2020年04月21日

摘んだヨモギでお団子



4-18yomogi2.jpg

串団子にする時は、片栗粉を付けないので、手に水を付けて丸めてみましたが、お皿に載せたらベッタリ張り付いてしまいました。その時に、なにか過去の記憶が、細く思いだされて、試しにサラダ油を付けて丸めてみたら、お皿に置いても張り付かなくなりました。(^^)味も、オイルを付けたとは誰も気が付かなかったです。






4-18kusamoti1.jpg

雨の日の暗い画像でごめんなさい。





4-13yomogi3.jpg

断面。中身は市販のあんこ。








まずヨモギペーストづくりを・・・。きれいな写真じゃなくてすみません・・・。

前回投稿した茹でたヨモギを、フードカッターに入れました。が、思ったように細かくならず、時間も足りなかったので、この日の作業は終了して、ヨモギは一時冷蔵庫へ。


4-11yomogi4.jpg


4-11yomogi6.jpg







翌日、実家から受け継いだ、でっかいすり鉢でスリスリ・・・。最初からこうすればよかったです。

4-12yomogi.jpg

ペーストにしてから、ひとつ60gくらい、4つに小分けにしました。

すぐ使わない分は冷凍しました。







よもぎ餅、私の作り方は、耐熱ボウルに入れてチンして混ぜるだけです。







レシピのページにある、祥子さんの羽二重餅の作り方をベースにしています。

【材料】
上新粉180g
白玉粉60g
砂糖60g
よもぎペースト60g
水300cc〜360cc (私は320ccくらい)

白玉粉と上新粉の割合は、まだ試行錯誤中です。

私はもっと白玉を減らして上新粉を増やしてもいいかな?と思いました。
白玉粉を入れると翌日も固くなりにくくなるのかな?ただ、出来立ての食感が柔らかすぎて、なんか納得がいかず・・・翌日、少し固くなった状態の方が、私にとっては美味しい食感でした。

次回は、上新粉だけで作ってみようかな。2回作ったので、二回目は配合変えたつもりが、後で確認したら、ほぼ同じだったという、いつものやらかしもあり・・・。(^^;




【作り方】 耐熱ボウルで、レンジにかけます。

上新粉、白玉粉、砂糖を最初に混ぜておく。そこにヨモギペーストと水を加えてよく混ぜる。ラップして1〜2分ずつチンする。




4-18yomogi1.jpg




4-18yomogi6.jpg

ちょっとチンしては混ぜる、を繰り返す。




4-18yomogi7.jpg




4-18yomogi5.jpg

取り出しては、混ぜる。混ぜづらく水が少ない気がして、ここで大匙1くらい水を足した。
(足さなくても良かったかも)




4-18yomogi4.jpg

滑らかになってきたけれど不透明なのでまだ生です。




4-18yomogi3.jpg

透明になってきた。ここで出来た!と思うけど、念のためあと2分追加でチンすると安心。


ここからが大変なのだけど、自分で限界を感じるまで、スピード感をもってグルグル混ぜる。もしくは突く。
麺棒でやったりもしたが、ゴムベラのままでグルグルすれば良いと感じた。手伝ってくれる人がいれば、グルグルするのを手伝ってもらう。一生懸命グルグルこねる。


その時に、明らかに水分が足りなくて混ぜづらかったらほんの少し水を加える。でもちょっと捏ねにくくて水分が足りてないくらいの方が、完成品を食べる時ちょうどいいのではないかと思う。







4-12yomogi2.jpg

ボウルにベッタリと付いた生地は、気持ちよく剥がれない。

根気よくゴムベラで取って、片栗粉の上に落とす。






4-18kusamoti2.jpg


片栗粉の上に生地を落として一まとめにしてから、包丁で一口大に切る。私はこの分量で14個くらいにしたみたい。




あらかじめ一個分ずつ丸めた餡子を生地で包んで出来上がり。


4-13yomogi4.jpg




4-12yomogi1.jpg

出来立ては、私は、なんか柔らかすぎて生っぽい食感に感じたのですが、子供たちは美味しいと食べていました。
こう感じたのは、生だからではなく、粉の配合のせいかな?もしくは水分が多すぎるのもあるかな?と思いました。でも、翌日食べてみた感じでは、自分で言うのもなんですが、売ってるものと同じ感じで、最高!と思える食感になりました!(^^)



