2015年03月02日

ゆったさんの「くるみ」




015.JPG

大きさは、片手の手のひらに載るくらい。
両手で包むとぴったり隠れるくらい。私の手は肉厚で小さ目ですが・・・。

想像通りの桐の柔らかな手触り、さらさらした気持ちよさ・・・。そうやって、触って転がしていると、コロコロと、心地よい軽すぎない音がします。

これは音が鳴る、というところが今までと違うところです。
持つだけでたのしいキモチになってきます。


これはゆったさんの「くるみ」の、大きい方です。
興味のある方は「きり子工房」へどうぞ。


013.JPG







その白さに、思い出して、今飾ってある「ぞうさん」と「ことり」を連れてきました。

021.JPG

「くるみ」と「ぞうさん」
白くなくなっても、やっぱりいいんです。




020.JPG

「ことり」。美人さんです。
これは私のたからものです。
2003年4月にうちにやってきたのでした。

いつもは暗めの場所に飾っているので久しぶりに光を浴びています。








posted by nori at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆったさん

2013年10月28日

アルプス乙女


007.JPG

可愛くおいしい姫リンゴ。アルプス乙女。
台風の前に収穫してくれたものをいただいてきました。


食べてみました。
5人の男の子たちも1/4に切った小さなリンゴを「おいしい!」と食べました。

想像より  う〜んとおいしい!!


残りは少し眺めてから、また大事にいただきます。
とってもうれしく、たのしく、かわいく、おいしいものを、ありがとう!桐のおさら
posted by nori at 16:06 | TrackBack(0) | ゆったさん

2013年06月04日

多肉


taniku.jpg

多肉の新芽をデミタスカップに。
桐の引き出しは、ゆったさん小物入れ



posted by nori at 07:09 | TrackBack(0) | ゆったさん

2012年12月16日

小物入れ(再)




画像 280.jpg

サイズがわかるような写真をもう一度。
飴と小さ目の携帯が載ってます。
上部の小物入れは、DSがぴったり乗るサイズでした。(ちなみに引き出しには入らなかったそう。)
私は鍵とか名札をのせたらよさそうと思いますが。






画像 281.jpg


きりこ工房のゆったさんの作品です。

http://www4.ocn.ne.jp/~kirikobo/




posted by nori at 09:10 | TrackBack(0) | ゆったさん

つみわんこ



画像 252.jpg

同じくきりこ工房のゆったさんの「つみわんこ」
同じ形のブロックは犬の形です。
好きなように遊んでいいのです。
うちの子たちは、たまにエアホッケーのように遊んじゃったりもしています。(^^;
窓辺に飾って影を楽しんでもよさそう。

写真を撮ろうと思って積んでいたら、私、全部積めたーーー♪
一つだけ違う形のわんこが紛れています。ゆったさんの遊び心。




画像 255.jpg

こんな飾りになりそうな動物たちも。お人形さんごっこのように遊んだら、喜ぶ子もいそうな…。
きりこ工房に、この動物たちのメモホルダーも並んでいました。






おまけ
12-15-4.jpg

右端・・・こんなぞうさんも。
目を入れない方が大人っぽい感じがします。






posted by nori at 08:55 | TrackBack(0) | ゆったさん

桜や星形の小物入れ




3-13-4.jpg

きりこ工房のゆったさんの小物入れ、こういう形のものもあります。
星と六角形の小物入れは、それぞれお兄ちゃんたちが「欲しい!」と持って行ってしまいました。ちょうど、大好きな桜が残りました。(^^)






12-12-1.jpg


おつまみや飴などいれて。春に使うのがおしゃれですね。
入れ子になるように、中サイズ、大サイズも注文できると思います。






posted by nori at 08:42 | TrackBack(0) | ゆったさん

2012年12月14日

小物入れ



yuttasan1.jpg


きりこ工房のゆったさんの作品、「小物入れ」です。

3人の息子たちのデスクに一つずつと思って・・・。 見たままのすばらしさです。隅々まで丁寧に作られています。ほんとうにすてき。
長男も「この引出し、超いいよー。」と開け閉めしていたので、この、桐の小物入れの良さがわかってくれてる!と嬉しかった。 長男がたまたま手にした小物入れだけ、取手の一つが変わった形になっていて、そこに特別感も感じて とっても喜んでいました。

次男は早速お宝のカードをぎっしり詰め、この前は、遊びに行くのにこの小物入れごとカバンに入れて出かけてました・・・。たしかに軽いけれど・・・。(^^;


それからこんなぽってり感のあるお皿。

yuttasan2.jpg


いいよね〜。 すてきだよね〜。 とってもなめらかです。






yuttasan3.jpg

それから、こんなトレーも入っていて、ペントレーかな?お箸を入れてもよさそう。と思っていた時に、子どもたちが、小物入れの引出しにパズルが入っている!と騒いでいて・・・。
小物入れの上段がパズルになっているのかな?鍵のようにパズルが組み合わさるのかな?などと話していたら・・・。




yuttasan5.jpg

これこれ、この形がここに合いそう・・・!





yuttasan6.jpg

やっぱり・・・!

