど、お酒の方も、そんなにお酒がきつすぎず、満足です。
でも、また作るとしたら・・・この二つを混ぜたイメージで作ると思う。^^;同じでない作り方をすると思います。2〜30粒くらいがいいのかも。(^^;





mimoza2-27.jpg

12/27日

私にとっては、とても大事でおいしく、宝です。☆(^_-)-☆










posted by nori at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2020年02月23日

今年のバレンタイン



burauni-.jpg

今年のバレンタインは、まず、ブラウニーを作りました。





この写真の、小さな紙の型と、大きな四角の型で焼いて、四角いのは切りました。この四角いのはずいぶん厚みがあったので、パウンドケーキのように(?)縦にカットしました。それなので大量にできました。

写真はだいぶ減った後です。。。




burauni1.jpg




ブラウニーは、久しぶりに作りました。バターたっぷり入っています。

作り立てが、私は、全くおいしく感じられなくて、まずいものを作ってしまった(-_-;)と思っていましたが、2〜3日経ったら、ものすごーく美味しくなってくれてホッとしました。





そのあと、いつも作る「オーストリアンチョコレートケーキ」を作りましたが、いつもと違って、ブラウニーと同じ型で焼いてみました。


o-suto1.jpg

薄っぺらくなってしまいました。(-_-;)

こっちの方がよっぽどブラウニー型です・・・。
カップの方は粉砂糖かけただけで、大きい方はチョココーティングしたかったのですが、余裕がなく、同じように粉砂糖かけただけでした。



o-suto3.jpg




職場の人に差し上げたのですが、これもやっぱり、2〜3日後が美味しかったです。しかも、冷やさないと美味しくなかったです。数日後に冷やして食べたら、うーん♪という美味しさでした。

このチョコレートケーキは卵白たっぷりなので、重さもとても軽いのですが、冷やして食べると重いケーキのような濃厚な味に感じられるのです。これからは、差し上げる時に気を付けなければ・・・と思いました。




o-suto2.jpg

バレンタイン当日ではない時に作ってしまいました。

当日はゴディバのチョコやリンツのチョコをあげました。
チョコレートだらけで、チョコレートが少し、嫌いになってしまいました。



下であまりおいしくないような発言をしてしまったリンツのチョコも、今、食べると、レンジでチンなどせずに、口の中でゆっくり溶かしながら食べていて、あーー、美味しいな〜♡って思いました。・・・ゴメンナサイ!!






ブラウニー(順番に混ぜていって焼くだけです。)

ビターチョコ 200g
バター 340g
 ・鍋で溶かす。

卵6個
砂糖410g
練乳60g
バニラオイル3振り
 ・ボウルで混ぜる

 ・最初に溶かしたチョコバター加え混ぜる

薄力粉250g
B.P.小匙1
 ・ふるって加え混ぜる

大き目に砕いた、チョコレートとクルミも、100gくらいずつ、最後に加えました。
上にスライスアーモンド散らして、アーモンドが焦げないように注意して最初180℃、色付いたら170℃に下げて焼きました。




オーストリアンチョコレートケーキ

クーベルチュール250gとバター150gを湯煎で溶かす。
卵黄6個に砂糖50g加えて約5分、ミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。
 ・この2つを混ぜる。

卵白6個に砂糖100gを加えてメレンゲにする。
 ・上に加えて混ぜる

薄力粉30g、B.P.小匙1/5g、ココア10gをふるって加える。

170℃で焦げないように焼く。(30分くらい)

※追記
すみません、混ぜる順番はメレンゲが最後です。なるべく泡をつぶさないイメージで3回くらいに分けて混ぜました。
メレンゲは、私は一番最初に立ててしまって、端っこに置いて、最後に混ぜています。



posted by nori at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2020年02月22日

ミモザとスコーン、岩手の手付き楕円ざる



以前買った、銀座木村屋のスコーンが、とっても美味しかったので、再び買いに行くと、私の買いたかったラムレーズンスコーンと、イチゴのスコーンが売り切れていて残念でした。(木村屋のスコーンフェアは2月末まで。)