次回は上新粉だけでチャレンジしてみます。







posted by nori at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2020年04月19日

ヨモギを摘みました





4-11yomogi1.jpg

通勤途中の駐車場にたくさん生えていたヨモギ。
とっても美味しそうだったので、自転車を横に止めて、摘んできました。(^^)









4-11yomogi3.jpg

良ーく洗ってから、茹でました。








茹でた葉っぱが美味しそうに見えたので、お浸しにして食べてみます。

myomogiohitasi1.jpg


湯を切ったものを絞ったら、ちょっと水分が切れすぎた感じがしました。
ので、茹でて笊に上げただけのところを、強く絞らないようにしました。


4-11yomogi5.jpg




4-11yomogi2.jpg

おかかと醤油をかけていただきました。

醤油がかかると、途端に美味しくなる感じがします。だから、見た目は微妙になっちゃうかもだけど、全体におかかと醤油をよく絡める感じの方が美味しいだろうと思いました。





今年、久しぶりにヨモギ摘みをしましたが、こんな匂いだったかな?という、インパクトの弱い香りでした。
それで、本当にヨモギなのか心配になり、色々検索もしてみたのですが、やっぱりヨモギで良さそう・・・。とりあえず毒草ではないだろう。

私の、ヨモギなのか雑草なのかを確認した方法あせあせ(飛び散る汗)・・・・茹でたヨモギをちょっとだけ小皿に入れて、砂糖を少しかけてみたのです。
それを味見したら、まさにヨモギ餅の味だったのでした。それで、間違いない!と確認したのでした。(^^;変な確認の仕方だと自分でも思いました。でもこれで自信が持てました。

自分の、過去の印象が強すぎるのもあるのかもしれませんが、最近のヨモギはもしかしたら、香りが弱くなっているのかもしれないです。でもそうなると、お浸しは、より食べやすくなったと言えるかも・・・?








そして、ヨモギを茹でた汁なのですが・・・大鍋で茹でたので、緑色の茹で汁がとってももったいない感じのオーラを放っていました。

これから作るヨモギ餅の水分として使う分と、パンに入れる分を取っても、全然減らない。






せっかく作った、ペーストと茹で汁、両方使ったよもぎパンは、発酵させすぎてしまって失敗してしまいました。


4-12yomogipan.jpg




4-12pan.jpg






それから、インスタグラムで「savon_biyori」(さぼん日和さん)の美しいヨモギオイルの石鹸を偶然発見して、ビビっときまして、全く別物になってしまうんですが・・・ヨモギの茹で汁石鹸を作ってみることに。(^^;

この石鹸は、前田京子さんのマルセイユ石鹸のレシピで、水分をヨモギ茹で汁に置き換えただけのものでした・・・。



4-13yomogisekken2.jpg




4-13yomogisekken3.jpg




4-18yomogisekken2.jpg

真っ白になりました。この後、カットしてまた乾燥させます。





色々やってみたけれど、まだまだ大量に残っている、ヨモギの茹で汁。
shinobuさんだったらどうするかしらと考えていたら、shinobuさんの「仕合せつくろう〜夏の巻〜」に載っていたように、ゼリーにしてみよう!と思いが至りました。

こちらもまたちょっと似ても似つかないものなのですが、そして今回は寒天にしようと思ったのですが、寒天が少ししかなかったので、寒天とゼラチン、半々で作りました。

砂糖は、後で何かかけてもいいと思って、すごく少なめにしました。



4-13yomogi1.jpg

子供たちからの悲鳴。。。(^^; いやいや、食べさせるつもりもないんですが。
藻の生えた水槽のような色でもあり・・・。(-_-;)

砂糖がすごく少ないうえにヨモギの苦みがあるので、意味の分からないまずい味です!!!




4-13yomogi2.jpg

それでも、寒天とゼリーのマリアージュ・・・食感は最高です!