で、このパズルを作るのに、気づくとピースの奪い合いで三男は泣きそうになってるし、もっとなかよくできないものかと思っていたら・・・。






yuttasan7.jpg

!!!
みんなそれぞれ反省したかな・・・?(^^)
私は感動してしまいました。

もし、気に入ったものがあったら、きりこ工房 のゆったさんにメールしてみてください。(^^)/
一生大事にしたい、すばらしい芸術作品です。




おまけ

kotori1.jpg

ゆったさんの「ことり」2003年の4月1日に我が家に飛んできたのでした。もうすぐ10年!!10年間、ずーっと私の近くでみんなに触られて可愛がられてます。飴色になってきてるものね。みんなこうやって自分のものになっていくのだと感じます。わざと生まれたての赤ちゃん肌の小物入れの上に止まらせてみました。(^^)





動画を見る
posted by nori at 14:59 | TrackBack(0) | ゆったさん

2011年12月26日

桐の木のストラップ



画像 001.jpg


クリスマスに開けたプレゼントの箱・・・その中に入っていた一つです。

たくさんあった木のビーズと一緒に、アクセントビーズとして使えそうでした。
手触りがとてもよくて、厚みが薄いので、高い、気持ちのいいカランとした音がします。


見つめていて、やっぱり私のストラップにしてしまうことにしました。ストラップにするとクルクル裏表が変わってしまうな、と、ちょうど一緒に入れてくれていた紙やすりで、裏側も真似て角を柔らかく削りました。(作品に傷を付けてしまうような気がしてちょっとドキドキ・・・。)

ちょっとネームプレートのような感じもするな、と、名前を・・・彫刻刀の先っぽで、傷をつけるように点々と押して、イニシャルを付けてみました。

もう古い、汚い携帯が、生き返って見えます。(^^) とっても気に入りました。ゆったさん、ありがとう。
もう一つはデジカメに付けました。どちらも真っ黒ボディなので、バッグの中で見つけるのに苦労することがありました。このストラップが付いていれば、すぐ見つけられそうです。


詳しいことは、ゆったさんのサイト「きりこ工房」
http://www4.ocn.ne.jp/~kirikobo/

からお問い合わせください。



追記
posted by nori at 09:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ゆったさん

2011年10月24日

パズルで



こどもがゆったさんの桐製のパズルで遊んでいました。
http://www4.ocn.ne.jp/~kirikobo/


yutta1.jpg


こんなふうに並べて遊ぶんだー。と眺めていたら隣に


9-23いえ.jpg


「お母さん、これ、家だよ。」
「・・・?」

「あ、なるほど!」


ピント合ってなくてスミマセン。
「家」ではなくて「いえ」だったのです・・・。びっくり。






posted by nori at 13:02| Comment(5) | TrackBack(0) | ゆったさん

2010年05月07日

てあそび

teasobi.jpg

http://www4.ocn.ne.jp/~kirikobo/「きりこ工房」
ゆったさんの「てあそび」という作品です。

・・・桐でできたチェーンのようなイメージかな??
二つの輪が繋がっていて、見た目もかわいいし、その二つをつけたりはずしたりする作業は、またなんとも表現しがたい、よい音、それに手の感覚。
一箇所だけ切れたところがやや細くまあるく削られています。

興味のある方はぜひゆったさんのサイトで見てみてください。
http://www4.ocn.ne.jp/~kirikobo/


「てあそび」を5〜6個 長男がつなげて、更に端と端の輪までつなげて無理してボール?のような形にしてから、無理にはずしたりつけたりしてしまっていたら一つだけ割れてしまいました。

底の丸い、置けない小さな花瓶があって、普段はワイヤーで吊るして飾るのだけど、思いついて台座にしました。
手作業で磨かれた丸みの上で、アイビーも気持ちよさそうにしています。

4-29kabin1.jpg

posted by nori at 09:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ゆったさん