それで、ラムレーズンの入ったスコーンを作ろうと・・・。一緒なのはラムレーズン入りってとこだけですが・・・。(^^;





カルピスバターしかなくて、それを家族用のスコーンに使うのがもったいなくて・・・・見切り品の動物性生クリームを冷凍していたものがあったので、それを解凍して作りました。


あいかわらずのテキトースコーンですが、作りながらメモしたので、書いておきます。

(大き目スコーンたっぷり18個分。食べきれない時は冷凍します。)





suko-n1.jpg


4

バニラオイル少々

ラム漬けレーズンほんの少し

ラム酒大匙1

砂糖200

生クリーム1箱(200cc)


これを順番に混ぜていきます。



下の粉をふるって加え混ぜます。

薄力粉300

強力粉200

B.P.大匙2



ベタベタ過ぎたら少し粉を足します。

強力粉を振った台に乗せて、三つ折りを2回して、四角く形を作ったら、食べたい大きさに四角く切り、


溶き卵にラム酒を混ぜたものを上に塗ってから、180℃190℃で色づくまで焼きました。








zaru2.jpg

下で書いたお気に入りの手付き楕円ざるに盛りました。(^^)


ミモザはbikkyoさんが届けてくれたもの。(^^)(^^)








posted by nori at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2020年02月17日

バレンタインの後に・・・




rintunotyoko.jpg



バレンタイン用に買った、コストコの、ストロベリー味のリンツ。
可愛いピンク色が、鈴木麻起子さんのターコイズの器に映える・・・。

どんな味かな?って期待して買ったけど、私的にはイマイチでした。(^^;
でも、リンツのこのチョコは、真夏に、溶けちゃってるのが最高に美味しいのです!

それで、レンジでチン!してみました。
わかりやすくするために、お皿ではなくラップにのせて30秒。・・・・何も変わらずだったのでびっくり!!
結果、少しずつ秒を増やして1分もチン!それでやっと中身が少し溶けた感じでした。

↓↓↓

それで、2回目は(^^;;
そのまま通しで1分やったら、ナント、やりすぎになってしまいましたよ・・・。
でも何とか形を保っていたのでお口にポン!
瞬時にとろけました。


50秒くらいが良いのかも。今度はそのようにしてみます。


外側のコーティングが厚いのでしょうか。そのまま食べて美味しいと思いにくいのはちょっと残念ですが。
私はチンして食べるのをおススメします。(^^)







私もバレンタインに、職場の方から、お菓子を少しいただきました。(^^)



papabubble.jpg

キュートな真っ赤なイチゴの飴。「papabubble」というところの飴のようです。

すっごく可愛くて記念撮影。イチゴの甘い香りが立ちました。

ちょっと最近お菓子が続いているので、まだ食べていませんが、こういう飴は美味しいですよね。






tyoko2.jpg

ジュエル、と名の付くチョコレートBo]もいただきました。

宝石のような白い箱に入っていて、テンションが上がりました。



みんなに配るチョコではなくて、自分だけにくれた、と思えることが(そうじゃなくても)、喜びを100倍にするのだなぁと実感しました。(^^)

食べたくなった時に大〜事に、美味しくいただきたいと思います。









posted by nori at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2020年02月11日

今朝の朝食




2-11suko-n2.jpg


同じような写真でごめんなさい。

今朝のスコーンは、珍しく量って、メモしました。

今日はバターと砂糖多めで、プレーン・ラムレーズン・テキーラクランベリーです。ベーキングパウダーが少なすぎたと思いました。


2-11suko-n.jpg










2-10pan1.jpg


昨晩、パンも焼いていたので、食べたくなって・・・。





2-11pan.jpg







2-11pan2.jpg


焼きすぎ&ミルクティーなみなみ入れすぎ、などなど突っ込みどころ満載。(^^;あと食べすぎもだ。(^^;;
今日は、いつもより茶葉少し増やして濃いめ。アッツアツでおいしかったです。スパイスはいつものカルダモン&コリアンダー。








posted by nori at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物