きな粉をかけてみたのですが、ビジュアルが更に怖いものになりました。(^^;
甘みがすごく薄いので、黒蜜をかけて食べようと思っているのですが、毎回黒蜜を買い忘れている私。。。


すごーくまずいんですが!・・・なにか愛着があります。
健康的な感じもあり、やはり口当たりが良いので、少しずつ、食べ続けています。(^^)




次回は、普通の(?)草餅の話を・・・・。(^^;






posted by nori at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2020年04月14日

レアチーズケーキ



4-8ti-zuke-ki.jpg

レアチーズケーキ、とっても美味しくできました。








4-8ti-zuke-ki1.jpg








4-8pkukki-1.jpg

いつものオートミールクッキー。またたっぷり作って、残りの生地は冷凍してあります。







4-10sufure2.jpg

大成功と思っていたスフレチーズケーキは









4-10sufure1.jpg

大失敗でした。(^^; ふわふわ期待していたのに。。。(涙)







posted by nori at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

ヘンテコ弁当



本当は見せたくない、ヘンテコな私の弁当シリーズ。(^^;;




henteko2.jpg

shinobuさんの真似をして、スギナごはんを初めて作ってみました。
研いだお米に、洗ったスギナを載せて、普通に炊くだけ!塩も少〜しだけ入れました。



お豆は冷凍の、ミックスビーンズ。凍ったまま投入。(*^^*)
大根は昨夜の豚バラ大根の残り。(*^^*)
ゆかりに見えるのはスマックです。







4-11sugina2.jpg

スギナごはんが炊き上がったら、冷凍のコーンを解凍したものを混ぜました。色どりも、味も美味しくなる。
このまま、しゃもじで混ぜると、スギナはホロホロと崩れるので、スギナは切らずにそのままポーンと入れてしまえばいいので、簡単です。(^^)





スギナごはんはとっても美味しかったので、2回作りました。

家族は食べないので一人分ずつ小分けにして冷凍しておきました。

おにぎりにしても美味しいです。普通に炊いたより、なぜかご飯がもっちりして美味くなります。

4-11sugina3.jpg











henteko1.jpg

こちらのヘンテコ弁当は、この前の、ハムチーズパンとあんぱん。

レアチーズケーキは写ってるけど持って行かなかった。クッキーは持って行ったけどお腹いっぱいで食べられなかった。

サンドイッチは、ソフトフランス風のパン。中身は、
・プロセスチーズとピクルス
・プロセスチーズとトマトソース
・イチゴジャムの中のレモン ←これおかしい(^^;




4-8jyamu1.jpg

この中にある、レモンを1枚はさんだだけ。^^;;;
これがぁっ・・・美味しかったっ!(^^)v









henteko3.jpg


これは、インスタにも載せたやつですが、このトマトソースは、この前作ったパスタソースの残りでした。
ナス・ベーコン・玉ねぎ入りです。ちょっとラタトゥイユ風。塩薄めにしてあって、とてもおいしかった。



パンには厚切りプロセスチーズとピクルス。

私はピクルスが大好き。若い頃は酸っぱいものが食べられなかったのですが、大人(オバサンとも言う)になったら大好きになってしまった。

肉があまり好きではないので、たんぱく質を意識して摂るようにしています。それで最近、チーズを多めに食べています。


パンの端っこを一切れだけ入れて、ちっちゃい空き瓶に手作りのイチゴジャム入れていき、つけながらいただきました。

4-8jyamu2.jpg

大きく見えるけれど小さな瓶。使い切りサイズがなんだかイイです。(^^)




スープは冷凍野菜を入れたコンソメ。かぼちゃ、ミックスビーンズ、ブロッコリー。コリアンダーなどのスパイス入って、塩分は控えめにしています。








posted by nori at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

スコーン





4-7suko-n.jpg

いつもの簡単スコーンです。この日は 下↓ こんな感じで・・・







IMG_20200407_104157.jpg




IMG_20200407_104232.jpg




IMG_20200407_110508.jpg


ラムレーズンがちょっと入っていると美味しいなーって思っていたら、レーズン入れないでって、子供たちに言われてしまった。ざんねーん。









IMG_20200414_110403.jpg

今日は、ちょっと違う配合で作ってみました。


これからもう少しいろんなレシピで作ってみようと思っています。
卵多めでベーキングパウダーしっかり入れて、スキムミルクも入れました。


冷めても柔らかくて、子供が好きそうな味かもしれないです。








posted by nori at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

パン




私は粉ものが大好きなので、パンがあると嬉しい。
時間があれば、パンを作りたい。いつもパンがあったら嬉しい。。。




IMG_20200408_183412.jpg

強力粉をまぶして焼きました。中身はプロセスチーズとハム。とってもやわらかくて美味しくできた。









IMG_20200408_183415.jpg

あんパンの中身は市販のこしあんでした。表面には、余っていた卵白だけを塗りました。(^^;









IMG_20200409_070450.jpg

荒熱が取れてから一つずつ包みました。翌朝、もうハムチーズが残り2個でした。同じくらい作ったのにあんパンばっかりになってました。(^^;









4-4tigiripan.jpg

いつものちぎり食パン。水分は牛乳で、スキムミルクが入っていて、低温で焼いているので柔らかい。









IMG_20200408_142157.jpg

バターを入れ忘れた!と思ったので、いつものちぎり食パンじゃなくて、ソフトフランスパンをイメージして形作ったのでした。
でも、もっちり柔らかくて、バター入ってるっぽかった。(^^;思い出せない・・・。








IMG_20200408_155008.jpg

友達におすそ分け。(白いのはレアチーズケーキ、あとオートミールクッキー)











posted by nori at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2020年03月19日

ちぎり食パンと かるかん。失敗団子の話。



3-17tigirisyokupan1.jpg

ちぎり食パンは、色々作り終わった後、夕食と同時に作り始めました。
最近、パートのお休みの日が少ないので、たまの休みに詰め込んでしまいます。




少し甘めのパン生地で、スキムミルクを入れて作ると、味が美味しく感じます。
牛乳の余裕がある時は、なるべく水分を全部牛乳にして作っています。



3-17tigirisyokupan3.jpg

2本作ったので、1本は、お世話になった方に持っていきました。









そして、同じ日に、かるかんも作りました。
大和芋を買っていたのです。なかなか作れないでいて、やっと作りました。

3-17karukan.jpg

まだ切っていないので、味はどうかな・・・。






かるかんは、大和芋に砂糖と上新粉を加えて混ぜ、蒸すだけのお菓子です。でも、食べてみるとなぜか、とても贅沢感のあるすてきなお菓子です。




上新粉を使うのですが、私は上新粉を使ったお菓子を他に作らないので、使い切れないといつも余ってしまいます。

それで、思いついて、上新粉でみたらし団子を作りました。

上新粉にわずかな砂糖を入れてこねてから蒸します。



これ、蒸しあがったら、麺棒で突く(こねる)と書いてあるのですが、面倒臭いので、パン焼き機の「こね」の機能を使えばいいじゃん!と閃いて投入。

何回かに分けて自動でこねていたのですが。よく見たら、羽根だけが真ん中で回っていて、団子は全て、パン焼きケースの端っこにくっついていました。ガーーーン。面倒臭がらずに自分で突けばよかったな。



なんだか団子と水分がうまく混ざらず、ちょっと固い感じ。
丸めようにも言うことを聞いてくれなくて、極端に言えばコンペイトウのような・・・丸みのない団子!になってしまいました。



少し薄めにしましたが・・・。それを、温めただけのフライパンで焼きました。これはいい色に焼けました。




醤油とみりんと砂糖でタレを作って絡めました。

失敗作だから、そのまま山盛りに盛り付けました。



男子はみんなたいてい、みたらし団子が大好きなのです。

それで、うちの男子たちも、この見た目を笑ってはいたものの、みんなでぜーんぶ食べてくれました。




私も味見してみたら、見た目と裏腹にけっこう美味しかったです!
またいつか、上新粉で「ちゃんと」、作ってみたい、と思いました。(^^;




写真を撮っておけば面白かったのにゴメンナサイ。(^^;;;






posted by nori at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

レモンケーキの副産物



3-17remonmafin0.jpg

レモンケーキのついでに、冷凍庫にしまってあった余った卵白を出してきて、レモンのカップケーキを作りました。
レモングレーズをかけましたが、レモン汁が足りなかったのでバターを加えました。バターが入るとコクが出てまろやかになって、また別の美味しさでした。





3-17reonmafin1.jpg

お弁当にも持っていきました。(^^)






これで、無農薬レモンは使い切ってしまいました。
あまったレモンの皮は、ピールにしました。今回は製菓用ではなくて、そのまま食べるように、細く切りました。

ところが・・・・・私らしく・・・焦がしてしまいました。あーぁ。

3-17remonpi-ru.jpg

焦げてしまったので、隠すために、乾いたら、チョココーティングしようかな。・・・ダブルのほろ苦さになりそ。(^^;;








posted by nori at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2020年03月15日

適当マフィン




3-15mafin1.jpg




簡単スコーンに飽きたので、今日は、これまた適当な配合で、朝食用のマフィンを作りました。
ホントは蒸しケーキにしようと思って作っていたのだけれど、ちょうどいい蒸し器がないので焼きました。(^^;
だから、卵が多い。(^^;焼くことにしたので、最後に、冷凍ブルーベリーを埋め込んだら、中が焼けるのが遅くて、回りばかりが焦げないか焦った。

また失敗作だけれど、アツアツマフィン、家族は喜んで食べてくれました。

紅茶を切らしていたので、今日はココアでした。たーっぷり作りました。
私はくどく感じて2杯目はブラックコーヒーにしました。



3-15mafin3.jpg



3-15mafin4.jpg

ごちそうさま






この前、貼り忘れていた白玉粉で作るイチゴ大福の写真があったのでこちらに貼ってしまいます。


インスタにも貼ったのですが、お買い得のイチゴは、高いイチゴの値下げ品だから、とっても甘くて美味しかったのです。
噛んだところ、載せるべきではないと外していましたが、真っ赤なイチゴを見せたくて。。。見苦しいのをごめんなさい。


出来立てほやほや、レシピのページに載せている、祥子さんに教わった、白玉粉で作る簡単レシピです。


3-10daifuku2.jpg





3-10daifuku1.jpg

やわらかくておいしい〜。(^^)











posted by nori at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2020年03月10日

チョコレートケーキなどなど








tyokoke-ki2.jpg

この前作ったチョコレートケーキ・・・オーストリアンチョコレートケーキ。じぶんでもよくオーストラリアンと間違えてしまう・・・オーストラリアじゃなくて、オーストリアなのですね。(^^;




結婚したての時、専業主婦で暇なのと、節約もかねて、図書館に通い詰めていました。

お菓子の本を眺めてはメモを取ったりしていました。

そこでとても気に入っていた本がありました。その本の中に、このチョコレートケーキのレシピがあったのです。
他にも、真っ黒なクッキー生地の上に、真っ白なチーズケーキ、上にはカールしたホワイトチョコがたっぷり載った、「スイス・チョコレート・チーズケーキ」など。コメントは、外国の文章からの直訳と考えられる日本語、割と大きなサイズで、大きな写真が前面に載っている本でした。多分買ったら高そう。

この本を思い出して、色々検索したけれど、見つけられずとっても残念。この二つしかメモしていなかったけれど、すごく厚い本だったから、きっと美味しいレシピがいっぱいあるだろうな・・・。

この前ずっと調べていて、もしかしたら、マーサスチュアートの本かも!!って思ったけど、同じものは見つけられなかったのでした。




tyokoke-ki.jpg







懐かしいネットの友人たちに教わったレモンカードも、ちょうど、大事な大事な自家製無農薬レモンをもらった時に、久しぶりに作ったのでした。


remonka-do.jpg



一緒に付けて食べようと思ったスコーンは焦がしてしまった。


suko-n.jpg

ので、お客様にはパンと一緒に食べてもらいました。




pan.jpg

この食パンはちぎって食べると、なぜかより美味しく感じます。





madore-nu.jpg

レモンカードの残りの卵白を足して作った入ったマドレーヌです。(写真もイマイチで・・・^^:)





suko-n1.jpg






suko-n2.jpg

テキトースコーンもいつも作って食べています・・・。











posted by nori at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物